休業期間中の学習支援コーナー


臨時休業期間中の学習に役立つコンテンツを掲載しました。

・とちぎテレビの特別教育番組です。


・子供の学び応援サイト(文部科学省)
 

学校の所在地

〒320-8506
栃木県宇都宮市京町9番32号
TEL:028-639-2080(代表)
FAX:028-639-2083
青葉学園所在地略図
画像のクリックで拡大図が開きます

アクセス:
JR宇都宮駅からバスで約12分
JR鶴田駅からバスで約8分
関東自動車「六道」下車
東武宇都宮駅から徒歩約18分
南宇都宮駅から徒歩約15分

このホームページに掲載されている記事・写真等の著作権は、宇都宮青葉高等学園に帰属し、無断使用を禁じます。
 

相談窓口

学校全般に関する相談
 宇都宮青葉高等学園
  電話 028-639-2080  
  担当:教頭
  ◆問合せ受付時間
   9:00~16:30(平日)
 

体育施設(体育館)の貸出

体育施設(体育館)の貸出について

本校では、障害者スポーツ団体等によるスポーツ活動の振興を図るため、体育施設(体育館)の貸出を行っております。
利用につきましては本校にお問い合わせください。

◆問合せ受付時間
 9:00~16:30(平日)
 

校長室から

校長室から
2020/06/30

明日から長い7月が始まります!

| by 校長

 今日で6月が終わりです。
 5月後半の分散登校、6月前半の1時間遅れの全員登校の6時間授業、そしてその後の通常日課。めまぐるしい変化のあった一月半でした。生徒たちは、よくこの変化についてきたと思います。心も体も疲れたときはあったと思うけど、毎日の授業を前向きな気持ちで頑張ってきました。


 1年生は、この一ヶ月で立派な青葉の生徒に成長しました。7月からは、いよいよコミュニティショップで先生を相手に接客の学習が始まります。はじめはうまくいかなくても、めげずに、頑張ってほしいものです。


 さて、明日から7月ですが、授業時数を確保するために、7月31日まで授業日となります。新型コロナ感染症対策に加え熱中症対策も講じながら、充実した学校生活を送っていきたいと思います。


18:49
2020/06/12

様々な出来事と成長

| by 校長
 今日で、特別日課の一斉登校6時間授業の第2週目が終了しました。いよいよ、次の月曜日からは、完全通常日課に戻ります。
 今週までの登下校で、特に公共交通機関(特に路線バス)を利用している生徒たちには、様々な出来事がありました。現在、本校近隣のバス停に停車する路線バスは、平日でも土曜ダイヤで運行しています。また、バスの中が「密」にならないよう空いているバスに乗せるために、いつもとは違うバス停で乗降することを指導することもありました。
 そのような中、「降りるバス停を間違えた。今どこにいるか分からない。」「降りるバス停は合っていたが、いつも利用しているバス停ではないので、違う方向に歩き出してしまい道が分からなくなってしまった。」等の事案が数件発生しました。
 しかし、本校の生徒は、さすがです。このような危機的状況の時に、すぐに学校へ連絡する、近くにいる人に聞く、等の行動がとれていました。不測の出来事が起こったときに他者を頼り、安全を確保しながらリカバーしていく力は社会的自立に向け必要不可欠です。生徒たちにとっては、肝を冷やすような経験だったと思いますが、成長につながる経験にもなったのかなと思います。(ちなみに、生徒等から学校に連絡が入った場合には、場所を確認し、すぐに本校教員が現地に向かっています。)
 ただし、スムーズに登下校できるよう、バスの時間を調べ、バス停から学校までの道順を事前に確認しておくことは、交通事故に遭わないためにも大切なことですね。
19:38
2020/06/05

一斉登校6時間授業1週目、終了

| by 校長
 新型コロナウイルス感染症対策を講じながらの一斉登校6時間授業の1週目が、無事今日で終了しました。
 今週は、さっそく専門教科の授業に取り組みました。2,3年生は、久しぶりの専門教科の授業でしたが、作業着をびしっと着たことにより、一気に心のスイッチが入った感がありました。1年生も、専門教科という未知の扉を開きました。そのせいか、挨拶のしかたがこの一週間の間に著しく進化し、「おっ、青葉の生徒らしくなってきたなあ。」と思う瞬間が何度もありました。
 様々なことが一気に走り抜けるような一週間でした。今週は気温も高く、生徒たちもずいぶん疲れたと思います。土日はゆっくり休んでリフレッシュして、また、月曜日に元気な顔を見せてほしいものです。
17:21
2020/05/25

分散登校による授業 2週目

| by 校長
 今日から、分散登校による授業が、2週目に入りました。
 2週目は、授業の他に、4月に実施できなかった身体計測や聴力検査も行います。
 さらに、昼食持参です。
 昼食時、各ホームルームをお邪魔しましたが、どのホームルームも私語はなく、静かにじっくりとお弁当を味わう風情でありました。(偉い!)
 今週で、分散登校は終わり、来週は、1時間遅れの全校一斉登校となります。授業は一気に6時間授業となります。生徒の皆さんは、来週に向け、心と体をしっかりと整えましょう。
16:25
2020/05/20

分散登校による授業が始まりました

| by 校長
 今日から、分散登校による授業が始まりました。
 今日は、1年生前半クラスと2年生後半クラスが登校しました。
 先週も分散登校はありましたが、三者面談だったので、クラスメイトと会うのは1ヶ月以上ぶり。そのためか、各ホームルーム、いつもに比べ若干静か・・・かな。
 保護者の皆様には、家庭での検温、登下校の送迎など、先週に引き続きたいへんお世話になっています。学校でも、手洗いの徹底、マスクの着用、生徒下校後の共用物の消毒など引き続き感染症対策をしっかりと講じていきます。
 マスク越しにはなりますが、生徒たちの活気に満ちたにぎやかな声が少しずつ学校にもどってきました。
17:30
2020/05/01

生徒の皆さんへ ~GWは、がまんウィーク?~

| by 校長
今日の午後は、初夏を思わせるような暑さでした。
この暑さの中、水をたっぷりもらった温室の植物たちは、葉をキラキラ輝かせたいそう元気そうです。

 今週からゴールデンウィーク(GW)ですが、新聞やネットのニュースでGWを「がまんウィーク」と読んでいる記事を見かけました。まさに、みなさんもがまんのまっただ中だと思います。先の見えないがまんは、本当につらいですね。臨時休業も、5月31日まで再延長されました。
 そんなストレスフルな自分と日々どうつきあったら良いか。
    一つは、自分の気持ちを絵や文で表してみることです。うまくいくと気持ちが落ち着くし、人に見せたくなるような面白い作品ができるかも知れません。
 二つ目は、家の手伝いをすることです。いろいろな手伝いがあると思いますが、若さを生かして体力勝負の手伝いをしてみてください。お家の人に感謝されると思います。特に、2.3年生は専門教科で養った実力を発揮してください。
 三つ目は、学校から送られた課題をしっかり行うことです。計画的に課題に取り組むことで、規則正しい生活を送ることができます。
 GWが、単なる「がまんウィーク」ではなくなることを切に祈ってます。
15:35
2020/04/27

学校の様子

| by 校長
 今の学校の様子の写真を何枚かアップしておきます。

*学校の全景です。1年生、しばらくぶりの学校の姿かな。

*学校にけやきの木があるのを知っていますか?その根元にきれいなタンポポが咲いていました。

*温室の花たちも元気です。

*学校が再開し、生徒たちが通っていくのを待ち遠しく待っている校門です。
17:22
2020/04/27

生徒の皆さんへ

| by 校長
 当初の予定どおりなら、今頃は皆さんの活気溢れる声が校舎中に響き渡っているはずなのですが、新型コロナウイルスはなかなかそうはさせてくれませんでした。きっと生徒の皆さんは、今、「がまん」という言葉をかみしめながら臨時休業の日々を過ごしていることと思います。
 天気が良くても遊びに行けない、友達にも会えない。外出を自粛しなさい、「3密」を避けなさいなど、心も体もストレスで爆発しそうだ、と思っている人も多いでしょう。この「がまん」は、本当に苦しいと思いますが、自分の、そして家族などの身近で大切な人の「命」を守るために、今は必要なことです。そして、皆さんの「がまん」は、まさしく社会貢献です。人のためになっているのです。そんな「がまん」ができる青葉の生徒を、校長として、とても誇りに思っています。また、学校が再開され、友達や先生と学校で再会したとき、SNSなどでは味わえない、人と一緒にいるということのすばらしさを改めて感じることができるのではないかとも思っています。
 さて、今日、皆さんに家庭学習のための課題を送りました。近日中に皆さんの家庭に届きます。学校で授業ができない分を補えるような課題になっています。この課題に取り組みながら、規則正しい生活をおくり、学校再開にむけ心と体の準備運動を始めてください。

*こんな封筒が皆さんの家に届きます。
17:01
2020/04/10

ごあいさつ

| by 校長

ごあいさつ
           

栃木県立特別支援学校宇都宮青葉高等学園 校長 小野幸男


 世界的に新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、我が国においても改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出されるなど感染拡大防止に係る様々な対策がとられる未曽有の事態の中、本校では、237名の生徒の新学期がスタートしました。
 4月7日は、入学式が、時間の短縮、「3つの密」を避ける会場設営、参加者のマスクの着用などいつもとは違った雰囲気の中で行われました。しかし、新入生の緊張しながらもしっかりと未来を見つめるまなざしは、毎年の風景と変わらないものでした。
 4月8日は、全学年が登校し、校内放送による始業式、在校生のみ体育館に集めた離任式を行いました。久しぶりに友達や先生方と会ったためか、生徒たちはいつにも増して活気に満ちあふれていたように見えました。そのような姿を見ながら、いつものさりげない日常が、どれだけ貴重な時間であるかということを改めて実感した次第です。
 4月9日から4月22日までは、再び臨時休業ということになりましたが、学校再開後も、引き続き教育活動における生徒の安心・安全の確保を最優先に考えた学校運営を進めていきます。
 さて、令和元年度の卒業生(第2期生)の進路状況ですが、9割を超える生徒が一般企業に就職することができました。(詳細は当ホームページ就労支援「令和元年度卒業生進路情報」をご覧ください。)これもひとえに、日々の授業や実習等でご協力いただいた企業等関係機関の皆様の御理解と御協力の賜物であると考えています。ありがとうございました。
今年度の教育活動は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これまで以上の困難が待ち受けているかも知れません。しかし、我々教職員一同、生徒一人一人が夢や目標の実現に向け歩みを進めていけるよう、心を一つにして取り組んで参ります。家庭、地域、企業及び関係機関の皆様には、引き続き御協力・御支援のほどよろしくお願いいたします。


09:52