今日の給食 >> 記事詳細

2021/09/02

9月の給食【定時制】

| by 定職員
9月30日(木)
   
今日の主菜は、豚肉の生姜焼きでした。厚切りの豚肩ロースを特製の生姜タレに漬け込み、香ばしく焼き上げました。お肉はとても柔らかく、玉ねぎも甘くて、美味しかったです。炒め物は、なすとピーマンを一度素揚げして作りました。照りがきれいなこってり味で、ご飯がすすみました。山梨県産の大きな巨峰はとても甘く、秋の訪れを感じることができました。

9月29日(水)
   
今日のメインは、カレーうどんでした。食堂に入る前から、外までカレーの良い匂いがして、食欲をそそられました。たっぷりの野菜と豚肉が入ったとろとろのカレースープは、コクと旨味がたっぷりでした。和風ツナサラダは、角切りにした野菜とツナをマヨネーズと白だしで和えました。彩りがきれいで、楽しく食べられるサラダでした。

9月28日(火)
   
今日の主菜は、たらのムニエルでした。身がしっとりしていて、口に入れるとバター醤油の風味が口いっぱいに広がりました。キムチスープは、卵がふわふわで、ピリッとした辛さとキムチの旨味があとをひく美味しさでした。牛肉の炒めものは、野菜の色がとてもキレイで食感もよく、見た目でも楽しめました。

9月27日(月)
   
今日の給食は、人気の丼メニューでした。ボリューム満点の中華丼は、旨味たっぷりで、本格的でありながらとても優しい味でした。彩りも良く、それぞれの具材の食感を楽しみました。ベルギーワッフルは初めて提供しましたが、バターの風味が豊かなしっとり食感で、生徒たちから人気でした。

9月24日(金)
   
   
福岡かしわめしは、茶飯の上に、れんこん入りの鶏そぼろ、鶏肉の照り焼きなどの具材を乗せました。味のバランスと彩りがよく、とても美味しかったです。太平燕は、熊本県の郷土料理で、具沢山で野菜の旨味がたっぷりでした。
カステラは、厨房で手作りしました。しっとり感とハチミツの香りがたまらない、とても美味しいカステラで、大好評でした。

9月22日(水)
   
今日の主食は、秋の味覚である3種類のきのこがたっぷり入った、風味豊かなかやくごはんでした。きのこの香りが絶品で、鶏肉や人参も入って、とても美味しかったです。ぶりの塩焼きは、脂が乗った肉厚のぶりを使用しました。ほぐれるように柔らかく、ぶりの旨味を存分に味わえました。今日も食べ残しは少なく、みんなよく食べてくれました。

9月21日(火)
   
本日は、『十五夜メニュー』ということで、お月様に見立てた目玉焼きがうれしい月見バーガーが提供されました。とろっと半熟の黄身がソースと合わさり、バンズに絶妙に染みてとてもおいしかったです。また、手作り豆腐ハンバーグは、さっぱりしつつも物足りなさを感じさせず、大満足の一品でした。
中秋の名月に満月が重なるのは、なんと8年ぶりだそうです。今夜は夜空を見上げて、お月見を楽しみましょう。

9月17日(金)
   
鶏肉の塩麹焼きは、塩麹、味噌、みりんを使用し、コクと旨味をだしました。照りがきれいで柔らかく、とても美味しかったです。炒り豆腐は名前の通りの具だくさんで、生徒好みの甘めの味付けでした。わかめごはんは毎回人気があり、今日はたくさんの生徒が食べに来ました。

9月16日(木)
   
今日のメインは、ケチャップナポリタンでした。玉ねぎとピーマン、ウインナーたっぷりの具に太めのスパゲティが絡み、甘めの味付けが生徒に人気でした。サラダは、色とりどりの豆とキャベツの食感が良く、すりごまの香りとレモンの酸味が合って、とても美味しかったです。今日は全体的に食べ残しがとても少なく、みんなよく食べてくれました。

9月15日(水)

   
さばのおろしぽん酢は、さっくり揚がった肉厚のさばの上に、さっぱり味で調味したおろしぽん酢をかけていただきました。ごましゃぶサラダは、しっとり柔らかい冷しゃぶと緑野菜が相性抜群で、暑い日にピッタリのサラダでした。今日もおいしい給食でしたが、和食(魚料理)だったためか、いつもより喫食率が低かったです。

9月14日(火)

   
今日の主菜は四川風麻婆豆腐でした。豆板醤や甜麺醤、唐辛子や山椒など、たくさんの調味料を使用して作りました。食べやすい辛さなのに、味にコクと深みがあって、本格的なひと皿でした。もずくの酸辣湯は、辛みと酸味をきかせたスープでしたが、「酸っぱかった!」という感想が多く、食べ残しも少しあり、残念でした。

9月13日(月)
   
今日のメインはカツカレーでした。サクサクのヒレカツと、具材が大きめにカットされたカレーはとても食べ応えがありました。カレーはやはり人気メニューで、喫食率が高く、食べ残しもほとんどありませんでした。栃木県産の梨は甘く、秋の味覚を楽しみました。

9月10日(金)
   
今日のメインは、最近よく聞く「シビ辛」味の豚丼でした。シビ辛は、「麻辣(マーラー)」と呼ばれる四川料理の味付けで、麻(マー)=花椒を使ったシビれ、辣(ラー)=唐辛子を使った辛みをいいます。多くの香辛料を使用し、なかなか攻めた味付けでしたが、美味しかった!という声がとても多く、食べ残しもほとんどありませんでした。

9月9日(木)
   
鮭ときのこのホイル焼きは、たっぷりのきのこ類と玉ねぎをのせ、1つ1つ丁寧に包んで蒸し焼きにしました。ホイルを開けた瞬間、きのことバターの香りが広がって、とても美味しかったです。マカロニの梅マヨサラダは、梅のさっぱりとした酸味が後を引く美味しさでした。

9月8日(水)
   
今日のメインは、人気の麺メニュー、焼きそばでした。3種類のソースを使用し、隠し味に天かすを入れて、コクと旨みをアップさせました。たくさんのシャキシャキ野菜と相まって、とても美味しいひと皿でした。じゃこカツフライは初めて提供しましたが、小魚のすり身の食感と甘味が新しく、とても好評でした。

9月7日(火)
   
チキンチャップは、野菜をケチャップやウスターソースで煮絡め、酸味を飛ばして仕上げました。鶏肉の旨味とソースの甘みでご飯がすすみ、とても美味しかったです。切り干し大根は、ゆでるとシャキシャキ感が増し、春雨や大根の代わりとしてサラダでも大活躍できる食材です。栄養価も高く、和風でも洋風でも合うので、家庭でもぜひお試しください。

9月6日(月)
   
今日の主食は、今も昔も給食では大人気の揚げパンでした。コッペパンの表面を軽く揚げて、ココアとグラニュー糖をまぶしました。モロのピザ焼きは、モロの上にピザソースと野菜、チーズを乗せてこんがり焼き上げました。あっさりしたモロとチーズは相性抜群で、彩りもよくとても美味しかったです。チャウダーは具だくさんで、野菜の旨味を存分に味わえました。

9月3日(金)
   
今日の主菜は、鶏肉の塩から揚げでした。普段の唐揚げをちょっと変えて、下味に醤油を一切使用せずに、塩と黒こしょうで味付けしました。鶏独特の臭みを感じることなく、さっぱりとした風味でいただくことができました。和えものは、ピーナッツのコクと旨味が、みずみずしい野菜とよく合い、彩りもよく美味しかったです。

9月2日(木)
   
今日から2学期の給食がスタートしました。
ハヤシライスは、たくさんの玉ねぎをじっくり炒め、2種類のルウやトマト、バター等を入れて、長い時間煮込んだので、コク深い味わいで、とても美味しかったです。

今学期も引き続き、感染症予防対策を徹底し、給食を実施します。久しぶりの給食でしたが、生徒たちは緊張感を持ち、しっかりルールを守って、とてもスムーズに食べてくれました。今後もご協力をよろしくお願いします。
19:22

月間献立表



過去の献立表はこちら
令和3年度9月月間献立.jpg