栃木県立烏山高等学校トップページへ
〒321-0621  栃木県那須烏山市中央3-9-8
TEL 0287(83)2075  FAX 0287(83)0145
 

平成31年度烏山学活動報告

烏山学活動報告
12345
2020/03/03

3年生「烏山学」(共通プログラム「烏山和紙を知る」)

| by 教職員
  3月2日(月)、卒業式後の最後のホームルームで、各クラスの担任が生徒一人一人に卒業証書を手渡しました。この卒業証書は「烏山学」の一環として、生徒各自が福田製紙所の「和紙の里」で、自分で漉いて作った世界でたった1枚の卒業証書です。新型肺炎の影響で、例年とは違った何となく寂しい卒業式でしたが、卒業証書の予想以上のできばえに、生徒たちはとても喜んでいました。卒業生の皆さんの活躍を心よりお祈りいたします。 
   
06:33 | 投票する | 投票数(0)
2020/02/25

公民館講座「那須烏山市のジオサイトを知ろう」(第2回)

| by 教職員
 223日(日)、2年生「烏山学+」で「ジオパーク構想」を選択した生徒が、烏山公民館講座第2回「那須烏山市のジオサイトを知ろう」に参加しました。この日はバスでツツジの名所の「花立峠憩いの森公園」に向かい、今から1億~15000万年前の地層である八溝層群を観察し、海のプランクトンの死骸等が長い年月をかけて堆積してできたチャートや、なだらかな喜連川丘陵と八溝山地の間を流れる那珂川が作り出す地形などについて学習しました。大地や河川が作り出したダイナミックな地形を目のあたりにし、自然の雄大さを改めて実感できた一日になりました。次回第3回は長者ヶ平官衙(かんが)遺跡です。

   
05:52 | 投票する | 投票数(2)
2020/02/17

2年生「烏山学+」(なすから男女共同参画フォーラム)

| by 教職員
 2月15日(土)、烏山公民館で「なすから男女共同参画フォーラム」が開催され、「烏山学+」で「女性が活躍する社会づくり」を選択した生徒3名が、活動報告を行いました。当日は生徒たちの発表の他、栃木県初のシニアダンスチーム「SHINY☆SMILE」のチアダンスと、LGBT当事者やその家族の支援団体「SーPEC」代表の方の講演がありました。自分らしく生きるのに年齢は関係ないことや、性同一性障害についての理解を深めることができるなど、生徒にとって有意義なひとときになりました。

 
06:07 | 投票する | 投票数(1)
2020/02/12

3年生「烏山学」(幻のカレーコロッケを復活させようⅡ)

| by 教職員
 2月9日(日)山あげ会館前で開催された「朝市」で、元フードショップはっとりの服部様と従業員の方々のご指導をいただきながら、カレーコロッケの調理と販売を行いました。当初、許可が下りず一度は断念しましたが、その後リベンジを目指して、どうすれば販売が実現できるのかクリアすべき課題を整理し、一つ一つ課題をクリアして実現にこぎつけました。生徒たちはコロッケのたねを作るため、朝早くから烏山高校調理室に集まり、その後山あげ会館前に移動して、「朝市」会場で揚げてお客様に提供しました。開店前から行列ができるなど大盛況で、用意していた300個以上のコロッケを完売することができました。当日の様子は下野新聞ととちぎテレビで取り上げられました。多くの方々のご協力をいただいて実現した取り組みでした。ありがとうございました。

   
   
06:37 | 投票する | 投票数(4)
2020/02/03

1年生「烏山学」(那須烏山の食育を考えよう)

| by 教職員

1月28日(火)、「那須烏山の食育を考えよう」のプログラムを選択した生徒が考えた学校給食の献立が、市内の小中学校で出されました。そしてこの日に合わせ、このプログラムを選択した生徒8名が、烏山中学校と南那須中学校を訪問し、献立のコンセプトを説明し、その後一緒に給食を食べるという活動を行いました。献立のテーマは「最強の給食」。チキンチーズ焼き、カレースープ、キムチあえなど、子どもたちに人気のメニューをそろえたこと。地産地消にも気を配ったこと。風邪に負けない強い身体を作るための栄養バランスも考えたこと。こだわりをそろえた給食を目指したことからこの名前をつけました。


 
06:46 | 投票する | 投票数(1)
2020/01/27

市議会議員との意見交換会

| by 教職員

 125日(土)、1~3年生の19名が市役所南那須庁舎で開催された「市議会議員との意見交換会」に参加しました。第1部の成果発表会では、3年生が市議会議場で「烏山学」の取り組み内容について発表し、第2部の意見交換会では生徒と議員の方々が3つのグループに分かれて、まずは1・2年生による発表の後、意見交換会に臨みました。生徒にとってこの意見交換会は、「烏山学」で自分たちが考えたことを市議会議員に発表し、伝えると同時に、市政を身近に感じる貴重な機会になりました。


  
08:12 | 投票する | 投票数(0)
2020/01/27

2年生「烏山学+」(スタディスキル演習Ⅲ)

| by 教職員
 1月23日(木)、作新学院大学人間文化学部の玉城要先生をお招きし、相手に自分の意図をきちんと伝える「文(文書・文章)の書き方」をテーマにお話しいただきました。具体的な例文をいくつも取り上げながら、この文のどこが原因で、どのような混乱を招きかねないか。その混乱を防ぐにはどこに気をつけなくてはいけないのか。わかりやすく丁寧にご指導いただきました。3年生の「烏山学」後、生徒たちは高校3年間の「烏山学」の取り組みをまとめたレポートを作成します。そのレポート作成に向けてのトレーニングという位置づけでこの演習を実施しました。

 

08:09 | 投票する | 投票数(0)
2020/01/20

「烏山学・烏山学+全体発表会」

| by 教職員

 1月16日(木)、烏山高校体育館で「烏山学・烏山学+全体発表会」を開催し、1年生14プログラムと2年生2プログラム、3年生2プログラムのあわせて18プログラムの代表者が発表しました。発表の最後には、宇都宮大学地域デザイン科学部の若園雄志郞先生に指導・講評をいただきました。当日は50人をこえる方々が来校してくださいました。ありがとうございました。


 
06:32 | 投票する | 投票数(2)
2020/01/06

「烏山学・烏山学+全体発表会」のご案内

| by 教職員
 地域課題解決型キャリア教育「烏山学」と校外学習「烏山学+」の活動内容をまとめた全体発表会を、1月16日(木)に烏山高校体育館で、下記の通り開催いたします。地域の皆様にも、どうぞご覧いただき、生徒の活動の様子を見守っていただければ幸いです。
 なお、受付は10時30分からですが、ご都合のよいときにお越しください。駐車場は烏山公民館の駐車場(舗装されているところ)をご利用ください。

全体発表会のお知らせ.pdf
06:52 | 投票する | 投票数(2)
2019/12/23

2年生「烏山学+」(ポスターセッション)

| by 教職員

 1219日(木)、2年生がこれまでの「烏山学+」での活動内容を発表するポスターセッションを実施しました。10プログラムの全ての班が発表を行い、生徒たちは他のプログラムの人たちがそれぞれどのような活動をしたのかを聞きながら、評価シートに記入しました。この評価シートの集計結果で代表班2班を選出し、選ばれた2班は116日(木)の「烏山学・烏山学+全体発表会」で発表することになります。全体発表会につきましては、後日、ホームページでお知らせします。


  
05:24 | 投票する | 投票数(1)
12345

平成30年度 烏山学活動報告

烏山学活動報告
12
2019/02/12

校外学習「烏山学+」(なすから男女共同参画フォーラム)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 2月9日(土)、南那須公民館で「なすから男女共同参画フォーラム」(主催:那須烏山市)が開催され、「烏山学+」で「女性が活躍する社会づくり」のプログラムを選択した生徒のうち代表4名が活動報告を行いました。当日は、ゲストとして落語家の春風亭鹿の子さんも参加され、悪天候にもかかわらず60人あまりの方たちが集まりました。生徒たちは生の落語に触れられたのに加え、人前で発表をするのは初めてという生徒がほとんどで、良い経験になったようでした。

  
06:09 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/01/28

地域課題解決型キャリア教育「烏山学」(那須烏山の食育を考えよう)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
  125日(金)、市内小中学校で、「烏山学」で「食育」のプログラムを選択した生徒たちが考案した献立が実際に出され、その日にあわせ、このプログラムを選択した生徒のうち7名が、市内の烏山中学校と南那須中学校を訪ね、取り組みの説明をする活動を行いました。献立のコンセプトは「冬のほっこりメニュー」で、メインはおでんです。地産地消の観点から地元の食材をおいしく食べることに加え、カルシウムを多く取れるよう工夫しました。取り組みの様子は下野新聞でも取り上げられました。実施にあたり、市学校給食センター、両中学校の皆様方を始め、多くの方々にご協力いただきました。ありがとうございました。



06:01 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/01/17

烏山学・烏山学+全体発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 116日(水)、烏山高校体育館で「烏山学・烏山学+全体発表会」を開催し、他校高校生や県立高校教員、保護者、市役所職員、来賓など100名をこえる方々にご参加いただきました。冬休み明けすぐの開催で、十分な練習時間が取れない中での発表でしたが、生徒たちは真剣に発表に臨み、最後に宇都宮大学地域デザイン科学部の若園先生に講評をいただきました。当日の様子は、とちぎテレビでも取り上げられました。1年間活動を支えてくださいました皆様方にお礼申し上げます。



10:14 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/12/20

2年生校外学習「烏山学+(プラス)」(ポスターセッション)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 1219日(水)、烏山高校旧体育館で、「烏山学+」ポスターセッションを実施し、8プログラム34班、すべての班が発表しました。10月の「事前オリエンテーション」「フィールドワーク」「振り返りワークショップ」後、生徒たちは「総合」の時間を使って、これまでの活動をとおして考えたこと、感じたことなどを模造紙にまとめてきました。この中から代表1班が、116日(水)の「烏山学・烏山学+全体発表会」で発表します。全体発表会については、また後日、HPでご案内いたします。




07:38 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/12/03

地域課題解決型キャリア教育「烏山学」(学生&企業研究発表会)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 121日(土)、帝京大学宇都宮キャンパスで開催された「第15回学生&企業研究発表会」(大学コンソーシアムとちぎ主催)に、「烏山学」プログラム「道の駅なすからすやまをプランしよう」を選択した代表生徒2名が、宇都宮共和大学の内藤先生のご指導のもと、宇都宮共和大学の学生3名と一緒に参加し、発表しました。2人以外はすべて大学生や大学院生、社会人という環境の中、生徒はとても緊張していましたが、他の学生たちに負けないくらい堂々と発表することができました。発表は、「烏山信用金庫理事長賞」を受賞することができました。


06:03 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/11/20

地域課題解決型キャリア教育「烏山学」(日野町災害机上訓練)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 1118日(日)、日野町と那須烏山市社会福祉協議会の方々が日野町自治会館に集まり、災害机上訓練が行われました。これは日頃より災害を想定したイメージトレーニングをすることにより、地域住民の防災意識を高めることを狙いとしたものです。この席で、「烏山学」の「みんなで自然災害を考えよう」のプログラムを選択した1年生2名が、先月のフィールドワークで調べたこと、気付いたこと、改善点の提案など、自分たちが作成したマップを使って発表し、日野町住民の方々と意見交換を行いました。「烏山学」の活動はフィールドワークにとどまらず、今後も続きます。


10:49 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/10/29

2学年校外学習「烏山学+」(振り返りワークショップ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 1026日(金)、「烏山学+」の振り返りワークショップを開催しました。話し合いのファシリテイターには、本校教員3名の他、県立博物館1名、市役所若手職員4名(農政課、まちづくり課、総務課、地域おこし協力隊)、那須塩原市地域おこし協力隊1名が担当し、先日までの活動のまとめを行いました。生徒たちは今後の「総合」の時間を使ってまとめ作業の続きに取り組みます。その中でユニークなものいくつかは、116日(水)烏山高校体育館で開催する「烏山学全体発表会」で、1年生の発表と合わせて紹介する予定です。



12:03 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2018/10/29

2学年校外学習「烏山学+」(フィールドワーク)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員

修学旅行が終わってまだ1週間たたない1025日(木)、「烏山学+」のフィールドワークが開催され、生徒たちは朝早く、それぞれのフィールドワーク先に出発しました。フィールドワーク先は、国立ハンセン病資料館、いちご研究所(栃木市)、東京中央卸売市場大田市場、墨田区きらきら商店街、女子栄養大学、佐野日本大学短期大学、磐梯山ジオパーク、2年前の関東東北豪雨で氾濫した鬼怒川の堤防決壊現場などです。「ジオパーク構想Ⅱ」では、現地ガイドの案内で磐梯山の山体崩壊の後にできた銅沼(あかぬま)の見事な景色に触れたり、「みんなで自然災害を考えようⅡ」では、平成27年に氾濫した鬼怒川の現場の見学後、烏山土木事務所や建設業協会烏山支部の方々の協力で、土嚢づくりやドローン操縦などを体験しました。フィールドワークには那須烏山市役所職員、地域おこし協力隊、県立博物館職員、烏山ロータリークラブの方々も同行し、生徒と一緒に活動しました。






12:02 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2018/10/29

地域課題解決型キャリア教育「烏山学」(フィールドワーク)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員

 1025日(木)、「烏山学」のフィールドワークが那須烏山市内を舞台に実施しました。今年度は新たに「烏山和紙を知る」というプログラムを作り、生徒たちは烏山和紙を作る福田製紙所で、和紙の製作工程を体験しました。また「みんなでやさしいまちづくりを考えよう」では、地元日の町自治会の方々、那須烏山市社会福祉協議会職員と、日の町周辺を高齢者疑似体験キットを使いながら一緒に歩き、交通安全上危険な個所を高校生目線で点検し、マップにまとめ、改善策を提案しました。昨年度よりまた一歩、内容が充実したスタートとなりました。



12:02 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/10/29

2学年校外学習「烏山学(プラス)+」(事前オリエンテーション)

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 1024日(木)、校外学習「烏山学+」の事前オリエンテーションを実施ました。「烏山学」は那須烏山市の課題を取り上げ、那須烏山市でフィールドワークを行うことで、地元への理解を深めることを狙いとしているのに対し、「烏山学+」は、地域課題解決ための県外における先進的実践事例を知り、さらに那須烏山市が抱える現状との比較によって、那須烏山市の課題を考えるヒントにしたり、那須烏山への理解をさらに深めることを目的とした、今年度初めての取り組みです。「烏山学」の14プログラムと関連した全8プログラムの中から生徒は1つを選択し、25日はフィールドワーク、26日は振り返りワークショップと活動が続きます。



 烏山学+の詳細はこちら.pdf



12:01 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
12

平成29年度 烏山学活動報告


2017/12/26

学生&企業研究発表会 受賞報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 12月22日(金)、「烏山学」で「道の駅なすからすやまをプランしよう」を選択した生徒と、まちづくり研究会の生徒3名が、市役所烏山庁舎で行われた受賞報告会に出席しました。これは12月2日(土)に帝京大学で開催された「学生&企業研究発表会」で、道の駅のプログラムを選択した生徒と、ご指導いただいた宇都宮共和大学の内藤先生のゼミの学生による共同研究と、まちづくり研究会が足利工業大学の福島先生と共同研究で取り組んでいる烏山線鉄道唱歌を活用した地域活性化の取り組みが、それぞれ「地域経済貢献賞」と、最高の「県知事賞」に次ぐ「関東経済産業局長賞」を受賞したのを受け、市長始め集まった一般市民の方々に、受賞を報告するものです。

 多くの方々に支えられての受賞だと思います。ありがとうございました。



06:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

お知らせ

・令和元年度学校評価報告をUPしました。
 R01 学校評価報告.pdf
・令和2年度通学補助金の廃止について
 R2 通学補助金の廃止について.pdf
・いじめ対策基本方針をUPしました。
 H31「いじめ防止基本方針」.pdf
 H31いじめ対応相談窓口(烏高).pdf
 

今週の行事

3月・4月
30(月)     
31(火)     
1(水)     
2(木)     
3(金)    
4(土)   新入生制服等引き渡し(本校体育館 9:00~10:30) 
5(日)
    
 

訪問者数

あなたは1065125人目です。