生物生産科

生物生産科

【学科紹介
 真岡市周辺の農業は、首都東京から100km圏内に属した有利な立地条件を生かして、水稲、施設園芸、畜産とバランスのとれた農業経営が行われている地域です。特に、イチゴやメロン栽培などが有名で、イチゴにおいては国内トップクラスの産地となっています。
 本校では、約163,000広大な実習圃場を有しています。生物生産科では、緑豊かな農場で、水稲・露地野菜および施設野菜・果樹・酪農・肉牛および養豚など、農業におけるあらゆる分野の学習ができます。



【学科目標】
 植物の栽培・家畜の飼育など農業生物の生産及び経営に関する知識と技術を習得し、農業経営者および農業関連産業に従事できる者として必要な能力と態度を育てる。

授業内容】
〇作物
イネの栽培を中心に、トウモロコシやサツマイモなどの栽培について学習します。

    
〇野菜
トマトやイチゴなどの温室を使用する野菜栽培、キャベツやブロッコリーといった露地圃場での野菜栽培について学習します。

  

 〇果樹

ナシやブドウを中心に、果樹の栽培管理について学習します。

  

 〇草花

シクラメンなどの鉢花、パンジーやサルビアなどの花壇苗の栽培について学習します。

  
〇畜産

乳牛・肉牛・豚の飼養管理について学習します。

    

【カリキュラム】


【資格取得】

日本農業技術検定

3級フラワー装飾技能士

危険物取扱者(丙種・乙種)

ワープロ検定

大型特殊運転免許(農業用)

毒劇物取扱者(農業)

ガス溶接・アーク溶接

小型車両系建設機械

 


  

   3級フラワー装飾士課題

 

 

生物生産科より

生物生産科より
12345
2022/05/25

花ごよみ

| by 生物生産科

 シクラメンの用土作り

 本年度のシクラメンの鉢替えが始まります。その準備として、用土作りの実習をしました。シクラメンの用土は、腐葉土や赤玉土など数種類の用土を混ぜて、土壌消毒をして使用します。
 良いシクラメンを育てるために、専攻生が頑張りました!

 
17:09
2022/03/31

花ごよみ

| by 生物生産科
 NFD全国高校生フラワーデザインコンテスト 銅賞受賞

 全国高校生フラワーデザインコンテスト(フォト)に、生物生産科1年生の大塚夢来さん、野沢結貴さんが出品しました。真岡市のキク農家さんのご協力のもと、たくさんのキクを使った作品を制作しました。
 コンテストのテーマは多様性。多様な品種があるキクを使って、現代的な作品に仕上げました。
 
野沢さんの作品は、見事銅賞を受賞しました!!

          大塚夢来さんの作品


          野沢結貴さんの作品

12:00
2022/03/03

果樹だより

| by 生物生産科
ナシとブドウの[整枝・せん定]を進めています

今年度も多くの果実を収穫できたナシやブドウの春の準備をしています。
せん定とは「枝を切る作業」のことで、整枝はせん定することによって樹形を「果実生産にとって都合のよいようにする」ことを言います。
写真のように1年で多くの枝が伸び、今年の秋にまた多くの果実が実るように、整枝・せん定をしています。
また春に花が満開となり、生徒達と一緒によりよい果実を収穫できるよう、愛情込めて生産していきたいと思います。


  せん定前の樹(ナシ)        せん定後の樹(ナシ)        切り落とした枝

17:00
2022/02/25

花ごよみ(草花部)

| by 生物生産科
 ラナンキュラス・ラックスを栽培しています

 課題研究の材料として、ラナンキュラス・ラックスを栽培しています。
 ラックスシリーズは、ガーデン用ラナンキュラスとして品種改良されたもので、
 現在では、宮崎県を中心に栽培されていて、切り花としても注目されています。
 花びらに光沢があり、光があたるとキラキラ光るように見えるのが魅力的です。
 11月に定植したものが、無事に開花しました!!

 
 


16:46
2022/02/01

Vegetable Times

| by 生物生産科
イチゴ最盛期

年明けから段々と赤くなってきたイチゴが今、最盛期を迎えています。
甘いイチゴができあがっています。


16:05 | 今日の出来事
2022/01/21

花ごよみ(草花部)

| by 生物生産科
 春のアレンジメント実習
 1月17日に本校OBの先生をお招きして、春のアレンジメント実習を行いました。
 宇都宮市清原地区で生産されたバラと上三川町で生産されたスイートピーを使用しました。県内産の新鮮な花を使ったアレンジメントは、春らしい色合いで、とても楽しい実習になりました。





14:00
2021/12/03

花ごよみ(草花部)

| by 生物生産科
 シクラメン&冬の鉢物展覧会 銀賞受賞
 
 先月、とちぎ花センターで行われたシクラメン&冬の鉢物展覧会で
 本校より出品したアポロ(5号鉢)が銀賞を受賞しました!!
 
 アポロは3年の草花専攻生が夏休み頃から丁寧に葉組みをした品種です。
 白地に淡いピンクが入る花色で、小さめの花をたくさんつけます。
 とてもかわいらしい姿で、販売会でもすぐに品切れとなりました。

 今月中旬には、来年度の作付けにむけたシクラメンの種まきが始まります。
 今年もアポロを播種しますので、1年後が楽しみです!


 
16:24
2021/11/08

花ごよみ(草花部)

| by 生物生産科
 パンジー・ビオラ 出荷中です

 秋の花壇苗の代表選手、パンジー・ビオラの出荷が終盤を迎えています。
 地域の小中学校向けに、本校生徒が育てた苗たちを出荷しています。
 生徒たちの母校で、GW頃までキレイに咲いてくれるでしょう。


 
16:00
2021/10/08

さくもつのしらせ&果樹便り増刊号(GLOBALG.A.P公開審査)

| by 生物生産科
ナシ・コメでGLOBALG.A.P公開審査
10
日・8日本校農場において、SGSジャパンの審査員にお越しいただき本年度生産したナシとコメを対象に、食品の安全性などを確保するための国際的な農業生産工程管理規格である「グローバルGAP(ギャップ)」の認証取得に向けた公開審査会が開かれました。018年度産作物部のコメで初めて認証取得し、今年度は梨も新た認証取得を目指しました。生物生産科の作物と果樹専攻の3年生14人が審査員を案内し、肥料の保管や農薬の管理について説明しました。
ナシでは3年連続・イネでは4年連続指摘事項無しで審査を終わることが出来ました。

   
     <書類審査 作物 >            <書類審査 果樹 >
   
     <現地審査 作物 >            <現地審査  果樹 >
   
     <現地審査 作物 >             <現地審査 果樹 >   
    <現地審査 作物 >              <現地審査 果樹 >

17:00
2021/10/01

グリーンツーリズム入門塾

| by 生物生産科
 グリーンツーリズム入門塾
本日、グリーンライフの授業で、宍戸先生をお招きし、グリーンツーリズム入門塾を実施しました。3年1組の生徒が参加し、宍戸先生の講義と道の駅ましこの視察を行いました。

 農村振興の大切さや、道の駅での取り組みを学ぶことができ、貴重な時間となりました。

 
 


13:40
12345