中和滴定と電気伝導度

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

中和滴定に伴う水溶液の電気伝導度の変化を測定し、当量点を決定する実験である。難溶性塩を生成する希硫酸と水酸化バリウムの中和反応を取り上げたことで電気伝導度の変化が顕著に確認できる点、マイクロスケールで滴定を行えるようにした点、実験操作等を確認するために用いるタブレットPCを、電源としても活用している点等が特長である。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案学習指導案
ワークシート中和滴定と電気伝導度ワークシート
視聴覚教材中和滴定と電気伝導度説明用スライド
Total:000532 Today:001 Yesterday:002