栃木県立真岡北陵高等学校 
今年度は創立112周年。伝統を生かし新たな歴史を刻みながら成長します。
    ~「I+1」 アイ プラス ワン   今の自分より更に前へ進もう 魂に汗をかく~  
       
                                                   
                      
 

お知らせ

農場シクラメン 金賞受賞


第3回和牛甲子園優良賞
 
 
 
 

制 服


 

校 訓


 

チラシ

 

こもれび坂

 
 

緊急連絡 があればこちらに表示します。

 

学校日誌

日誌
12345
2020/01/27new

東京PRイベント「もおか”いちご”フェスタin有楽町」

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品科学科
「もおか”いちご”フェスタin有楽町」に参加してきました。
令和2年1月25日(土)有楽町駅前広場において、食品科学科の1・2年生計10名が「もおか”いちご”フェスタin有楽町」に参加しました。
 当日は、食品科学研究部の生徒がアイディアを出して商品化したパンと杏仁豆腐の販売を行う他、ステージ発表では、真岡北陵高校やいちごサミットについてのPRを生徒たちが行いました。

               
18:00 | 報告事項
2020/01/27new

先進地見学を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品科学科
食品科学科1年生が先進地見学
1月27日(月)に食品科学科1年生が先進地見学として、茨城県にあるトモヱ乳業様とキューピー五霞工場様を見学させていただきました。
トモヱ乳業様では牛乳、加工乳、乳飲料の違い、(たとえば「コーヒー牛乳」は2003年から「コーヒー入り乳飲料」が正しいなど)や、牛乳のパックにはユニバーサルデザインとして切り欠きがある、果実断面をパッケージに表示できるのは100%果汁の飲料であることなど、専門性を高めるきっかけを得られたのではないでしょうか。大変お世話になりました。


続いて、キューピー五霞工場様ではマヨネーズがどのように製造されているのか、実際に工場のライン見学を通して学習させていただきました。割卵機の考え抜かれたデザインをはじめ、星形の口がどのように作られているのか等、感動した生徒も多かったのではないでしょうか。大変お世話になりました。
16:30
2020/01/27new

パン製造実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品科学科
パン製造実習
1月23日(木)、総合実習の時間に食品科学科2年生がパンの製造実習を行いました。
生地を分割し、ベンチタイムの後、俵型に整形。2次発酵の後焼成してできあがりです。焼き上がったパンは半分に分割して持ち帰りました。2年生のみなさん、試食した結果はいかがでしたか?

  
15:00
2020/01/27new

カラス対策

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
カラス対策
最近、カラスが自転車のサドルをいたずらして中身を出されるという被害が多数ありました。対策としてカラスの模型、キラキラ光るCDなどをぶら下げてカラス除けの対策をしています。どれくらい効果があるか今後調査をすすめているところです。
            
14:00
2020/01/27new

冬の「生け花」

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
校内では、正面玄関や生徒昇降口に、華道部による冬の生け花が飾ってありますので、気づいたら立ち止まってご鑑賞下さい。
   
   
08:00
2020/01/23new

大内西部地区 地域マップ作りに参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 1月19日(日)、真岡市社会福祉協議会主催「大内西部地区地域マップ作り」に、教養福祉科2年生と介護福祉科1年生が参加しました。
 この事業は、生活支援体制整備事業(大内地区)の事業の一環になります。今回は、大内西小学校の5・6年生と保護者の方々、大内西部地区の地域役員の方々、大内西部地区の福祉施設の方々、地域包括支援センターの職員の方などが参加して行われました。
 自分たちが住んでいる地域マップを広げ、地域資源や災害時の対応について話し合いを行いました。


         
15:00
2020/01/23new

油中水滴型エマルションの実験(ガナッシュ・生チョコ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品科学科
1月22日に食品科学科1年生が食品化学・食品製造の授業で油中水滴型・・・以前に投稿した乳化の実験(マヨネーズ)は水中油滴型エマルションでしたが、その逆・・・
油中水滴型エマルション、油の中に水滴が分散した状態について実験・観察を行いました。

  

クーベルチュールチョコレート(主成分油脂)を湯煎し、電子レンジで軽く沸騰するまで加熱した生クリーム(乳化剤と水分)とバターを流し込み(温度が重要)ゆるやかにかき混ぜて行くと、最初は混ざりませんが、しだいに混ざり合う、この状態にしたものは、製菓では「ガナッシュ」になります。そして、これを冷やせば「生チョコ」になります。
生チョコが柔らかい理由についても理解できたでしょうか。

09:00
2020/01/22

起業家精神育成事業成果発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
令和2年1月21日(火)、令和元(2019)年度「起業家精神育成事業成果発表会」(於:栃木県庁)が開催され、本校の農業機械科の『高齢者の心楽しむ「真岡木綿」製品の開発~耕作放棄地に綿の種を~』についての発表を行いました。成果発表の他、成果物等展示ブースでの説明やパネルディスカッションがあり、各学校との交流し理解を深めました。
  
10:00
2020/01/22

鶏卵の性質・製菓実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品科学科
1月20日には食品科学科2年生が、21日には3年生が鶏卵の性質・製菓実習としてガトーショコラの製造を行いました。
    
チョコレート・バターを湯煎して溶かします。 ガトーショコラの食感は鶏卵の持つ「発泡性」により得られます。鶏卵は卵黄と卵白に分ける「別立て法」で泡立てます。
    
最後に混ぜてデコ缶に入れ、焼成すればできあがりです。

まもなく焼き上がり・・・

09:00
2020/01/20

第3回和牛甲子園 優良賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
 第3回和牛甲子園 で優良賞
和牛甲子園とは、JA全農が主催し、全国から和牛肥育部門を学ぶ”高校牛児”が集い、常日頃の飼育管理と和牛の枝肉評価を競う大会です。今年は1月16日(木)17日(金)、東京都中央卸売市場にて国30の農業高校が集い、本校の生物生産科3年生2名が参加してきました。
結果、枝肉評価部門において、BMS12になり優良賞を受賞することができました。レベルの高い競技会で、優良賞を受賞出来たことを励みに、今後も日頃の飼育管理に励みたいと思います。
   
09:00
12345

連絡先

郵便番号 321-4415
住  所 栃木県真岡市下籠谷396
電話番号 0285-82-3415
F A X   0285-83-4634 
 
 

生徒の活躍

アンサンブルコンテスト     

  東関東大会に出場!
【吹奏楽部】第51回栃木県大会

打楽器三重奏で「金賞」
茨城国体出場
【ライフル射撃部】

ビームライフル少年男子立射30発
 祝 準優勝 野沢 勇翔

ビームライフル少年男子立射60発
第6位 野沢 勇翔 163.2点

ビームピストル少年女子立射60発
第9位 黒川 真希 527点
令和元年度 関東大会出場
【農業クラブ】
 関東地区学校農業クラブ連盟大会
 8月23日(金) 神奈川県
【福祉科】
第3回関東地区高校生介護技術コンテスト
 8月24日(土)群馬県

 

北陵高校の生産物販売シンボルマーク

 

介護福祉科のイメージキャラクター

 
  いずみちゃん
 

 

  農業部会へのリンクはこちら
 

携帯からの閲覧

真岡北陵高校
同サイトのQRコードです

携帯で読み取り、
アクセスしてください

 

カウンタ

訪問者数222330