ごあいさつ

  
  校長 軽部 幸治

 こんにちは。ようこそ、栃木県立真岡高等学校のホームページにいらっしゃいました。
 本校は、今年、創立120周年を迎える歴史と伝統のある高校です。1900年(明治33年)4月、栃木県第三中学として開校し、「栃木県立真岡中学校」(1901年~)、「栃木県真岡高等学校」(1948~)を経て、1951年(昭和26年)から「栃木県立真岡高等学校」として今日に至っています。SLが走り、その姿をそのままに駅舎とした真岡鐵道「真岡駅」の西方、白布ヶ丘と呼ばれる高台に約5万5千平方メートルの広大な敷地を有して本校はあります。
 創立以来の基本精神である「至誠」(人を欺かず、また己を欺かず、自己の良心を尊び、その善を信じることは必ず実行することに努力し、かつ、人の悪口は言わず、また、自己の善を吹聴せざること)、そして、「質実剛健」、「文武両道」は本校に脈々と受け継がれる伝統であり、人づくりの拠り所となっています。数多くの有為な人材を輩出し、同窓生諸氏は日本のみならず海外でも活躍をしています。
 全日制は男子のみの5クラスで、「県東芳賀地区の雄」として、名実ともに栃木県有数の進学校として不動の地位を築いていますが、毎年難関大学にも多くの合格者を出す高校として知られているだけではなく、部活動や学校行事にも積極的に取り組む文武両道の「日本一熱い男子校」を目指して励む高校です。定時制は男女共学の1クラスで、昼間はアルバイトなどの仕事を通じて社会とつながりつつ、なお向学心に燃える生徒たちが学んでいます。ほとんどの生徒が、県内定時制の中でも抜群の出席率を維持しながらも学習や部活動に励み、昨年度も、就職内定100%を県内のどこよりも早く達成するなど、優れた先輩たちが作ったよき校風があります。また、今年度から県内初の夕夜間制度が導入され、多様な学びに対応する「日本一元気な定時制」を目指しています。
 本校は、数多くの有為な人材を輩出しています。本校のみならず、本県全体の高校教育に、育英会事業を通じて大きく貢献されている「巴コーポレーション」創始者である野澤一郎氏、OA機器専門商社を創業し、社員数7,000人近い大企業に成長させた大塚実氏など、多くの同窓生は地域社会はもとより国内外、各界で活躍なさっています。
 今後とも、教職員一同、生徒一人一人の個性や人格を大切にし、常に生徒を中心に置いた教育の実現に努力してまいります。これからも真岡高等学校の情報を、ホームページを通じて、地域の皆様、中学生や保護者の皆様に発信して参りますので、引き続き、本校への御協力と御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。