校長あいさつ

ごあいさつ

栃木県立真岡北陵高等学校 

 校長 押久保 徹 

 この度は、栃木県立真岡北陵高等学校のホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。

 今年度2年目を迎える校長の押久保です。よろしくお願い申し上げます。

 本校は明治41年4月30日、芳賀郡市における農村指導者の育成を目標に、栃木県芳賀郡立農林学校として開校しました。当時の公立の農学校としては、現在の宇都宮白楊高等学校、栃木農業高等学校に次いで3番目に古い歴史を誇っています。大正12年には、県立への移管に伴って、栃木県立真岡農学校と校名が改称され、将来の大規模農業経営に対応するため、大規模農場を有する農業高校として生まれ変わりました。昭和43年には工業科の分離・創立に伴って、新校舎が完成して現在の地である真岡市下籠谷に移転しました。

 しかし、平成7年、社会情勢の大きな変化と地域産業が求める人材の変容に伴って、新しい時代のニーズに合った高等学校として学科再編され、校名も栃木県立真岡北陵高等学校と改称されました。設置学科も、農業、商業、福祉の大学科3科編成となり、小学科として農業科の生物生産科・農業機械科・食品科学科、商業科の総合ビジネス科、福祉科の教養福祉科の5学科を有する総合選択制の専門高校です。本校は真岡市を中心とした芳賀地区における産業教育の中枢を担う拠点校として、重要な役割を果たしています。今年は創立111周年を迎える年にあたります。

 本校の教訓は、「今日あるを感謝し、最善を尽くす」です。この精神のもと、日々、生徒達は学校生活が充実したものとなるよう一日一日を真剣に取り組んでいます。この精神により、生徒活動にも着実に努力の成果が現われております。その一つとして、教養福祉科の生徒たちは、この5年の間に4年は介護福祉士の国家資格に全員合格しています。また、各専門学科は地域との連携事業を積極的に行っており、特に食品科学科で取り組んでいる地域特産のイチゴを使った「いちご飯」の開発は、地元の農政課や商工観光課、企業等から大きな反響を得て、連携事業として大きな成果をあげています。

 さらに部活動においては、ライフル射撃部が毎年全国大会やインターハイにおいて輝かしい成績を残していますが、昨年度は5月に岐阜県で行われた全日本ジュニアビームライフル射撃選手権大会において、女子団体が優勝し、関東高校ライフル射撃競技大会でも女子ビームライフル団体で大会新で優勝し、個人でも優勝と3位入賞と素晴らしい成績を収めました。さらに、7月に行われた全日本ライフル射撃競技選手権大会においても、ビームライフル個人で優勝を果たしました。また、文化部においては、吹奏楽部や写真部各種のコンクールで実績をあげています。各部活動とも放課後は活気ある声とともに熱心に取り組む生徒たちの姿があり、今年度の活躍を大いに期待させます。

 本校は学校行事も多彩であり、体育祭や学校祭をはじめ、芸術鑑賞会、持久走大会、各専門学科による研究発表会などが行われ、生徒は自主性を持って全力で取り組んでいます。さらに、本校の位置する真岡市は、広大な関東平野が広がる県東部にあり、農業・工業・商業が古くから発展し、産業構造のバランスがとれており、産業教育を推進する上で大変恵まれた環境にあります。

 このように、本校の生徒たちは、緑豊かな校舎と充実した施設・設備の中で「文武両道」を目標に、日々充実した学校生活を送っています。地域の皆様には、今後とも真岡北陵高等学校に対する一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げ、挨拶といたします。