食品科学科

食品科学科
 【実習内容
 生産実習を通じて製造から販売までを総合的に学習します。「食品化学」「微生物利用」「食品流通」などの科目を学習することで、より深く「食」についての専門的な知識を学習することができます。
 
        いちごジャム製造      食パン製造      食品化学実験      微生物実験
 
 【食品科学科関連の主な活動内容】
 4月 味噌製造開始
 5月 いちごジャム製造開始
 6月 栃木県学校農業クラブ連盟各種発表大会
 7月 食生活アドバイザー検定試験
 8月 北陵高校1日体験学習
    関東地区学校農業クラブ連盟各種発表大会
 9月 2学年インターンシップ
    ブルーベリージャム製造開始
    とちぎハイスクールフェスティバル
 10月 1学年日帰り研修
    りんごジャム製造開始
 11月 北陵祭での加工品販売(味噌・ジャム)
    食生活アドバイザー検定試験
 12月 キャリア形成支援事業
 1月 食品科学科課題研究発表会
※上記の他に各種研修や地域交流活動など随時行っています。
 イベント参加については希望する生徒対象です。
 【各種研修】
 (1) 見学研修
  ①上級学校見学
       
    四年制大学見学      短期大学見学      専門学校見学
  ②食品関連企業見学・体験
        

 (2) 調理技能研修
            専門学校講師の方に技術指導をいただいています。

 (3) 地域交流活動(県内外のイベント参加や各種発表大会への出場、レシピの考案などを行っています。希望する生徒対象です。)
     
   横浜市イベント    大宮駅イベント  とちぎハイスクールフェスティバル   広報誌レシピ提供 

   
   真岡市イベント    有楽町駅イベント   プロジェクト研究発表

 【カリキュラム】


 【資格取得】

食生活アドバイザー

日本農業技術検定

危険物取扱者(乙種・丙種)

ワープロ検定

ボイラー技能講習

フォークリフト



 PDFファイルはこちら↓
 食品科学科学科紹介(PDF).pdf
 

食品科学科より

食品科学科より
1234
2021/11/11

食品科学科 味噌製造

| by 食品科学科
 米みその容器詰めを開始しました。
 今年度から、バルブ付きのトップシールを使用しているため、例年とは違った手順での作業を行いました。

 食品科学科全学年で製造に携わった米味噌も生徒たちの頑張りで順調に仕上がっています。 

 
 
 熟成後、味噌こし機でこした味噌

 
 丁寧に容器に詰めています

 
 バルブ付きのトップシールを貼り付けることで、酸化を抑えることができます。

 
 フタをした味噌


 今年度は約3,500kgの味噌を生産しました。今後も皆で協力して容器詰めや検品を行っていく予定です。
 今年度の販売方法については、今後HP等を利用してお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

16:30 | 報告事項
2021/11/05

食品科学科設備紹介②

| by 食品科学科
絵文字:食事 給食食品科学科の学習設備紹絵文字:食事 給食
 前回の設備紹介①に続き、今回は、食品製造棟の農産加工実習室について紹介します。
 この部屋では、主に味噌の製造とジャムの製造を行っています。


 ジャム関係器機

 
 二重ガマ‥ジャムを煮詰めたりビンの殺菌を行います。

 
 二重ガマでジャムを煮詰めている様子

 味噌関係器機

 
 製麹機(せいきくき)‥米麹を作るのに使用します。

 
 味噌こし機‥混合などに使用します。

 
 味噌こし機使用の様子


 
 ヒートシーラー‥トップシールを貼るために使用します。

 この部屋で作られたジャムや味噌についての販売情報は、今後ホームページなどで周知させていただきますのでよろしくお願いいたします。
17:00
2021/11/02

食品部会研究会(食品)

| by 食品科学科

11月1日(月)本校にて、農業部会研究会(食品)が開催され、県内の農業系高校から教員、実習の先生方が集まりました。


午前中「微生物実験」として2年生の授業を見学しました。

タブレットを活用して「血球計数計」の原理の学習や計算方法について授業を行いました。

   
   

 午後は微生物培養技術の演習の他、本校の食品製造現場の見学やHACCPについて取り組みについても学習しました。

  

  微生物培養演習

  
  製造現場の説明


17:00
2021/10/24

食品科学科設備紹介①

| by 食品科学科
 絵文字:食事 給食食品科学科の学習設備紹介絵文字:食事 給食
 
 食品科学科は、本校舎に食品科学実験棟があり、農場に食品製造棟があります。今回は、
食品製造棟の製パン室について紹介します。
 <食品製造棟について>
  

  外観の様子

  

  取得している営業許可

本校の製造棟は、①菓子製造業 ②みそ製造業 ③かん詰又はびん詰食品製造業
の許可を取得しています。そのため、生徒たちが一生懸命製造した加工品を校内だけでなく、校外で販売することも可能です。

<製パン室>
 
  製パン室内
  空調が整備されているため、季節を問わず実習をすることが可能です。  

  
  主な製造機械

 左から、・オーブン  ・ホイロ  ・ミキサー です。  
 パン屋さんと同等の機械を用いて生徒たちは実習を行います。


   
  
  焼き上がった食パン

  製パン室では、各種パンの製造のほか、スポンジや菓子類なども製造しています。

  
17:54
2021/10/06

食品科学科2年生 「食品製造」授業風景

| by 食品科学科
「食品製造」授業風景
 食品科学科では、食品製造棟・製パン室に新しいオーブンを導入していただきました。

 それにより、これまで以上に効率的に製パン実習を行うことが可能となりました。
 
 導入していただいたオーブン

 「食品製造」では、座学で製造原理を学習するほか、実習を通じてより深く製造技術について学習することができます。今回の授業は、新しいオーブンを使用しての「バターロール製造」を行いました。
 普段の製パン実習ではミキサーを使用して生地をこねあげますが、今回は手ごねによりグルテンの形成について学習しました。


 
  手ごねの様子

 
  成型の様子

 
  焼成の様子

 
 焼き上がったバターロール
17:00 | 報告事項
2021/10/04

食品科学科総合実習(食品製造)

| by 食品科学科
 食品製造(ジャム製造)
 9月の総合実習では、2年生と3年生が中心となり、ブルーベリージャムといちごジャムの製造を行いました。
 今年度も栃木県産の良質な果実を使用しているため、良い仕上がりとなりました。
外部販売については今後ホームページ等を利用してお知らせさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 
  いちごジャムの製造 

 
 ブルーベリージャム製造  
08:01 | 報告事項
2021/10/03

食品科学科総合実習(食品化学)

| by 食品科学科
食品化学実験
食品化学実験では、「油脂のケン化」に関する実験を行いました。牛脂やオリーブオイルなどの油脂に水酸化ナトリウムを加えて加水分解すると、セッケンができます。この反応をケン化といい、油脂1gをケン化するのに必要な塩基の量は、ケン化価と呼ばれ、油脂の性質を表すのに使われます。試料によって加熱時間やできあがったセッケンの量が異なったので、ケン化価の違いが体感できたのではないでしょうか。


油脂に水酸化ナトリウム、エタノールを加える様子



加水分解の様子


加水分解後、塩析をする様子


セッケンをろ過している様子


17:30 | 報告事項
2021/08/06

米みその「発酵・熟成」

| by 食品科学科
米みその「発酵・熟成」
1学期に仕込んだ味噌は、現在「発酵・熟成」を行っています。
本校の味噌は”天然醸造”のため、換気や空気の入れ換えを行うことにより熟成を進めています。
 今年度の味噌は11月目安で製品となる予定です。販売などについても今後ホームページなどを通じてお伝えしていきますので、よろしくお願いします。



製造室の様子


熟成中のタル


製品ラベル
13:10
2021/07/16

食品科学科2年生「微生物利用」実験

| by 食品科学科
「微生物利用」実験
 「微生物利用」の授業では、食品に関係する微生物を利用した実験を行っています。
  今回のテーマは「発光バクテリアを用いた培養技術の習得」です。
  
 発光バクテリアとは、イカの体表面に生息しているバクテリアのことで、暗闇で発光します。今回はこのバクテリアを使用して、基本的な培養技術について学習しました。

 
 クリーンベンチでの無菌操作

 
 培養した菌でのお絵描き

 
 暗闇でのバクテリアの発光

 
 実験レポート

 微生物の培養技術は、食品業界の品質管理においても重要な技術となります。これからも様々な実験を通じて幅広く学んでいってほしいです。

17:00
2021/07/16

食品科学科2年生「マナー講座」

| by 食品科学科
食品科学科2年生「マナー講座」
7月15日(木)食品科学科2年生の総合実習の時間に、TBC学院宇都宮本校の方を招いてのマナー講座を実施しました。
 <学習内容>
  ・ビジネスマナーにおいて必要な要素
  ・マナーの基本動作(あいさつ等)
  ・ネットでのマナー(文書の礼儀・ネットトラブルについて等)
 
  説明の他、実践練習も行うことで、今後につながる学習を行うことができました。
  日々の生活にも活かしてもらえればと思います。
 
 挨拶の基本動作確認(実践演習)

 
 全体説明

10:00 | 報告事項
1234