体内環境の維持の仕組み

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

 体内環境が自律神経系とホルモンの作用により調節されている仕組みを理解させることをねらいとし、導入実験として血中酸素濃度の調節を取り上げる。次に実験試料のメダカを題材とし、外界からの刺激に対して反応する実験課題を基に、その仕組みを考察させることで、理解を深めさせるとともに、課題研究に取り組ませる。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
ワークシート資料①実験「ホルモンの作用による呼吸数の変化」ワークシート
ワークシート資料①実験「ホルモンの作用による呼吸数の変化」(解答例つき)
ワークシート資料②思考学習「鱗の色素胞の変化の仕組み」ワークシート
ワークシート資料②思考学習「鱗の色素胞の変化の仕組み」(解答例つき)
ワークシート資料③課題研究「アドレナリンの作用機構」ワークシート
ワークシート資料③課題研究「アドレナリンの作用機構」(解答例つき)
研究の報告体内環境の維持の仕組み 概要
Total:003608 Today:001 Yesterday:002