中学生のみなさんへ

 令和3年度の一日体験学習の詳細及び
 Web一日体験学習へはこちらから↓↓

 
  
 Web一日体験ツアーでは、下のような部活動紹介や学校の施設紹介動画が視聴できます。

  
  
 
ログイン
オンライン状況
オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人
カウンタ
1802747
2012/5/16改設
 アクセスはこちらから

 
 
今市高校 陸上競技部
 今市高校陸上競技部は、4月から10月の試合期と11月から3月のオフシーズンの2期に分け、トレーニング内容を変えています。メインとする大会は、5月の県高校総体関東大会予選です。この大会で6位に入賞し、6月の関東大会出場を目指します。主な3年生は、この総体を機に引退し、進路実現に向けて切り替えます。
 基本的な運動である走、跳、投のパフォーマンス向上を喜びとして、日々トレーニングの工夫と実践に励んでいます。週間の基本計画は、木曜日と日曜日を休養日とし、練習時間は平日が1時間30分、土曜日は2から3時間、平日の早朝練習は自由参加としています。目標は明確に、努力は計画的に、仲間は大切に、、、の陸上競技部です。


    11陸上競技部年間計画.pdf
 
活動報告
陸上競技部 >> 記事詳細

2020/10/17

大会報告

| by 部活動係
 新型コロナウイルス感染症のため前期の大会が無く、本校の最初の大会出場は、9月 12日・13日の県高校新人大会関東選抜予選会でした。成績は、男子砲丸投げで2年生の橋本拓真君が、13m23cmを投げ見事3位入賞を果たし関東大会の出場権を得ました。残念ながら関東大会の日程が修学旅行直前のため、感染症拡大防止を優先し、出場を辞退しました。
 次に10月3日・4日に中部支部新人大会に出場しました。男子砲丸投げで2年生の橋本拓真君が優勝、男子三段跳びで2年生の小島佳瑚君が4位、男子走高跳で2年生の加藤大樹君が5位入賞を果たしました。
 今年度はこの2大会に止まりましたが、2年後に開催される地元国体の会場である新スタジアムで競技ができたことに新鮮な味わいがありました。3年生の部員は、大会に出場する機会が得られず残念な引退となってしまいました。

08:10