栃木県立鹿沼高等学校
 
校長室より
1234
2019/01/04

新年の御挨拶

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
2019年の御用始めは、雲一つない好天のなかスタートすることができ、明るい一年となることの予兆と嬉しく思います。
元日には、剣道部とバスケットボール部のOB会が、西体育館、東体育館でそれぞれ開催され、多くの先輩方と現役部員が気持ち良い汗を流しました。先輩方の日頃からの御支援に改めて感謝申し上げます。
私も剣道部の稽古に参加させていただき、充実した時間を過ごさせていただきました。稽古の後には、今宮神社に「鹿高生全員合格」の絵馬を奉納してきました。
大晦日も元日も関係なく、目標達成に向けて懸命にとりくむ3年生の希望が叶うことを願うばかりです。
本年もどうぞよろしくお願いします。
09:23 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/11/30

県青少年読書感想文コンクール入賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
第64回栃木県青少年読書感想文コンクール(栃木県学校図書館協議会、毎日新聞社など主催)において、2年生酒井那緒さんの「フラツ/カフカ『変身』」が高等学校の部自由読書において佳作に入賞しました。
高等学校の部自由読書には11,013編の応募があり、優秀賞1編、優良賞4編、佳作2編が入賞となりました。
07:58 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2018/11/21

大学入学共通テスト試行調査(プレテスト)アンケート結果

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
11月10日(土)に実施された、大学入学共通テスト平成30年度試行調査(プレテスト)を受験した本校生のアンケート結果がまとまりましたので、一部御報告します。
今年度のプレテストは、実際の会場となる帝京大学宇都宮キャンパスにおいて実施され、2年生80名が国語と数学を受験しました。
国語、数学ともにセンター試験に比べて難しくなったという意見が大半を占め、「絶対に浪人したくない。」と感じた生徒が多くいました。
国語では、問題量の多さと資料を活用しなければ答えられない問題に悩まされたようです。
数学に対しては、「読解力が必要だと思った」「問題を読み解くことが難しく、」「文章を多く読む必要があった。文章を読んでも単に計算するのではなく、知識がひらめかないと解答が進まなかった。」等、問題文を読み解く力が必要であったことが述べられていました。
実施直後から各教科では、大学入試センターから公表されている問題と正解例について検討を始めていますが、今回のアンケート結果を踏まえ、適切に対応していきます。
12:39 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/11/08

創立を祝う日の講演会校長挨拶講師紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 本日ここに、本校同窓生であります茂呂和世様を講師に迎え、同窓生、保護者の皆様と平成30年度栃木県立鹿沼高等学校創立を祝う日講演会が開催できますことに感謝申し上げます。

 本校は、大正14年(西暦1925年)4月に栃木県立鹿沼高等女学校として開校しました。当時鹿沼には、県立鹿沼農商学校(現在の鹿沼商工高校)と鹿沼町立鹿沼実科高等女学校がありましたが、普通中等教育を志望する男女生徒は、宇都宮か栃木へ進学するほかなく、中等学校新設は地域社会の強い要望となっていました。
 こうした要望を背景として、上都賀郡では今市に男子生徒のための中学校、鹿沼に女子生徒のための高等女学校、下都賀郡では石橋に男子生徒のための中学校、塩谷郡氏家に女子生徒のための高等女学校を新設することが大正10年の県会で可決いたしました。これが現在の今市高校、鹿沼高校、石橋高校、さくら清修高校にあたります。
 しかしながら、当時の県の財政は厳しく、すぐには開校の運びとはなりませんでした。そこで敷地と建設費の多くを地元が負担することとなり、多くの方々の御寄付により、本校は開校することができました。今も地元の人々から愛される鹿沼高校は、その誕生の時から地元の御理解と御協力、暖かい愛情によって育まれてきたのです。
 第二次世界大戦後、GHQの戦後政策の1つとして男女別学校の共学化が進められ、本校も昭和23年(西暦1948年)の学制改革により高等学校となった折に、男女共学の鹿沼高等学校となりました。翌昭和24年には、鹿沼実科高等女学校を前身とする鹿沼市立鹿沼女子高等学校と統合し、栃木県立鹿沼高等学校となり現在に至っています。
 大正14年3月6日に、県が栃木県立鹿沼高等女学校の設置を告示したため、この日が本校の創立記念日となりました。しかし、3月6日は高校入試の時期のため行事が持てず、創立記念日としての式典を毎年は持てずに来ました。そこで、十周年ごとに行われる記念式典が実施される秋に、「創立記念日」に代わる「創立を祝う日」を設けて講演会を持つことが、平成20年に始まり、現在にいたっております。

 さて本日は、理化学研究所チームリーダーであり、大阪大学医学部教授であります茂呂和世(もろかずよ)様に御講演をお願いいたしました。
 私は今日の講演の実現を春先から願っており、この日が来るのを待ちわびておりました。
 国語科の北條先生から、「TOSHIN TIMES」に茂呂先輩の記事が掲載されていることをお教えいただき、是非生徒全員に読ませたいと思い、東進模試営業部の栗田様に生徒分お送りいただきたいとお願いしましたところ、快くお引き受けいただき、皆さんに配りました。本日は、トーシンの栗田様もおいでいただいております。
 「世界が注目する日本の若手研究者」として、鹿沼高校の先輩が取り上げられているということの素晴らしさを共有してほしかったからですが、本日ここに御本人からお話がいただけることに感激しているのは私だけではないと思います。
 改めて、茂呂先生の御紹介をさせていただきます。
  先生は、本校を御卒業後、日本大学歯学部歯学科に進まれた後、慶應義塾大学大学院医学研究科に進まれ、同博士課程を単位取得満期退学され、慶應義塾大学医学部特別研究助教となられ、平成22年には医学の博士号を取得されました。
 平成23年に、科学技術振興機構さきがけ専任研究員、24年に理化学研究所上級研究員、25年に横浜市立大学生命医科学研究科客員准教授、27年に理化学研究所チームリーダー、28年に横浜市立大学生命医科学研究科客員教授を歴任され、本年8月に、大阪大学医学部細菌学教室教授就任されました。
 近年の受賞歴といたしましては、平成28年に、第11回日本免疫学会研究奨励賞、平成29年に第13回日本学術振興会賞、第13回日本学士院学術奨励賞と、まさに世界から注目される研究業績を残されています。
 本日はたいへんお忙しい中、後輩のためにとお時間をつくっていただきました。ありがとうございます。
 それでは茂呂先生、どうぞよろしくお願いします。


14:16 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/08/06

鈴木先生全国教職員剣道大会優勝

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
保健体育科の鈴木瑞生先生が、8月3日に大阪府岸和田体育館にて開催された第60回全国教職員剣道大会において、女子個人戦で見事優勝を遂げました。
宮城、静岡、宮崎、大分、東京、佐賀の各選手を破り、初出場での優勝という快挙でした。
鈴木先生は、「自分の力で勝ったのではなく、助けていただいた皆さんの力で勝つことができました。」とおっしゃっていました。
日本一の先生の指導を受ける鹿沼高校剣道部の今後の活躍が期待されます。
09:04 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/07/31

夢ナビライブ2018に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
7月14日(土)東京ビッグサイトで開催されました夢ナビライブ2018に2年生が参加してきました。
当日はバス6台に分乗し、7:30に学校を出発し、18:00に戻ってきました。
この催しは、「大学研究&学問発見のための国公私立大合同進学ガイダンス」と銘打ってあり、今年で9回目、今年の参加者は東京会場だけで5万人を超えたそうです。
イベントは、「学問の講義ライブ」「大学別説明ブース」「まなびステーション」「夢ナビトーク」「大学説明会」の五つに分かれています。

学問の講義ライブ

さまざまな学問の魅力を、専門分野の大学教授が30分でわかりやすくまとめて講義。
今年は20の学問系統に380名の大学教授が登場しました。
講義ライブ終了後には先生に直接質問もでき、多くの高校生が質問していました。

まなびステーション

専門とするジャンルについて、大学の先生が「学びの進路相談」をします。
本校生も多数相談していました。

夢ナビトーク


大学教授が学問の魅力を3分に凝縮して伝える「学問のプレゼンテーション」

大学別説明ブースと講義ライブ、大学説明会

写真奥が大学別の説明ブース。東京大学、京都大学をはじめ北は北海道大学、南は沖縄の名桜大学まで、全国の国公私立大学がほぼ参加していました。
主催者によりますと、宇都宮大学の入試課の方から、「鹿沼高校の生徒が多く来て、具体的な質問内容で非常に有意義でした。」という話があったそうです。

※ 写真は主催者提供
08:51 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2018/07/23

夏の高校野球栃木大会閉幕

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 第100回全校高等学校野球選手権大会記念栃木大会は、作新学院高等学校の8連覇をもって幕を閉じました。
 本校野球部は、1回戦真岡高校、2回戦矢板高校に勝利し、3回戦で王者作新学院と対戦しました。圧倒的破壊力に敗れはしたものの、健闘しました。
 特筆すべきは、大会を通して活躍した選手を表彰する優秀選手19名の中に、本校3年生渡邉朋樹投手が選ばれたことです。
 試合とは別に本校生の活躍の場がありましたので紹介します。
 今大会の開会式と閉会式の司会進行を、本校野球部マネージャー、3年生の北島晴夏さんが担当しました。落ち着いた美しい声が球場を包み、式典に華やかさと厳かさをもたらしてくれました。
09:04 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2018/05/22

鈴木瑞生先生全国大会出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
保健体育科の鈴木瑞生先生が、第10回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会と第60回全国教職員剣道大会の栃木県予選会において、それぞれ優勝し全国大会への出場権を得ました。
全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会は、7月14日(土)日本武道館にて、全国教職員剣道大会は8月3日(金)大阪府岸和田体育館にて開催されますので応援のほどよろしくお願いします。
11:29 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2018/05/14

栃木県高等学校総合体育大会総合開会式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
5月12日(土)、栃木県体育館において平成30年度第59回栃木県高等学校総合体育大会総合開会式が開催されました。
例年は、栃木県総合運動公園陸上競技上において開催されてきましたが、改修工事のため栃木県体育館での開催となりました。
各校の旗が集う中、力強い選手宣誓がなされ、大会の成功を予想させるものとなりました。

15:09 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/04/16

校長挨拶改訂

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
ホームページ校長挨拶を改訂しました。
11:32 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
1234

検索

ログイン

お知らせ

(1)大学合格状況
 進路状況

(2)教育実習について
平成31年度教育実習の受付は終了しました。許可された方は、平成31年4月頃に書類提出があります。
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。