繊維への染着の原理を探る

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

多繊交織布に、マラカイトグリーン、エリスロシン、p-フェニルアゾフェノールをそれぞれ少量ずつ溶かした水溶液で染色させます。そして、色素と繊維の組み合わせによる染着性の違いを整理させ、色素分子と繊維分子との相互作用を、それぞれの構造式を確認しながら考察させます。さらに染料の繊維への染着のメカニズムを化学的に追究させます。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
単元(題材)の指導計画留意事項等
ワークシートワークシート
Total:000495 Today:001 Yesterday:001