農業機械科

農業機械科

 【学科紹介】

 「農業機械」を専門で学べる県内唯一の学科であり、全国でも数少ない学科の一つです。「めざせ!クールメカニック」「精密機械の錬金術」「農業発展の機械技術者」をモットーに、農業に関する分野と工業に関する分野の両方を学んでいます。おもな学習内容として、農業現場で実用できるように農業に関する機械(トラクタ、コンバイン、乗用モアなど)の整備・運転操作や旋盤・溶接といった工作機械を用いた機械加工について学んでいます。これらの学習を通して、様々な技術を身につけることで、「ものづくり」のノウハウを習得し、その後の進路実現につなげています。また、いろいろな資格取得にも力を入れています。

 【学科目標】
 農業機械や自動車・建設機械等の車両の点検・整備や運転・操作に関する知識と技術を習得させ、これらの業務に従事する者としての必要な能力と態度を育てる。


 【授業内容】
〇農業と環境

メロンやトウモロコシ、ネギなどの作物栽培を通して、作物栽培に必要な基本的なことを身に付けていく。

  

○運転操作

トラクタの運転操作・けん引操作、特殊自動車の運転操作などの実習を通して技術を身につけていく。
 

○農業機械整備
4サイクルエンジンの分解・組立実習を実際に行いながら、農業機械の構造や整備の基礎を身に付けていく。
  
○機械工作

旋盤を中心とした工作機械で機械加工実習を行い、実際にものづくりを通して技術を身に付けていく。
 

○溶接

アーク溶接・ガス溶接を中心とした金属の接合法を学習し、実際にものづくりを通して様々な接合の仕方を身に付けていく。
 


 【カリキュラム】


  【資格取得

危険物取扱者(丙種・乙種)

アーク溶接

ガス溶接

小型車両系建設機械

ボイラー技能講習

フォークリフト

小型移動式クレーン

玉掛け技能講習

刈払機安全講習

大型特殊運転免許

日本農業技能検定

ワープロ検定


      

  小型車両系建設機械     玉掛け技能講習        フォークリフト

 

 

 


 

農業機械科より

農業機械科より
2019/11/04

第10回栃木県高校生溶接コンクール

| by 教頭
栃木県高校生溶接コンクール
 11月3日(日)、栃木県県央産業技術専門校にて「第10回栃木県高校生溶接コンクール」が行われました。溶接コンクールとは、2枚の鉄板をアーク溶接機を用いて溶接し、美観や超音波による内部審査などの出来栄えで競うコンクールです。この大会で入賞した上位2名は関東大会に出場する事が出来ます。本校からは農業機械科の3名が参加しました。
 県内6校、出場者15名で競い合った結果、1年2組の谷口 聖連くんが3位、2年2組の中里 峻輔くんが
優良賞
に入賞することができました。工業高校の選手が参加している中、本校から2人も入賞できたのは日頃の練習の成果を発揮することが出来たからだと思います。
 残念ながら関東大会への出場は惜しくも叶いませんでしたが、今回の経験を今後の溶接技術の向上に生かし、来年度のコンクール
に向けて頑張ってもらいたいと思います。


13:30
2019/10/25

帝京大学宇都宮キャンパス見学会

| by 教頭
農業機械科「帝京大学宇都宮キャンパス」見学会
10
24日(木)農業機械科2年生を対象に、帝京大学宇都宮キャンパスにて学校施設見学会を開催しました。本校で学習している農業機械整備、旋盤・溶接加工等やバイオテクノロジーの知識技術が大学にてどのように展開され、最新技術の研究や環境問題への取り組みがされているか。また、今後の農業技術の目指す方向性を確認するため見学会を実施しました。生徒達は、今後の進路実現の学習の一環として真剣に見学をしていました。
  
17:32