栃木県立鹿沼高等学校
 
校長室より
2017/06/21

関東大会・全国大会出場について(3)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 新たに関東大会・全国大会の出場権を得た部活動がありますので報告します。
 アーチェリー部が全国高校総体栃木県予選において男女ともに優勝し、宮城県利府町「ひとめぼれスタジアム」で開催されるインターハイへの出場権を得ました。8月10日(木)の午前に男子団体、午後に女子団体の予選が行われます。
 放送部は、NHK杯全国高等学校放送コンテスト栃木県予選において、アナウンス部門の最優秀賞に2年生の福田千夏さん、優秀賞に金沢朱華さんが選ばれ、テレビドキュメント部門で優秀賞に選ばれ全国大会への出場権を得ました。朗読部門では3年生の手塚さんが優良賞に、朗読部門で3年生の大木美穂さんが優良賞となり、ラジオドキュメント部門でも優良賞となりました。この結果、学校賞で第三位となることができました。
 水泳部は、栃木県高等学校水泳大会において、2年生の伊藤茉生さんが、400m個人メドレーで第3位となり、7月23日(日)に小山市にある県立温水プールで開かれる関東大会への出場権を獲得しました。
 それぞれ、本戦での活躍を期待しています。
14:46 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/06/05

芸術鑑賞会について

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

6月3日(木)に、鹿沼市民文化センターにて芸術鑑賞会が開催されました。
今年度は、東京演劇集団風による「ジャンヌ・ダルク-ジャンヌと炎」を鑑賞しました。
たいへん素晴らしい舞台で、生徒の心を揺り動かしていただきました。
終演後、芸術監督・演出の浅野佳也様、俳優の栗山友彦様、佐藤勇太様から、鹿高生の鑑賞態度にお褒めの言葉をいただきました。
演劇部の生徒は、セットを見学させていただいたり、演じた方々とお話をさせていただくなど貴重な経験をさせていただきました。

以下に、開演前の私の挨拶を掲載します。
「皆さんこんにちは。
 昨日までの疲れはとれたでしょうか。
 昨日の講評で言いましたように、伝統校と言われる学校ほど体育・芸術科目にしっかり取り組まなくてはいけません。
 昨日・一昨日は体育分野にしっかり取り組み、今日は芸術分野にしっかり取り組んでください。
 今日は、総合芸術と言われる演劇を鑑賞します。
 私は、お芝居が好きで、時間があればと言うより時間を作って見に行くようにしています。(昨年は、ミスサイゴン、ジャージーボーイズを2回、狸御殿と4回観に行きました。)
 様々に描かれる人間の姿を見て考えることができるからです。

 始業式で私は皆さんに「哲学を持ちなさい。」と言いました。哲学を持たぬ科学者ほど恐ろしいものはないと考えるからです。
 この場合の科学とは、物理学や化学、数学といった自然科学だけをさすものではありません。文学や歴史学といった人文科学、法学や経済学といった社会科学も含みます。
 いかに生きるか? 生きるとはどういうことか? を考えるうえで、演劇の世界で描かれる人間像は、きわめて多くのことを考えさせてくれます。

 今日は、東京演劇集団風の皆さんによる『ジャンヌダルク ジャンヌと炎』を鑑賞させていただきます。
 東京演劇集団風の皆さんは、東京に専属の拠点劇場レパートリーシアタを持ち公演をされているほか、今日のような巡回公演を全国に展開し、出会いと創造の場を作ってくださっています。
 演目にある「ジャンヌダルク」という名は、皆さん誰もが知っていることと思いますが、まさに劇的な生涯を送った人物です。
 彼女がどのように描かれるのか、私はわくわくしています。

 それでは、開演を待ちましょう。 」 


10:38 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/05/26

花火大会と合同演奏会について

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
花火大会について
明日(5月27日)は、鹿沼市の花火大会が開催されます。
PTAの皆様には生徒指導の御協力をいただき感謝申し上げます。
私は鹿沼の花火大会を見たことがないので、とても楽しみにしております。
どんな美しい世界が夜空に描かれるのか、一瞬の閃光の後消えゆく瞬間の芸術を堪能したいと思います。
もう一つ、私が楽しみにしているものがあります。それは、会場に流れるアナウンスの声です。
本校放送部の生徒と鹿沼東高校の生徒が花火大会の進行をお手伝いします。
目は夜空の花々に向け、耳は生徒たちの声に傾けていただければと思います。

合同演奏会について
来週の月曜日(5月29日)には、本校音楽部管弦楽団とノースダコタ大学レッドリヴァートリオとのジョイント・コンサートが、
鹿沼市民文化センター小ホールで午後6時30分から開催されます。
どのような演奏が繰り広げられるのか、こちらも楽しみです。
お問い合わせは、鹿沼市文化課文化振興係  0289-65-6741 までお願いします。
11:26 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/05/22

今日から中間テストです。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 JR日光線を使って宇都宮から鹿沼まで来てみました。車窓から見える景色は、美しい日本の原風景の一つだと感じました。
 鹿沼駅からはリーバス(定期路線バス)を使いました。わずか10分、しかも100円で正門前に到着しました。
 今日から鹿高は中間テストです。
 先週の土曜日は、学習マラソン(生徒の自主的学習)が行われ、1年生から3年生までが教室や自習室を使って学習に励んでいました。1年生はほとんどの生徒が参加し、一心不乱に学習に取り組んでいました。その成果が今日からのテストに反映されることと思います。
15:13 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/05/22

関東大会・全国大会出場について(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 生徒の活躍による嬉しい知らせが続々届きました。
 アーチェリー部が県総体兼関東高等学校アーチェリー大会県予選会において、男女とも団体戦1位となり、6月10日(土)11日(日)に那須烏山市大桶運動公園にて開催される関東大会に出場することとなりました。初めて見るアーチェリーの試合でしたが、生徒たちが競技方法を詳しく教えてくれ、間近で見ることができたため、とても楽しめました。関東大会での活躍も楽しみです。
 陸上競技部は、女子走り幅跳びで3年生の仲山さんが第2位、男子400mで3年生の佐藤君が第4位となり、6月16日(金)~19日(月)千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で開催される関東大会の出場権を得ました。
 弓道部からは、2年生の鏑木君が国体少年の部の栃木県代表に選出されたとの報告がありました。
 各選手、己の持てる力を存分に発揮してくれることを期待しております。
08:59 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/05/08

関東大会 全国大会 出場について

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 5月1日に弓道部の関東大会出場について御報告いたしましたが、新たに卓球部が関東大会出場権を得ました。
 女子団体戦は3位決定戦において惜しくも敗れ、出場権を得ることができませんでしたが、女子シングルスにおいて1年生の津吹選手がベスト4に入り関東大会出場権を得ました。
 今週末にも関東大会予選が控えておりますので、さらに複数の部が関東大会出場権を得られるよう応援のほどよろしくお願いします。
 また、全国大会出場についても、すでに、音楽部、放送部、写真部が、8月に宮城県において開催される全国高等学校総合文化祭への出場を決めております。詳細については追って御連絡いたします。文化部への応援もよろしくお願いします。
14:18 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/05/01

5月になりました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 五月晴れの中、宇都宮から鹿沼に向かう車の中から見える山々は、淡い緑と濃い緑のコントラストが美しく、一日のスタートを気持ちよくさせてくれます。
 鹿沼高校に赴任して早一ヶ月、多くの方々との出会いがありました。その誰もが鹿沼高校を愛してくださっていることに感激いたしました。これからの出会いも楽しみです。
 この一ヶ月、本校では様々なことがありました。その一端を御紹介します。
 まず、嬉しいことから。
 県総体兼関東高等学校弓道大会県予選会において、男女ともに第4位となり関東大会への出場権を獲得いたしました。昨年の関東大会では、女子団体で準優勝というすばらしい結果をのこしましたので、活躍が期待されます。
 県総体兼関東予選は、これからがピークなので応援のほどよろしくお願いします。
 昨年度から始めたクリエイティブフォーラム(鹿高型課題解決学習プログラム)では、鹿沼市役所から4名の職員においでいただき、オリエンテーションが行われました。秋の発表会に向けて、各グループとも研究を進めてくれるものと思われます。
 生徒総会の前には、留学生のマリアさんからのお別れの挨拶がありました。とても上手な日本語で話していただきました。医師となって日本に帰ってくる日をみんな楽しみにしています。
 まだまだ、御紹介したいことがたくさんありますが、それはまた次回に。


15:13 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/04/07

入学式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

      式  辞

 桜の花も咲きほころび、艶やかな春の趣を感じさせるこの佳き日に、PTA会長田邉博之様、同窓会副会長阿部真一様をはじめ、多くの御来賓の方々の御臨席、並びに保護者の皆様の御臨席を賜り、また公務にて入学式には御臨席いただけませんでしたが、同窓会長佐藤信様には式直前までおいでいただき、ここに平成二十九年度栃木県立鹿沼高等学校入学式を挙行できますことは、新入生はもとより私ども教職員にとりましても、大きな喜びであります。
 おいでいただきました皆様に厚くお礼申し上げます。
 ただいま入学を許可いたしました二四〇名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
 教職員一同、皆さんの入学を心待ちにしていました。
 また、保護者の皆様におかれましては、お子様方の今日の晴れ姿に、喜びも一入かと推察いたします。
 この時を迎えるまで、御心配や御苦労もあったことと存じます。
 手塩にかけて育てたお子様の御入学を心よりお祝い申し上げます。
 さて、新入生の皆さん、皆さんには、よき伝統と歴史を継承しているこの学校で過ごす三年間を勉学に部活動に懸命に取り組み、人間として大きく成長してほしいと思います。
 皆さんは、自らが望むと望まざるとに関わらず、地域で職場で様々な組織の中で、リーダーとして活躍することを期待されています。
 本校の教育目標が「自主自律の精神に富み、心豊かで郷土及び社会の発展に貢献できる人間を育成する。」とあるのも、リーダーとして活躍することを求められる鹿沼高校生だからと言えます。
 そこで皆さんには、これからの高校生活において常に意識していてほしいことがあります。
 それは、本校の校訓である「至誠 努力 奉仕」の三つです。
 中国古代の思想家である孔子は、
 「吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか。朋友と交わりて信ならざるか。習わざるを伝えざるか。」
と言っておりますが、皆さんには、
 何かことを為すにあたって、「真心を尽くすことになるのだろうか?」「これは努力と言えるのだろうか?」「これは奉仕にあたるのだろうか?」と考えて行動し、自らの行動を振り返って「自分は真心を尽くして誠実に事にあたったか。努力を怠ることはなかったか。奉仕の気持ちを忘れずいられたか。」と考えてください。
 中でも「至誠」は、あらゆる行動の指標となるものと私は考えます。
 他者に対しても自分自身に対しても、真心を尽くし誠実であることは何よりも大切なことと考えます。
  入学後、国語の古典の授業で習う言葉に、「まめなり」「まめまめし」「まめ人」と、「まめ」と付く言葉があります。
 漢字で表記すると「忠実」「真実」と書き、現代語で「誠実」「まじめ」と訳されますが、更に、「実用的」「実務的」という意味を持ちます。
 つまり、誠実であることが実生活において重要だということなのではないでしょうか。 「努力」「奉仕」と合わせて常に意識していてください。
 保護者の皆様、改めてお子様のご入学を心よりお祝い申し上げます。
 万葉歌人山上憶良は
 「銀(しろかね)も金(くがね)も璧(たま)もなにせむにまされる宝子にしかめやも」
と詠っております。
 まさに皆様にとって何よりの宝であるお子様方を、本日確かにお預かりいたしました。
 私どもはお子様方が充実した学校生活を送り、立派に成長し、本校の校訓である「至誠 努力 奉仕」の精神を体現した人物となってお返しできるよう、教職員一同力をあわせて努力していきたいと考えております。
 しかしながら、子供達の教育は学校教育と家庭教育が相まって行われるものです。
 どうか、お子様方の歩む姿や努力の跡をしっかりと見詰め、時には暖かく、時には毅然とした態度で見守っていただきたいと思います。
 今、本校は創立百周年に向けて新たな歴史を刻んでいます。
 新入生の皆さんは、今日の感動を忘れることなく、自分たちの力で学校を一層活気あるものにしていくという意気込みをもって、勉学に部活動に取り組んでください。
 皆さんが鹿高生として存分の活躍をし、学校生活が実り多く、輝くものとなることを心から期待して、式辞と致します。

 平成二十九年四月七日
 栃木県立鹿沼高等学校長  笠原 紀昭


13:49 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/06

着任の御挨拶

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
この度、栃木県立鹿沼高等学校第23代校長として着任いたしました笠原紀昭でございます。
本県有数の伝統校である鹿沼高校の校長職は身に余る重責ではありますが、本校発展のために粉骨砕身努力していく所存でございますので、どうぞよろしくお願いします。
今後、こちらのページにおきまして、随時、本校の今を発信していきたいと思います。
16:39 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)

検索

ログイン

お知らせ

(1)大学合格状況
 進路状況

(2)教育実習について
平成30年度教育実習の受付期間は平成29年4月11日~4月28日です。
希望する学生のみなさんは上記の期間に電話で連絡してください。
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。