栃木県立鹿沼高等学校
 

校長挨拶

皆さんこんにちは。鹿沼高校ホームページへアクセスしていただきありがとうございます。
このホームページでは、皆さんに鹿沼高校をよく知っていただくため、最新の学校の様子等を発信して参ります。是非毎日でもご覧になって下さい。


 本校は、大正14年(1925年)に栃木県立鹿沼高等女学校として開校し、昭和23年の学制改革により高等学校となり、同時に男女共学の鹿沼高等学校となりました。
 以来、鹿沼市立鹿沼女子高等学校との統合を経て現在に至るまで、栃木県西部地区の拠点校として地域の信頼を得ております。「鹿高は鹿沼市民の誇り」という言葉が聞かれるほど、地域住民から愛され大切にされています。生徒は純朴で男女問わず挨拶がよくできるという評判を受けており、この点について学校評議員からは、「鹿高生が明るく元気な挨拶ができるのは、鹿沼高校の生徒であることに誇りと自信を持っているからでしょう」という御意見をいただいております。
 鹿高生であること、鹿高の卒業生であることに自身と誇りをもたらすものが、本校の校訓「至誠、努力、奉仕」によって培われた人間性であると思われます。「至誠は人道の大本なり。真心を尽くして万事に当たるべし。」「努力は修学上欠くべからず。一心不乱に課業に心を注ぐべし。」「奉仕は社会の恩に報いる行いなり。世のため人のために尽くすべし。」とする校訓が、これまでの本校の栄光ある歴史を作り、脈々と受け継がれているのです。
 これまで、「文武両道」を掲げ、学業に部活動に積極的に取り組み、様々な分野で社会に貢献する優れた人材を輩出してきた本校ですが、激変する社会状況や高大接続改革をはじめとする国の新たな教育改革の方向性、本県における特色選抜の導入や学区撤廃、さらに学校再編計画等、さまざまな変革の波が押し寄せ、本校の在り方、方針も改めてとらえ直す必要に迫られました。
 そこで、「鹿沼高等学校未来発展プラン」を策定し、学校内にとどまらず、地域や大学を巻き込んだ取り組みをはじめることとしました。その最重要方策として取り組んだのが、「クリエイティブ・フォーラム(鹿高型課題解決学習プログラム)」です。
 クリエイティブ・フォーラムでは、第1学年で個人研究を中心に論文作成をおこない、第2学年ではグループ研究を行ってその成果を発表することとしました。2017年度のグループ研究では、「鹿沼市の発展に寄与するような提案を行う」ことをテーマといたしました。この取り組みは、「栃木県教育振興基本計画2020~教育ビジョンとちぎ~」の基本理念「とちぎから世界を見つめ 地域とつながり 未来に向かって ともに歩み続ける人間を育てます」に沿い、次期学習指導要領の要である「主体的対話的で深い学び」を具現化したものです。
 この活動を含め、本校の教育目標である「自主自律の精神に富み、心豊かで、郷土及び社会の発展に貢献できる人間を育成する」を達成するために、知・徳・体のバランスのとれた教育活動を提供し、地域の信頼に応える進学校としての実績を残し、生徒一人ひとりが満足感を得られる学校となるよう、本校教育活動の努力点として次の6点を掲げます。
1 安全・安心な学校環境・授業環境の整備
2 生徒・保護者・地域の信頼に応える進路を実現するための学力の向上と進路指導の充実
3 学業と部活動の両立に配慮した指導と計画的・自主的に学習できる生徒の育成
4 情操の陶冶を図り、豊かな人間性を培うための読書活動の推進
5 明るく活気に満ち、自他を愛する協調性豊かな生徒の育成
6 強健な身体と不屈の精神を育むための特別活動の充実

平成30年4月16日改訂
栃木県立鹿沼高等学校長 笠原 紀昭
 
 

検索

ログイン

お知らせ

(1)大学合格状況
 進路状況

(2)教育実習について
平成31年度教育実習の受付は終了しました。受付した方は、5月21日(月)14:00本校応接室に集合してください。
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。