お知らせ

学校感染症に関する登校申出書について
 今年2月より、新型コロナウイルス感染症が、学校感染症の第一種対象となりました。新型コロナウイルス感染症を始め、医療機関にて学校感染症に罹患した、またはその疑いがあると診断された場合は、出席停止となります。

 今年度より、すべての学校感染症につきまして、学校感染症と診断された場合には、保護者による「学校感染症に関わる登校申出書」の提出をお願いいたします。この登校申出書をもって、学校感染症の罹患、医師からの指示事項、出席停止期間等を確認いたします。
詳しくは、以下の保護者宛通知をご覧ください。
「学校感染症に関する登校申出書」について.pdf
また、登校申出書は、以下よりダウンロードしてお使いください。

学校感染症に関する登校申出書.pdf
参考までに、学校感染症一覧を載せておきましたのでご覧ください。
学校感染症一覧.pdf

 
あなたは2074377人目の訪問者です

◎学校所在地・連絡先◎

栃木県立石橋高等学校
 
 〒329−0511
  栃木県下野市石橋845
 
  Tel : 0285−53−2517
  Fax: 0285−52−2376
 

 

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
登録ユーザー12人

旧制石橋中学校校歌

   
鈴 木 栄 観  作詞
梁 田    貞  作曲


 

    昭和3年2月11日制定
 作詞は旧制石中教諭鈴木栄観先生、
 作曲は梁田貞氏に依頼
 
  校訓の末節「爾の立てるところを深く掘れ、
 然らばそこに清き泉湧かん」を巧みに織り
 込み、石中精神を見事に鼓吹した。
 
  同窓会等において荘重に歌われるこの校歌
 を聴いていると、戦後の新制の石高にそのま
 ま引継いでもいい高い理想と哲理のこめられ
 た名歌である。特に新制においては精神的に
 寄る辺のなくなった生徒にも「わが立つところ
 深く掘れ、自制と克己の鍬をもて、深くし掘ら
 ば泉ぞ湧かん」という一節は含蓄の深い言葉
 であり、歌い継がせたい名言である。
       〜70年誌より
 
    昭和49年2月 旧制15回卒業生有志により建立。文字は当時の担任谷中伯郎先生の手になる
 
        梁田貞(やなだ ただし(てい)) 1885〜1959 北海道札幌市出身 
                        東京音楽学校(現 東京芸術大学)卒業
                        代表作 「城ケ島の雨」「どんぐりころころ」など多数