複数の古典を比較しながら読むことを通して、思考を深める

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

この実践では、自主学習のためのワークシートを作成・配付した。教師主体の訓詁注釈型の授業を改善し、生徒が主体的・協働的に本文に向かうことを意図した。また複数の資料を比較して読む活動を取り入れ、作品そのものを深く読み味わえるようにしたいと考えた。『土佐日記』の「門出」と『御堂関白記』を比較して読み、KJ法を通して、「なぜ『土佐日記』は女性に仮託して書かれたのか」の問いについて考える活動を取り入れた。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案学習指導案
ワークシートワークシート
Total:000408 Today:003 Yesterday:004