学科紹介

<機 械 科> (定員80名)  > 機械科の活動報告はこちらへ
 『 新たな時代の“ものづくり”産業に柔軟に対応できるエンジニアを育成 』
  機械科は、機械に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、産業界の生産システムの業務に柔軟に対応できる
 実践的技術者を育成します。
<教育内容>
 ①生産技術とそれに伴う周辺諸技術に関する基礎的・基本的な知識・技術を習得する。
 ②機械・電子・情報の広い範囲の基礎的な総合技術を学ぶ。
 ③実習等を通じて、広く工業人として必要な資質・態度を養う。
<主な施設・設備>
 マシニングセンタ、NC工作機械、汎用旋盤、フライス盤(縦、横、万能)、 半自動CO₂溶接機など
<取得可能な専門資格>
 機械製図検定、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、3級技能士(普通旋盤)、危険物取扱者各種など
<専門科目>
 工業技術基礎、課題研究、機械実習、情報技術基礎、機械製図、機械工作、機械設計、生産システム技術、自動車工学など
 
<電 気 科> (定員40名)  > 電気科の活動報告はこちらへ
 『 電気のエキスパートを目指す! 』
  電気科は、電気に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、電力事業、電子機器製造、コンピュータ関連事業
 において、保守・製造・技術サービスなどの仕事に従事できる人材を育成する。
<教育内容>
 ①電気の基本的な知識と技術、発電・送電・モータなどの電力技術、トランジスタ・ICを利用した電子技術、
  コンピュータ、ロボットなどの情報技術を習得する。
 ②学年ごとに資格試験等を設定し、それらの資格を取得できるように学習する。
 ③第3種電気主任技術者認定学校であり、その教育課程に基づき学習する。
<主な施設・設備>
 コンピュータシステム、三相誘導電動機、高圧実験装置 、直流発電機、シーケンス制御装置、変圧器実験装置など
<取得可能な専門資格>
 第一・二種電気工事士、工事担任者DD第三種、第三種電気主任技術者、第二級陸上特殊無線技士など
<専門科目>
                 工業技術基礎、課題研究、電気実習、情報技術基礎、電気製図、電気基礎、電気機器、電力技術、電子回路など
<建設工学科>(定員40名)

 『 環境や空間をつくる技術者の育成 』

  建設工学科は、土木コースと建築コースがあり、土木または建築の基礎的・基本的な知識と技術を習得し、官公庁、
 建設会社や測量・設計会社などの専門の分野で活躍できる技術者を育成する。
<教育内容>
 ①土木コースは道路・鉄道、上・下水道、河川・港湾や土地利用などの分野で計画、測量、設計及び施工についての
  基礎的・基本的な知識と技術を習得する。
 また、建築コースは住宅、商店、工場やビルなどの各種の構造物の計画、施工および施工についての基礎的・基本的は
  知識と技術を習得する。
 ②情報化社会に対応できるコンピュータの基礎的な知識と技術を取得する。
 ③建設工事に使用される材料やそれに伴う試験・測量等の基礎的・基本的な知識と技術を習得する。
 ④社会での即戦力を目指し、各種資格試験へ取り組む。

<主な施設・設備>
 コンピュータシステム、水理実験装置、CADシステム、万能材料試験機、トータルステーション測量システム

◆土木コース(2学年よりコース制)   「土木コース」の活動報告はこちらへ

<取得可能な専門資格>

 測量士補、2級土木施工管理技術検定など
<専門科目> 
 工業技術基礎、課題研究、建設工学実習、情報技術基礎、製図、環境工学基礎、土木施工、土木基礎力学、測量など
◆建築コース(2学年よりコース制)     >
「建築コース」の活動報告はこちらへ
<取得可能な専門資格>
 建築製図検定、建築技術検定、2級建築施工管理技術検定
<専門科目>
 工業技術基礎、課題研究、建築工学実習、情報技術基礎、製図、環境工学基礎、建築構造、建築施工、建築構造設計など