生物生産科

生物生産科

学科紹介

 真岡市周辺の農業は、首都圏に近いという有利な立地条件を生かし、水稲、施設園芸、畜産とバランスのとれた農業経営が行われている。なかでも真岡・二宮地区のイチゴ栽培、真岡市中村地区のメロン栽培は歴史も深く、全国有数である。

 これらの地域の要請に応えて、自立経営のできる専業農家の後継者教育を中心としながら、時代の変化に対応できる農業教育を推進するため、土地利用型農業として、水稲・酪農、集約的農業として、イチゴ・メロン及び草花等を農業学習の中心に据え、農業教育を推進している。

学科目標

 栽培・飼育などの農業生物の生産及び経営に関する知識と技術を習得させ、農業経営者及び農業にかかわる業務に従事する者として必要な能力と態度を育てる。
必修専門科目

取得できる資格・検定

作物・草花・野菜・畜産・果樹
危険物取扱者(丙種・乙4種)、毒劇物取扱者(農業)・ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、簿記検定、園芸検定、大型特殊自動車運転免許(農業用)