学校案内バナー


 






 携帯サイトはこちら
 

カウンタ

COUNTER570012

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

5月18日(月)以降の予定について

5月18日(月)以降の予定について

 国の緊急事態宣言解除を受けて、本日の栃木県知事の記者会見等にもありましたが、県立学校の臨時休業期間を5月24日(日)までに短縮する方向となりました。これらの報道等を御覧になった生徒・保護者の皆様におかれましては、今後、予定変更があるのかなど、不安に思うこともあろうかと存じます。
 このことを受けて、本校では5月25日(月)から「学校一部再開」といたしますが、5月18日(月)から29日(金)までの生徒の登校日・登校時刻・実施教科等につきましては、現在ホームページでお示ししている通りの実施(変更なし)といたしますので御理解の上、再度御確認くださいますようお願いいたします。
 
 生徒は、毎朝検温を実施し健康調査票に記入するとともに、登校にあたっては健康調査票の持参、マスクの着用等をお願いします。また、原則として保護者送迎での登下校をお願いいたしますが、やむを得ず公共交通機関を利用する場合は十分感染防止対策を取った上での登下校を引き続きお願い申し上げます。
 なお、発熱または風邪のような症状がある場合は絶対に登校しないようにお願いいたします。

 なお、今後変更等が生じましたら速やかに一斉メールやホームページでお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。
 

5月18日(月)以降の登校日について

5月18日(月)以降の時間割を掲載します。確認をして、準備をするようにしてください。

【5月18日(月)~22日(金)の週の各自の登校日・時間】




【5月25日(月)~29日(金)の週の各自の登校日・時間】





表が見えない場合には、下記のリンクからPDFファイルをダウンロードすることができます。
 

学校再開に向けた段階的な学習活動の開始について

 令和2年5月8日

<学校再開に向けた段階的な学習活動の開始について>

 令和2年5月4日に決定した国の緊急事態宣言延長を受け、県立学校の臨時休業は、5月31日まで延長されました。そのような中で文部科学省では、「学校における感染リスクをゼロにするという前提に立つ限り、学校の再開は困難であり、このような状況が長期間続けば、生徒の学びの保障や心身の健康などに関して深刻な問題が生じることになる。」とし、「社会全体が、長期間にわたりこの新型コロナウイルスとともに生きていかなければならないという認識に立ち、その上で、生徒の健やかな学びを保障することとの両立を図るため、学校における感染及びその拡大リスクを可能な限り低減しつつ段階的に実施可能な教育活動を開始し、その評価をしながら再開に向けての取組を進めていくという考えが重要である」としています。   
 本校としても、こうした考えを踏まえ、学校再開の準備期間として、担任による面談(教育相談や進路指導)や課題の回収、学習指導等を段階的に実施し、分散登校(生徒が複数のグループに分けた上でそれぞれが限られた時間、日において登校する方法)などの工夫
により、臨時休業中の学びの保障を実現したいと考えています。ただし、現在も新型コロナウイルス感染症が収束しているわけではないということ、また、ひとつの教室に40名前後の生徒が入ることで感染拡大の可能性があることなどから、クラスを2分割した時差登校とし、生徒の机間をできるだけ取れるように1クラス20名前後で実施させていただきます。
 具体的には、5月11日(月)~15日(金)の週は一人1回、半日の登校とし、ホームルームにおいて生徒の生活や学習状況の把握、副教材・シラバスの配布、必要に応じて面談等を実施いたします。多くの教科の副教材等が配布され、かなりの量になりますので大きめのバックなどを持参するようにしてください。
 5月18日(月)~22日(金)の週は1回、5月25日(月)~29日(金)の週は2回、いずれも半日の登校とし、家庭学習の補充を含めた教科等の学習指導を予定しています。
 つきましては、5月11日(月)~15日(金)の週の各自の登校日・時間は、下記に掲載しますので御確認をお願いいたします。同じクラスの生徒でも集合時刻が異なりますので、登校日・時間をよく確認していただくとともに、登校の際にはマスク着用等、感染防止に努めるようにしてください。なお、5月18日(月)以降の登校日につきましては、改めての御連絡とさせていただきます。
 電車やバス等の公共交通機関を利用しなければならない通学は、生徒や保護者の皆様の抱える不安は大きいものと十分認識しております。生徒の登校につきましては、徒歩や自転車並びに保護者送迎を原則としますが、保護者送迎等が困難でやむを得ず公共交通機関を利用せざるを得ない場合は可能な限りの感染防止対策を講じていただき、無理のない登校をお願いいたします。なお、登校ができない生徒は、あらかじめ担任へ御連絡くださいますようお願いいたします。やむを得ず出席できなかった生徒につきましては、事後指導や課題配布、電話連絡等、学習機会の確保に努めてまいります。
 また、発熱等風邪のような症状がある場合は、登校を控えていただけますようお願いいたします。

 状況により予定の変更等をお願いすることも想定されます。なお、変更がある場合は、一斉メール配信およびホームページにてお知らせしますので随時御確認をお願いいたします。


【5月11日(月)~15日(金)の週の各自の登校日・時間】


表が見えない場合には、下記のリンクからPDFファイルをダウンロードすることができます。
【5月11日(月)~15日(金)の週の各自の登校日・時間】.pdf
 

県立高等学校臨時休業の再延長について

令和2年5月1日
生徒・保護者の皆様へ 
栃木県立壬生高等学校
校  長    小峰 重雄

県立高等学校臨時休業の再延長について

 新型コロナウイルス感染症対応につきましては、様々なるご配慮とご理解、ご助力をいただき感謝申し上げます。
 ご承知のとおり、4月30日夕刻、栃木県知事および教育長の記者会見があり、県立高等学校の5月31日までの臨時休業再延長が提示されました。
 県内および関東各都県の感染状況が依然として予断を許さない状況が続いていることからも、壬生高等学校も下記のとおり臨時休業を再延長させていただきますので、早急にお知らせいたします。
 保護者の皆様におかれましては、さらなる休業延長により多大なる御不安や御心配をおかけいたしますが、引き続き各ご家庭におけるお子様の生命と健康を守る行動とご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。
                  記

1 「臨時休業期間」   5月7日(木)から5月31日(日)まで

2 「部活動について」  臨時休業中の活動はすべて中止といたします。
(対外練習試合、県内外遠征等を含む全ての部活動の中止)

3 「学習課題関係」   課題提供は、一斉メール、HP、課題郵送により提示
※5月8日に全校生徒に課題等郵送予定です。
※学習評価等について課題の評価や補完的指導等により弾力的に対応して参ります。

4 「とちぎの子どもの『学びの保障』に向けた応援サイト(栃木県教育委員会)」について
 栃木県教育委員会で臨時休業長期化を踏まえた学びの保障対策として、「生徒向け学習番組「テレビスクールとちぎ(とちぎテレビ)」を制作しました。5月2日から5月6日放映、本校のHPをご覧いただき、是非視聴してみてください。(学校HPにもリンクを掲載しています)

5 「修学旅行の延期について」
 11月実施予定の修学旅行ですが、現況下では中止せざるを得ない可能性がでてきました。実施できないことが確定してから延期を検討しても、新幹線や宿舎の変更等が相当困難であること、キャンセル料発生等も含め、中止の選択肢しかありません。これらのことを鑑みて、修学旅行の日程について下記の通り変更させていただきます。この変更日程でも、依然として安全確保ができない場合は、辛くも中止の判断をさせていただきますので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
 保護者の皆様には詳細について改めて通知いたしますので、ご理解、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

変更前:令和2年11月10日(火)~13日(金)3泊4日
変更後:令和3年 2月16日(火)~19日(金)3泊4日

※ 臨時休業の再延長、長期化にともない、引き続き学習課題郵送のお知らせや、お子様たちへのメッセージ等を配信させていただく予定です。臨時休業期間中、担任からご家庭への電話連絡や一斉メール配信、ホームページからのお知らせを頻繁に行わせていただく予定です。ご確認をよろしくお願い申し上げます。
 

「緊急事態宣言」を受けての県立高等学校臨時休業の延長について

令和2年4月17日
保護者の皆様へ 
栃木県立壬生高等学校
                 校  長    小峰 重雄

「緊急事態宣言」を受けての県立高等学校臨時休業の延長について

 新型コロナウイルス感染症対応につきましては、様々なるご配慮とご理解、ご助力をいただき感謝申し上げます。
 ご承知のとおり、4月16日夕刻、国が全都道府県を対象とする「緊急事態宣言」を発するに至りました。これを受けて本日の知事記者会見、栃木県もさらなる方針変更を行い、県立高等学校の臨時休業も下記のとおりとなりますので、緊急にお知らせさせていただきます。
 保護者の皆様におかれましては、お子様の学業の遅れや運動不足等多々ご懸念なさる心境と思いますが、何よりも尊く、大切な命を守る観点より、引き続き各ご家庭におけるお子様の健康観察、運動・学業の推進に引き続きご注力をくださいますようお願い申し上げます。



1 4月23日(水)から2週間程度を「臨時休校期間」とします(5月6日(水)まで)。

2 臨時休業期間中は、生徒の健康・安全を最優先とし登校日等の設定ができません。
  なお、個別の登校等もできません。

3 部活動について、臨時休業中の活動はすべて中止といたします。(対外練習試合、県内外遠征等を含む全ての部活動の中止)

4 授業日数減による学業不安について、学校でも課題提供・指示(一斉メールやHPにより)に注力していきます。学習評価等についても課題の評価や補完的指導等により弾力的に対応して参ります。

5 「臨時休業期間」も残念ながら長期化しております。
  お子様方も、この感染拡大状況や緊急事態宣言、長期の学校休業により不安や恐怖、精神的にかなり不安定になっていると思われます。
  学校においてもお子様たちへ情報提供やメッセージ発信を実施していくつもりです。保護者のみなさまには、引き続き感染防止の徹底策の実践をご指導いただくとともに、お子様のメンタル・ケアを是非よろしくお願いいたします。


※ 臨時休業延長にともない、あらたな学習課題のお知らせや、お子様たちへのメッセージ等も配信させていただく予定です。
  なお、急遽変更や撤回をお願いすることも想定されますので、臨時休業期間中は、一斉メールやホームページでのご確認をお願い申し上げます。
 

「新型コロナウイルス感染症」への対応について

令和2年4月8日
保護者の皆様へ 
栃木県立壬生高等学校
校  長    小峰 重雄

「新型コロナウイルス感染症」への対応について

 標記の対応につきましては、様々なるご配慮とご理解、ご注力をいただき感謝申し上げます。ご承知のとおり、4月に入り感染のオーバーシュート等、状況は深刻化するばかりであり、国が7都府県(東京、埼玉、千葉、神奈川等)を対象に「緊急事態宣言」を発するに至りました。これを受けて、東京、埼玉の通勤圏にあり、首都圏との交流も深い栃木県としても、方針変更を行う事となりました。
 つきましては、今後、県立高校の教育活動も、以下の方針や留意の下となります。保護者の皆様におかれましても、各ご家庭におけるお子様の健康観察、運動・学業の推進に引き続きご注力をくださいますようお願い申し上げます。
       


1 4月8日(水)始業式の翌日から2週間程度を「臨時休業期間」とします(4月22日(水)まで)。

2 臨時休業期間中は、生徒の健康・安全を最優先とし登校日等の設定はありません。なお、個別の登校等も自粛してください。

3 部活動について、臨時休業中の活動はすべて中止といたします。(対外練習試合、県内外遠征等を含む全ての部活動の中止)

4 「臨時休業期間」のお子様の健康観察をこまかく実施いただき、適度な運動の励行、不要不急の外出を極力避けさせ、苦難の中の心の問題、ケアを是非お願いいたします。



 予定していた新年度行事が中止や延期になってしまう事、改めてお詫び申し上げます。ご承知の通り、首都圏を中心とした新型コロナウイルス感染拡大の深刻な現況と、今後についても厳しい予測もございます。学校に通えない壬生高生、生徒のいない学校、教師として心も痛み、あらためて現況の深刻さを感じます。しかし、この苦難の時だからこそ、われわれ壬生高等学校教職員と、自宅で学習する壬生高生と共に頑張っていこうと思います。本校も今後の対応等、専心して参りますので、保護者の皆様方におかれましても本校と密なる連携と協働をよろしくお願いいたします。
 なお、急遽変更や撤回をお願いすることも想定されますので、臨時休業期間中は、一斉メールやホームページでのご確認をお願い申し上げます。