研究指定事業(平成21年度以降)

【 国からの指定 】
(1)事業名 「地域産業の担い手育成事業(建設分野))」平成20~22年度
 ・地域産業における次世代の担い手を育成することを目標に、地元企業の協力を得て現場実習や高度企業技術者からの講義など、普段の授業では得られない
  知識や技能の習得に取り組みました。特に、学校設定科目「伝統技法」では銅板ぶきや左官工事について学ぶ機会を設けることができました。
(2)事業名 「原子力・エネルギー教育推進事業」平成25年度
 ・総合的な学習の時間に1年生全員を対象とし、小型ペルチェ霧箱や燃料電池実験装置、スターリングエンジンなどを用いて実施しました。


【 県からの指定 】
(1)事業名 「高校生未来の職業人育成事業
 ①令和元(平成31)年度
 ・(準備中) 
 ②平成30年度
 ・企業技術者の方からステンレス鋼製のベンチを製作するために必要な知識を学び、日光杉並木公園に設置しました。活動内容は鹿沼市情報センターマルチ
  メディアホールにて、栃木県産業教育振興会の皆さまに発表しました。
(2)事業名 「県立高校未来創造推進事業」平成24~26年度
 ・マイクロ水力発電の研究、ソーラーイルミネ-ションによる地域貢献、ソーラーカウントダウン表示機の設置などに取組み、本校の特色ある教育活動を
  さらに推進しました。
(3)事業名 「ジュニアキャリア・アドバイザー事業」平成21~29年度
 ・小・中学生を対象に工業高校の特色を生かしたものづくり教室を開催しました。テーマはMCによるネームプレートの製作やソーラークッカーの製作、
  灯籠の製作などです。平成30年度からは「高校生未来の職業人育成事業」に引き継がれました。

【 その他 】

(1)事業名 「エネルギー教育実践校」平成22~24年度
 ・経済産業省資源エネルギー庁、(財)日本生産性本部エネルギー環境教育情報センターよりサポートいただき、平成22(2010)年度より3年間を
  かけて、エネルギー環境教育に取り組みました。 → 詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。[再生可能エネルギーへの挑戦].pdf

 
 > (準備中)