茶華道部会

栃高文連 茶華道部会

 

部会紹介

茶華道部会では、8月に行われる地区交流会、9月~12月にかけて行われる生花美術展を通して、茶華道の技術の向上を目指しています。また、日本の伝統的な文化に関する教養を深めるため、8月に中央研究会を行っています。
 

日誌

茶華道部会
2020/12/25

令和2年度緑の相談所共催生花美術展

Tweet ThisSend to Facebook | by 茶華道部会

令和2年度緑の相談所共催生花美術展

ブロックごと開催  Aブロック 12/512/7

Bブロック11/1215

Cブロック 11/611/Dブロック12/412/6

Eブロック 9/269/27

 

 令和2年度は、新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、各部交流会、中央研究会の開催は中止となりました。

 2学期の行事である緑の相談所共催生花美術展は、各校で生徒への健康確認を十分に行っていただき、会場の消毒、換気に留意し、無事開催することができました。

 コロナ渦にあって、行事中止が相次ぐ中、作品発表の機会が得られて、嬉しい思いでいっぱいだったという声が聞かれました。

各校が様々な花材や花器を準備し、生徒一人一人が一生懸命に生け、各流派の特徴を生かした素晴らしい作品を仕上げることができました。来場者からは、「伸び伸びと花を生けていて若さを感じる。」というような感想が聞かれたということです。また、生徒の作品のタイトルには「ソーシャルディスタンス」や「COVID 19」等があり、時代を反映した作品が見られたそうです。

開催に当たっては、各校参加生徒の皆さんや顧問の先生方、緑の相談所職員の皆様に感染症対策の御協力をいただき、お陰様で、無事に開催することができました。生徒の皆さんには良い思い出になったことと思います。
生花美術展Dブロック①.jpg
生花美術展Dブロック②.jpg
生花美術展Eブロック.jpg 



13:19 | 報告事項
2018/08/08

茶華道部会中央研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by 茶華道部会
8月8日(水)に茶華道部会中央研究会が行われました。
那須烏山市倶門窯工房の瀧田項一先生をお招きし、講話を拝聴した後、倶門窯工房に移動し陶芸体験をしました。


倶門窯工房では、岩石が粘土になるまでの工程を見学しました。


陶芸体験では、烏山燦陶会の先生方指導の下、抹茶茶碗を作成しました。


普段使っている茶碗がたくさんの工程を経てできていることを知り、道具の大切さを改めて実感できた一日でした。
14:35

連絡先

栃高文連事務局

栃木県立宇都宮清陵高等学校

〒321-3236
 栃木県宇都宮市竹下町908-3
TEL 028-667-6251
FAX 028-667-7970
 

フォトアルバム

PAGE TOP