気柱の振動の可視化

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

 気柱の振動の様子を、可視化する工夫として古くから知られている「クントの実験」を改良した。石松子やコルク粉末の代わりに発泡ビーズを用いる方法と、赤熱させたニクロム線によって定常波の様子を観察する方法を紹介している。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
研究の報告事例
Total:002473 Today:001 Yesterday:001