栃木県立鹿沼高等学校
 

日誌

卒業式
2020/03/03

卒業生答辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

      答辞

   冬の寒さも和らぎ、日の光や木々の色に春の訪れを感じる季節となりました。
 この良き日に、私たちは鹿沼高校を卒業します。私たちのためにこのように盛大な卒業式を挙行して下さいまして誠にありがとうございます。先生方をはじめ、たくさんのご来賓、保護者の皆様にご臨席頂き、厳かに卒業できますことを、皆を代表し厚く御礼申し上げます。

  思い起こせば三年前、私たちはまだ名前も知らない仲間たちと共に、これから始まる学校生活への大きな期待と不安を胸に、この鹿沼高校の門をくぐりました。その日からこの三年の間、私たちの学校生活には常に仲間の姿がありました。
  クラス全員が一丸となって練習に励んだ校内体育大会。試合に勝利することができなくても最後まで笑顔を絶やさずにいられたのは皆と一緒にプレーすることができたからです。
  放課後まで学校に残り、成功を期し準備に走り回った鹿苑祭。クラスの準備が進んでいくのと同時にクラスの団結も徐々に深まっていきました。
  合唱コンクールでは、短い練習期間ながらも充実した練習をして、本番ではどのクラスも素晴らしい合唱を発表しました。
  ひたむきに、学業に、学校行事にと、高校生活に邁進し、仲間とともに努力してきたこれらの経験は、私たちの将来にとって大きな糧になると思います。
 
 皆に支えられ充実した毎日を送ってきた私たちですが、学校生活を送る中では、思い悩むこともありました。私たちが悩み、苦しみ、間違った方向に行きそうになった時、先生方はいつも優しく指導してくださいました。勉強や進路の相談に伺った際も、親切で丁寧なアドバイスをしていただき、とても心強かったです。私たちをいつも温かく見守ってくださった先生方に感謝の言葉を言い尽くすことはできません。
   良き仲間達と優しい先生方に囲まれて過ごした高校生活では、常に真剣に物事に取り組むことや、目標に向かって努力を惜しまないこと、また周りの人に真心をもって接することの大切さなどを学びました。今思えばそれらのことは校訓の「至誠、努力、奉仕」に通ずるところが大きく、先輩方が紡いできた鹿沼高校の伝統は素晴らしいものだったのだと改めて実感しています。そしてこのような最高の環境で高校生活を送ることができたことをとても嬉しく思います。

  今日を区切りとして私たちはそれぞれの道へと歩みを進めていきます。平成の時代が終わり、令和の時代が幕を開け、今年は東京オリンピックが開催されます。急速なグローバル化や地球温暖化など、時代が大きく変化する中、私たちは高校生活を送ってきました。そしてこれからもそのような変化のなかで私たちは生きていきます。
 私たちが進む道は希望にあふれているとはいえ大きな壁にぶつかることもあるでしょう。そのようなとき、その壁を打ち破るのか、乗り越えるのか、時には迂回してしまうこともあるかもしれませんが、立ちはだかった苦難にはこの三年間で先生方が育てて下さった自主性と主体性をもって、また最後のセンター試験が教えてくれたレジリエンスという言葉を思い出して、力強く生きていきたいと思います。
 
 在校生の皆さんにも鹿沼高校での経験を通して、自分の将来の目標を見つけて欲しいと思います。本校の進路研究室はポルトと呼ばれており、ポルトガル語で「港」を意味するそうですが、私はこの学校全体が港であると考えています、ここで将来の目的地を定め、進むべき道を見つけなくてはなりません。この港で自分自身を見つめ、一人一人の目的地を見つけて下さい。
  最後になりましたが、これまで私たちを温かく導いて下さった先生方、そして家族に感謝すると共に鹿沼高校の今後益々の発展を祈念申し上げて答辞と致します。

      令和二年 三月 二日
  栃木県立鹿沼高等学校第七十二回卒業生代表 
                                                山本健太


12:51 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/03/03

在校生送辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 送辞

 冬の寒さも少しずつ和らぎ、青く澄んだ空から降り注ぐ柔らかな光が春の訪れを感じさせる季節となりました。今日のこの佳き日に、鹿沼高校を卒業なさる三年生のみなさん、並びに保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。在校生一同、心よりお祝い申し上げます。
 今、皆様はこの鹿沼高校での三年間をどのように振り返っていらっしゃるでしょうか。三年という時間は長いようで短く感じるものですが、日々、目標に向かって挑戦され続けた先輩方にとってはとても充実したものだったことと思います。勉学に勤しむだけでなく、部活動や学校行事にも真剣に取り組む先輩方の姿は、いつも私たちの目標であり、憧れでした。
 体育祭では、自分のクラスだけでなく他のクラスも応援している先輩方の姿に、強い団結力と、人との繋がりの温かさを感じました。
 合唱コンクールでは、短い練習期間にも関わらず、他学年を遥かに凌駕する歌声をホールに響かせていらっしゃいました。また、先輩方は練習の段階から常に熱心に取り組まれており、与えられた時間を最大限に使おうとする意識の高さは私たちをリードしてくださいました。
 鹿苑祭では、「鹿苑令和第一章〜新時代の幕開け〜」のテーマの下、各クラスで趣向を凝らした模擬店を開き、来場されたお客様に笑顔で親切に接客される先輩方の姿から、人を楽しませることの素晴らしさを学びました。また、前夜祭のパフォーマンスも圧巻でした。令和の始まりに相応しい、新時代の幕開けを感じさせるような鹿苑祭だったことを今でも鮮明に覚えています。
 私は二年前、不安を抱えながらこの鹿沼高校に入学してきました。しかし、先輩方がどんなことでも丁寧に教えてくださったおかげでいつの間にか不安は解消していました。勉強のことはもちろん、学校行事をより楽しむためのポイントや、受験の大変さなども教えてくださいました。そんな優しい先輩方とお別れしなければならないと思うと悲しい気持ちで胸がいっぱいです。先輩方には感謝してもしきれません。
 さて、令和という時代が始まり、日本は大きく変わろうとしています。少子高齢化や、AIの登場、外国人労働者の大量受け入れなどによって、社会構造が変わるスピードは今まで以上に加速していくでしょう。しかし、鹿沼高校で沢山のことを身に付けた先輩方なら、この忙しい時代でも慌てることなく臨機応変に対応し、自分の夢を実現させることができると思います。必ずしも順風満帆に進んでいけるということはありません。辛くなって諦めたくなることもあるでしょう。それでも、先輩方には、夢に向かって進み続ける姿をこれからも私たちに見せていただきたいです。私たちも先輩方が受け継がれてきた、この鹿沼高校の校訓である「至誠・努力・奉仕」を胸に、先輩方から学んだ伝統を後輩へ継承し、さらなる発展を目指していきます。
 先輩方への感謝や伝えたいことはまだ数多くありますが、お別れの時です。最後になりますが、卒業生の皆様の今後のご健康と、更なるご活躍を心よりお祈り申し上げ、在校代表の送辞と致します。
   令和二年三月二日
   在校生代表   矢口 雄貴


12:50 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2020/03/03

同窓会長祝辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
  祝辞
 栃木県立鹿沼高等学校第七十二回卒業式にあたり、同窓会を代表いたしまして、お祝いの言葉を述べさせていただきます。
 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、今日の良き日を迎えられ、ご臨席いただきました保護者の皆様には、心よりお祝いを申し上げます。そして、入学から本日まで、親身になってご指導頂きました、笠原校長先生はじめ教職員の皆様に、改めて感謝とお礼を申し上げます。
  現代は、高齢・少子化・人不足、働き方改革、事業承継、米中貿易摩擦など混迷を深めています。 また、「第四次産業革命」と呼ばれる変化の激しい状況にあります。IoT(アイオーティー)、ビッグデータ、AI(エーアイ)、ロボット等により、すべてのものがインターネットにつながることで、指示、命令、動作が可能になり、記憶も無限大に可能になります。既に、工場での工作ロボット、自動車の自動運転技術が登場しています。皆さんは若く、柔軟な思考力を持っています。今後の技術革新に対応し、それを使い切れる能力を身に付けてください。
 「光陰矢の如し」と言いますが、私自身それを実感しております。何事に対しても、今ここで百二十%完全燃焼することで、「人生二度なし」を自覚し、悔いのない人生を歩んでいくことを期待しております。
私の今までの体験から、卒業を迎えられる皆様の未来づくりに向けて、「幸せになる三つの実践」を贈りたいと思います。
 第一の実践は、「人生目標を持つ」ことです。目標を持つことで時間を効率的に有意義に過ごすことが出来ます。人生は、あっという間に過ぎていきます。氣付いた時が始まりです。「120%完全燃焼!決めたら貫徹する」の精神で進んでください。
 第二の実践は、苦難が来たら、「これが良い、大丈夫!」という心構えで、素直に受容することです。その人に問題解決が出来る事しか苦難という問題はやってきません。良い原因をつくれば良い結果が出てきます。智慧を出し不撓不屈」で実践すること、それが生きがいの創造となるのです。
 第三の実践は、「凡事徹底」を実践することです。挨拶や返事、掃除等、日常の当たり前のことを徹底して実践することです。人の期待を超えることで、好かれる人になります。頼むんだったら、あの人に。そんな人になって欲しいです。「念ずれば花ひらく」。念いは叶います。何故なら、成功のコツはコツコツ愚直に実践することにあるからです。そうすることで人生が豊かになると確信しています。たった一度の人生だから、青春を謳歌していきましょう。
 皆さんの中には、この四月から社会に出て、仕事を通して一人前となる道を歩き始める人もいます。そして、進学する多くの生徒諸君は、社会に出るためのより多くの修業をすることになります。修業は学問だけではなく、部活動やサークル・インターンシップやアルバイトなど様々な場面で行うことになります。どうか、謙虚に学ぶ姿勢をもってください。人は学び続けることで、知識を身に付け、その知識は行動することによって智恵となり、智恵を使って課題に対し成果を上げることで社会の皆から信頼される人になっていきます。成長する度に、必ず問題や困難が生まれます。それを乗り越えることにより、人としての器が大きくなっていくのです。人生には解決出来ない問題はありません。明るく元氣で素直に人生を歩んでいって下さい。
 最後に、卒業生の皆さんのこれからのご活躍、ご臨席の皆様方のご健勝、そして五年後の鹿沼高等学校 創立百周年に向けた益々の発展をご祈念申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。
 本日は誠におめでとうございます。
 
 令和二年三月二日
  栃木県立鹿沼高等学校同窓会会長 阿部真一

12:41 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/03/03

PTA会長祝辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

祝辞
PTAを代表して一言お祝いの言葉を申し上げます。
卒業生の皆さん、そして保護者の皆様、ご卒業誠におめでとうございます。
卒業式にご参列いただいているご家族の方はもちろんのこと、事情で離れて暮らしていたり、お仕事の都合で来られなかった方も、天国にいらっしゃるご家族の方や、音楽の中島先生も、今日の日を迎えることができた皆さんの晴れやかな姿をきっと誇らしく思っていることと思います。
皆さんにとって鹿沼高校での3年間はいかがでしたか。
先日の理事会のときに校長先生からのお話で、朝7時前から夜も7時まで学校で勉強に励んでいた生徒さんのことをお伺いしました。昨年は、初めて野球の応援に行かせていただき、子供たちの姿に感動の涙を流しました。鹿苑祭も体育大会も、短い時間でしたが、子供たちのキラキラした顔を見られて、幸せに浸ることができました。皆さんが様々なことに無我夢中で取り組んだその経験は、その後の人生をどっしりと支えてくれる土台となったことと思います。その土台の上に、これからは「なりたい自分」に向かって、それぞれの路へのびのびと羽ばたいてほしいと思います。
私が高校を卒業する頃のことですが、母から25歳になったら結婚していても、していなくても家を出るよう言われ、何だか突き放されたような気がして少し戸惑ったことを覚えています。しかし、親から自立する目安の年齢を明確に示してもらったことは、自分にとってはよかったなと、今になって親に感謝しています。春からも実家で暮らせる皆さん、どんなに居心地がよい実家でも、親元を離れる目安の年齢を自分で決めてみるのもいいかもしれません。
また、一人暮らしを始めるお子さんを送り出す親御さんにとっては、昨年の台風19号のような風水害や、渦中の感染症、これから来るであろう南海トラフや首都直下地震と、子どもへの心配は尽きないことと思います。一足先に独り立ちするみなさんには、自分の身は自分で守るための備えをし、何があっても絶対に生きていてほしいそう思うのは私達親の共通の願いだと思います。近くにいて喧嘩をしながらも、遠く離れて寂しくても、私たちは一生皆さんのことを愛おしく大切に思い応援しています。まずは自分が幸せに、そしてその幸せで自分の身の回り人を幸せにできる人になってください。そして、人生百年時代を心豊かに生きてください。
結びに、このような状況下ご臨席賜りました同窓会長阿部真一様、校長先生始め諸先生方の今日までのご指導ご尽力に対し深く感謝の意を表しますとともに、今後もあたたかく見守っていただきますようお願い申し上げ、お祝いの言葉といたします。
令和2年3月2日
栃木県立鹿沼高等学校 PTA会長 石川 さやか


12:40 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/03/03

式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

      式  辞

 今朝はなお冷たい雨に冬の名残を残すものの、梅花の香り漂い、春の訪れを感じさせる初春の令月、気淑く風和ぐ今日の佳き日に、PTA会長 石川さやか様、同窓会長 阿部真一様の御臨席を賜り、第七十二回栃木県立鹿沼高等学校卒業式を挙行できますことに感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、在校生抜きの異例の卒業式となってしまいましたが、開催すら危ぶまれていたことを考えると、こうして実施できたことを喜ばしく思います。
 ただいま卒業証書を授与した卒業生の皆さんは、三年前の入学式で、私が入学を許可して以来、勉学はもちろん、様々な活動に真摯に取り組み、人間として大きく成長しました。
 この壇上から今また、皆さん一人ひとりの名前を聞きながら、その顔を見ていくと、三年前、あどけない瞳で私の目を見つめていた姿が思い出され、胸に迫るものがあります。
 よくぞここまで成長したものと感じているのは私だけではないでしょう。
 この三年、決して平坦な道のりではなかったことと思います。
 校長室からは、朝な夕なに皆さんの登下校の姿が見られます。そうすると、いつもは前を向いて笑顔で登下校するのに、今日はうつむき肩を落としている。心配なことがあるのかな。などと思うことがありました。
 そのような日々も乗り越え、今日の日を迎えられたことを心より祝福します。
 入学式で私は、本校の校訓である「至誠 努力 奉仕」を常に意識し、「何かことを為すにあたって、『真心を尽くすことになるのだろうか?』『これは努力と言えるのだろうか?』『これは奉仕にあたるのだろうか?』と考えて行動してほしいとお話ししました。
 これに皆さんはよく取り組み、至誠、努力、奉仕の精神を体現する人物となりました。この三つを、これからも、人生の指標としてことにあたってください。
 この三年の間に、社会で多くの変化があったように、皆さんにも変化があったことでしょう。私にもいくつかありました。その一つが、日光の景色を見る目と評する言葉です。
 かつては、男体山ばかりに目がいき、男体山の頂に雪が積もったと言っていましたが、今は、男体を含む日光連山に目を向けるようになりました。
 それは、宇都宮の自宅から日光を眺めると男体のみが際だって見えていたため、日光の山の姿と言えば男体山というイメージだったのですが、鹿沼に通いながら見る日光の美しい姿は、男体のみによって作られるものではないと感じるようになったからです。
 確かに男体山の荘厳さは他に抜きんでたものがあり、単体としての美を有しています。しかし、周囲の山々との調和によって一層の美しさが加わるように感じられたのです。
 即ち調和の美というものがそこにあると感じたのです。
 調和の美、ビューティ オブ ハーモニー。
 ビューティフルハーモニーと言い直せば、
外務省が言う「令和」の英語訳となります。
 皆さんが進んでいく新しい時代は「調和の美」を追求していくことが大切なのではないでしょうか。
 独りよがりで、「自分は、自分は」と自分だけを前面に出して他を顧みない人は、今でも社会の中で高い評価を得ることはできません。まして、これからの社会は「協働」することが重要だと言われています。
 自己の個性を失うことなく、他の個性と調和し合い、一人では作り出すことの出来ないより高度なものを生み出していく。
 更に、ここ数日の動きに見られるように私たちはいつ何が起こるかわからない世界に生きています。そして、未だに非科学的な噂や情報によって混乱が生じています。
 このような社会にあって、鹿沼高校で科学教育と情報教育をしっかり受けた皆さんが果たす役割はいよいよ増しています。皆さんがリーダーシップを発揮されることを期待しております。
 保護者の皆様、お子様の御卒業おめでとうございます。三年前私は、「皆様にとって何よりの宝であるお子様方を本日確かにお預かりいたしました。私どもはお子様方が充実した学校生活を送り、立派に成長し、『至誠 努力 奉仕』の精神を体現した人物となってお返しできるよう、教職員一同力をあわせて努力していきたいと考えております。」とお話ししました。
 まさに今日、そのお約束を果たします。立派に成長したお子様方を皆様のもとにお返し致します。
 私どもの努力が足りなかった部分も多々あろうかと思いますが、保護者の皆様の御協力を得て、今日の日が迎えられましたことに感謝申し上げます。
 最後に、卒業生の皆さん。
 この三年間、皆さんの明るい笑顔と元気な挨拶の声、皆さんの存在が私に活力を与えてくれました。
 私にとって皆さんは、指導の対象だけではなく、共に鹿沼高校を作っていく、ビジネスパートナーでもありました。ここに皆さんに感謝の言葉を申し上げ式辞の結びとさせていただきます。
 ありがとう。
 令和二年三月二日
 栃木県立鹿沼高等学校長  笠原 紀昭


12:37 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/03/03

式辞 祝辞 送辞 答辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和2年3月2日(月)に第72回卒業式が挙行されました。
コロナウイルス感染症の拡大防止のため規模を縮小しての開催となりましたため、ここに式辞、祝辞、送辞、答辞を掲載いたします。
11:38 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

検索

tzphbj

お知らせ

 

お知らせ

(1)大学合格状況
 進路状況

(2)教育実習について
内定した方へ 提出書類(New)
②希望する方へ 予約方法