栃木県立益子特別支援学校
Mashiko special needs school

 
 

益子の四季

栃木県立益子特別支援学校へようこそ!
   
 

お知らせ

ましこ祭のお知らせ

平成30年度 ましこ祭(交流学習発表会) 
 平成30年11月3日(土・祝)、本校において「ましこ祭(交流学習発表会)」を開催致します。
 生徒から募集した作品の中から、選ばれた今年度のスローガンは・・・・
「みんなが しゅやく ましこ祭」です。
   
〇今年度の内容は、
小学部の「演技発表」
中学部・高等部の「即売会PR]
中学部・高等部の作業学習製品「即売会」
その他 ゲームや遊びを楽しめる「ふれあい広場」
児童生徒・交流校生のみなさんの「作品展示」
教職員の教材教具展、PTA主催の「スタンプラリー」などがあります。
◯今年は、栃木県心身障害者親の会のレクリエーションも併せて行われ、地域の小中学生を招待します。
◯ボランティアスクール生や、学校支援ボランティア、一般のボランティアの方々に
児童生徒支援や色々な業務の手伝いを行って頂く予定になっています。
学校、保護者、地域が連携しながら盛り立てていきますので、
ぜひたくさんの皆様にご来校頂けるようお願い申し上げます。
<お知らせ>
ボランティアとしてましこ祭に御協力いただける方を募っています。
児童生徒の見守りや、駐車場などの業務でお手伝いいただきます。
10月12日(金)までに下記の連絡先までお願いいたします。

 **栃木県立益子特別支援学校**

   ☎0285-72-4915
   fax0285-72-7895
   地域連携担当 小島 栄枝 まで
 
益特News
12345
2018/09/29

第3回ましとくボランティアスクール開催

| by 田村
 9月29日(土)に第3回ましとくボランティアスクールが開催されました。
 今回は、17名のスクール生が参加し、主に「障害の理解」についての体験を行いました。
①活動紹介「読み聞かせボランティア『わたの実隊』」
本校卒業生と、旧職員(現在聾学校職員)の中田先生が中心となって行っている読み聞かせボランティアの活動紹介がありました。イベントや施設訪問の活動の様子を話していただいたり、実際の読み聞かせをしていただいたりしました。活動場所探しや補助金申請などの大変さ、子どもたちからの反応がうれしいといったお話も聞くことができました。
 
②実習「色々な障害を体験しよう」
◎読みにくさ、手指の動かしにくさなどを、鏡文字を読んだり軍手で折り紙をすることで確かめました。初めて触る物を嫌がる人には、十分な説明が必要なことも分かりました。
 
◎車いす体験、老人体験、白杖体験
車いすの操作や乗っている人への言葉掛けについて話を聞き、実際にエレベータや段差の通行体験を行いました。後に傾く時には「こわい」という声が聞こえました。
関節を動きにくくするサポーター、重り、視野を狭くする眼鏡を付け床の上の物を拾ったり白杖を使って廊下を歩く体験をしました。

  

③手話で歌おう
日常生活で使える簡単な手話、歌に合わせた手話を体験しました。
「tomorrow」の曲に合わせた、少し難しい手話にも挑戦しましたが、短時間の練習にもかかわらず手話を良く覚えて楽しく歌っていました。
  

 昨年度スクールを修了した皆さんで作った学校支援ボランティアグループ「ぽんぽこ」の第4回の活動も併せて行われました。1名の方が参加し、体験実習の支援や準備、片付けの活動を行いました。
 今回のボランティアスクールも皆さんの興味や関心が高く、短い時間でしたが積極的に活動していただきました。
 次回のボランティアスクールは、10月24日ましこ祭の予行練習になります。どうぞよろしくお願い致します。
 ましとくボランティアスクールは、いつでも申し込みが可能です。興味がある方は、お気軽に御連絡ください。
08:21
2018/09/03

第3回学校支援ボランティア「ぽんぽこ」の活動

| by 田村
 825()2回ボランティアスクール開催に併せて、第3回学校支援ボランティア「ぽんぽこ」の活動が行われました。
 今回は1名の参加で、新学期の利用に向けて、学校図書館の本棚のほこりとり、本のシールの張り替え、表示制作、修理が必要な本の選別などを行いました。
 次回は929()に行われます。よろしくお願い致します。
 




13:42
2018/08/08

第2回学校支援ボランティア(ぽんぽこ)の活動について

| by 田村
H30年8月4日(土)第1回ましとくボランティアスクールの開催に合わせて、
昨年度のスクール卒業生から構成される「学校支援ボランティア(ぽんぽこ)」の
第2回活動が行われました。
ボランティアスクール開校式では、昨年度の様子をスライドで説明したり
昨年度覚えた手話ソング「Tomorrow」を披露しました。
その後、ボランティアスクール生と一緒に添谷先生の講話を聴き、
グループでの話し合いや発表に積極的に参加しました。
少しの時間でしたが、図書室の新刊本受け入れ作業を協力して行いました。
次回8月25日にも、図書室等の環境整備を依頼する予定です。
ぽんぽこの皆さんの熱意と、学校のニーズを合わせてよりよいボランティア活動になることを願います。
  
14:22
2018/08/08

ましとくボランティアスクールが開講いたしました!

| by 小島


 本年度もましとくボランティアスクールにたくさんの御応募をいただきました。募集にご協力いただいた地域の皆様、大変ありがとうございました。お集まりいただいた26名のスクール生と講座をスタートいたしました。
 8月4日に行われた第1回講座は、開講式と講話でした。
 開講式では、昨年度スクールを修了した皆さんで作った学校支援ボランティアグループ「ぽんぽこ」の有志による活動紹介や自己紹介を行いました。一人一人がボランティアスクールへの思いを伝え合うことができました。
    
 講話「地域連携と学校支援ボランティア」では、芳賀教育事務所ふれあい学習課 副主幹 添谷 元良 先生をお迎えしました。楽しいふれあい活動からスタートし、ボランティアや学校での活動について分かりやすく教えていただきました。グループで意見交換をしにぎやかに会話もはずみました。お互いに考えを深められたと思います。今後の活動に生かせるだけでなく、地域や社会にまで目を向けられる大変よい機会となりました。
   
 皆さんの熱意に支えられ、楽しく充実した一日となりました。

 ましとくボランティアスクールは、いつでも申し込みが可能です。興味がある方は、お気軽に御連絡ください。


11:03
2018/07/13

高等部 産業現場等における実習 報告会

| by 粟田
  711日(水)に高等部産業現場等における実習報告会が行われました。

3年生は、1週間から3週間の実習を終えて、作業内容や反省などを発表しました。

また、県東圏域障害者就業・生活支援センター「チャレンジセンター」他、実習先の事業所の方々から、実習や今後の学校生活に向けたアドバイスをいただきました。

発表を経て、自己を振り返り新たな課題を見つけた3年生、メモを取りながら熱心に聞いていた12年生は、また一つ成長したことと思います。

お忙しい中ご出席いただいた事業所の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。

                  
                 


17:14
12345

今日の給食

10月19日(金)
《おつきみこんだて》
くりごはん
みそしる
やきざかな(さんま)
しめじのあえもの
りんご
ぎゅうにゅう
 

学校所在地

栃木県立益子特別支援学校
〒321-4106
栃木県芳賀郡益子町七井3650番地
電話 0285-72-4915
Fax  0285-72-7895
(C) 2013 Mashiko special needs School
(不許複製・禁無断転載)

大きな地図で見る