栃木県立石橋高等学校
 
あなたは1901755人目の訪問者です

◎学校所在地・連絡先◎

栃木県立石橋高等学校
 
 〒329−0511
  栃木県下野市石橋845
 
  Tel : 0285−53−2517
  Fax: 0285−52−2376
 

 

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人
登録ユーザー11人
湧泉之碑(校訓碑) 雪の除幕式雪のため式典は体育館となりました。式典終了後、校訓碑の除幕となりました。
     平成24年2月29日(水) 式典12時15分〜35分(体育館)
  
来賓入場 旧制中学第14回卒業生の皆様。壇上には星弘道先生。            星先生の紹介は伊澤同窓会長。
  
来賓の方々。東京など遠方からも。               宮井生徒会長より星先生に花束贈呈。
  
星先生ごあいさつ。「校訓を書けたことは大変光栄なことです」石高時代の唯一の赤点が書道であるとも明かされました。
  
来賓紹介。旧中14回卒の国際弁護士海老原先生、秋元さんはじめ多くの同窓生、関係者の方々にご出席いただきました。 
  
石高学校医40年の佐藤先生にもお越しいただきました。司会進行は学校長。来賓退場。左から戸田前同窓会長、海老原さん 
 
湧泉之碑(校訓碑)除幕 12時50分 
  
除幕を待つばかりの校訓碑         宮田石材店さんから除幕の紅白の紐を。 伊澤同窓会長の指示のもと              
  
左の紐は旧中関係者、中央は星先生はじめ本校の先生方、右に生徒たちで、校長の合図で、除幕。
  
一斉に拍手がこだましました。 生徒は新旧生徒会長をはじめクラス代表生徒に有志生徒。多数の生徒たちが雪にも拘わらず。
  
生徒も交えて記念撮影  16cmの記録的大雪の中の記念撮影の一枚         右は星先生、左は学校長 
 
 
 除幕式後
 校訓の額の前で
 左より
  学校長
  星弘道先生
  伊澤同窓会長
  永山PTA会長
  鈴木同窓会係
  宮田石材店さん
  梅山先生(星先生の同級生)
  村山教頭
 
湧泉之碑(校訓碑) 
 大正14年旧制中学校時代に制定された校訓「爾の立てるところを深く掘れ」の碑を、創立90周年の前倒し事業として建立します。
 書は日本の書家を代表する星弘道先生(本校第15回卒業生)によるもので、大変お忙しい中母校のため書いていただきました。
   
先生は「鬼平犯科帳の長谷川平蔵の菩提寺」である戒行寺のご住職をされ、大東文化大学特任教授としても活躍されています。
     
戒行寺の入口から本堂へ。 先生に書いていただいた校訓 右は校訓碑とするため一行書きにしていただいた書。
 
湧泉之碑(校訓碑)基礎工事 平成24年1月19日(水) 8:00〜16:30
  
湧泉之碑を建てる場所の位置決めを行い、庭石を動かす。    60センチほどの深さに土を掘る。
  
 2メーター四方(湧泉碑が置かれる場所)と1メーター弱四方(説明の副碑)の型枠が入り、型枠の外に土を埋め戻しました。
  
コンクリートが流され、仕上げがおこなわれて、碑が置かれる基礎工事が完了しました。碑の設置は2月中旬です。
なお、除幕式2月29日(水)になります。卒業生の皆さん、どうぞお越しください。
 
ついに湧泉之碑(校訓碑)建つ 平成24年2月9日(木) 
  
大型のクレーン車が土台の石(岡山県万成石・花崗岩)を基礎に据え、あらかじめ開けた穴に校訓の石柱を入れています。 
  
石柱も万成(まんなり)石を磨いたものです。何度もモルタルを穴に注ぎ込んで、垂直・水平をはかっています。
  
やっと石柱が埋め込まれました。      副碑(説明文の碑)も万成石です。クレーン車で基礎コンクリートの上に置かれました。 
  
副碑の周りには煉瓦が敷かれ、周りを土で埋め戻し、芝をのせて、伊澤同窓会長・戸田前会長のもと、校訓碑が完成しました。
  
早くも3年生たちが湧泉之碑に感動して、見入っていました。未来永劫、石高に通う生徒たちの精神的支柱として存在し続けます。
 
平成24年2月24日(金) 校訓額第一体育館(兼講堂)に掲額
  
高い足場が組まれました。総重量28キロのため、横木をつけ、100キロの重量に耐えられる金具のほか、ワイヤーと受け金具も。
  
さらしを額に巻きつけて、掲げる場所に持ちあげています。金具が4箇所に嵌り、ワイヤーもかかって、さらしを外しています。 
 校訓額
 書家 星弘道先生よりご寄贈いただきました。湧泉之碑(校訓碑)の原書は、もともと二行書きにて揮毫していただいたものを、碑は星先生の監修の下に一行書きに直して刻した。掲額の書は、あらたに先生によって本校のために揮毫いただいたものです。
 額は星先生が依頼された東京都台東区(浅草)の佐久間太熈堂より、平成24年2月24日(金)に運ばれ、同日 宇都宮 白木屋により掲額されました。2月29日(水)、湧泉之碑(校訓碑)の除幕式にご出席のため来校される予定です。      (塩野谷 記)

 
 

緊急のお知らせ

緊急のお知らせはありません。