小倉百人一首かるた部会

栃高文連 小倉百人一首かるた部会
 

部会紹介

小倉百人一首かるた専門部会は、宇都宮市政100周年を記念し、「うつのみや百人一首市民大会」が開催されたのに伴い、平成9年に設立されました。各校の部や同好会等の自主性を尊重しながら、相互の親睦を図り、かるた競技の普及・発展を通して本県文化の向上に資するため、大会運営、実技講習会や読手講習会、合同練習会等の活動を行っています。発足当初5校だった加盟校も平成30年には11校となり、さらなる発展を目指しているところです。 

高校生の競技かるたの大きな大会には、近江神宮で行われる全国高等学校かるた選手権、全国高等学校総合文化祭、関東大会があります。栃木県チームは毎年のように上位に入賞し、そのレベルの高さを全国に示しています。

その他にも、蓮生記念全国競技かるた宇都宮大会やうつのみや百人一首市民大会などが開催されており、老若男女問わずかるたに親しんでいます。

 

日誌


2019/05/29

初心者実技講習会

Tweet ThisSend to Facebook | by 小倉百人一首かるた部会

 5月26日(日)県立宇都宮高等学校を会場に、令和元年度の競技かるた初心者実技講習会を参加者52名で開催しました。

 午前中は栃木県かるた協会の方から専門的な講習を受け、午後は試合形式で実践練習を行いました。宇都宮地方は最高気温35度の猛暑日となったため、2試合予定していた実践練習は一試合のみとしました。

 今日学んだことを日々の活動の中で着実に身につけ、かるた競技の楽しさ、奥深さにはまっていって欲しいと思います。




11:46

連絡先

栃高文連事務局

栃木県立宇都宮清陵高等学校

〒321-3236
 栃木県宇都宮市竹下町908-3
TEL 028-667-6251
FAX 028-667-7970
 

フォトアルバム

PAGE TOP