食品科学科

食品科学科
 【実習内容
 生産実習を通じて製造から販売までを総合的に学習します。「食品化学」「微生物利用」「食品流通」などの科目を学習することで、より深く「食」についての専門的な知識を学習することができます。
 
        いちごジャム製造      食パン製造      食品化学実験      微生物実験
 
 【食品科学科関連の主な活動内容】
 4月 味噌製造開始
 5月 いちごジャム製造開始
 6月 栃木県学校農業クラブ連盟各種発表大会
 7月 食生活アドバイザー検定試験
 8月 北陵高校1日体験学習
    関東地区学校農業クラブ連盟各種発表大会
 9月 2学年インターンシップ
    ブルーベリージャム製造開始
    とちぎハイスクールフェスティバル
 10月 1学年日帰り研修
    りんごジャム製造開始
 11月 北陵祭での加工品販売(味噌・ジャム)
    食生活アドバイザー検定試験
 12月 キャリア形成支援事業
 1月 食品科学科課題研究発表会
※上記の他に各種研修や地域交流活動など随時行っています。
 イベント参加については希望する生徒対象です。
 【各種研修】
 (1) 見学研修
  ①上級学校見学
       
    四年制大学見学      短期大学見学      専門学校見学
  ②食品関連企業見学・体験
        

 (2) 調理技能研修
            専門学校講師の方に技術指導をいただいています。

 (3) 地域交流活動(県内外のイベント参加や各種発表大会への出場、レシピの考案などを行っています。希望する生徒対象です。)
     
   横浜市イベント    大宮駅イベント  とちぎハイスクールフェスティバル   広報誌レシピ提供 

   
   真岡市イベント    有楽町駅イベント   プロジェクト研究発表

 【カリキュラム】


 【資格取得】

食生活アドバイザー

日本農業技術検定

危険物取扱者(乙種・丙種)

ワープロ検定

ボイラー技能講習

フォークリフト



 PDFファイルはこちら↓
 食品科学科学科紹介(PDF).pdf
 

食品科学科より

食品科学科より
123
2021/08/06

米みその「発酵・熟成」

| by 食品科学科
米みその「発酵・熟成」
1学期に仕込んだ味噌は、現在「発酵・熟成」を行っています。
本校の味噌は”天然醸造”のため、換気や空気の入れ換えを行うことにより熟成を進めています。
 今年度の味噌は11月目安で製品となる予定です。販売などについても今後ホームページなどを通じてお伝えしていきますので、よろしくお願いします。



製造室の様子


熟成中のタル


製品ラベル
13:10
2021/07/16

食品科学科2年生「微生物利用」実験

| by 食品科学科
「微生物利用」実験
 「微生物利用」の授業では、食品に関係する微生物を利用した実験を行っています。
  今回のテーマは「発光バクテリアを用いた培養技術の習得」です。
  
 発光バクテリアとは、イカの体表面に生息しているバクテリアのことで、暗闇で発光します。今回はこのバクテリアを使用して、基本的な培養技術について学習しました。

 
 クリーンベンチでの無菌操作

 
 培養した菌でのお絵描き

 
 暗闇でのバクテリアの発光

 
 実験レポート

 微生物の培養技術は、食品業界の品質管理においても重要な技術となります。これからも様々な実験を通じて幅広く学んでいってほしいです。

17:00
2021/07/16

食品科学科2年生「マナー講座」

| by 食品科学科
食品科学科2年生「マナー講座」
7月15日(木)食品科学科2年生の総合実習の時間に、TBC学院宇都宮本校の方を招いてのマナー講座を実施しました。
 <学習内容>
  ・ビジネスマナーにおいて必要な要素
  ・マナーの基本動作(あいさつ等)
  ・ネットでのマナー(文書の礼儀・ネットトラブルについて等)
 
  説明の他、実践練習も行うことで、今後につながる学習を行うことができました。
  日々の生活にも活かしてもらえればと思います。
 
 挨拶の基本動作確認(実践演習)

 
 全体説明

10:00 | 報告事項
2021/07/08

2年総合実習(みそ切り返し)

| by 食品科学科
2年生総合実習の様子をお伝えします。

今日の食品製造実習では、冬~春先に仕込んだ味噌の切り返しを行いました。
この作業は、樽に詰めた味噌を詰め替えて味噌の発酵を促すために行います。

200リットルや400リットルの大きな樽から樽へと味噌を詰め替える作業はなかなかの重労働でしたが、協力して実習を終えることができました。

また、仕込み時期による発酵の進み具合の違いについても観察することができました。
「味噌のいい匂いがする」「いろがちがう」「麹の粒がのこっている」などの気付きがあったようです。

これから夏の間熟成が進み、秋にはおいしい味噌になります。


切り返し前の味噌
切り返し前の味噌の様子


味噌を移し替える様子
味噌を移し替えて、、、

詰める様子
新しい樽に詰めて、、、

表面をならす様子
表面をならして、、、

重しをのせた様子
重しをのせて、引き続き発酵させます。

16:20 | 今日の出来事
2021/06/04

食品科学科「味噌製造」

| by 食研部
今年度の味噌の仕込みが完了しました
 食品科学科の1年生から3年生の皆が頑張ってくれたおかげで、予定量仕込むことができました。
 この後、発酵・熟成を経て製品の予定です。

 今後の販売予定も含めて、学校HPなどで紹介させていただきますのでよろしくお願いします。

  
  米麹 大豆 塩の混ぜ合わせ


  

  

16:00
2021/06/04

食品科学科 「食の検定」

| by 食研部
 食品科学科3年生が「食の検定」を受検しました
 web受検が可能なため、今回は学校に導入していただいたタブレットを使用して実施しました。
 学科の学習に関係する問題も多かったため、皆一生懸命頑張ってくれました。
 
 今回タブレットでの受検は初めてでしたが、操作練習も含めて生徒には良い経験なりました。 全員合格を期待しています。



タブレットによる受検の操作説明 

16:00
2021/06/03

タブレットPCの活用について

| by 食研部
<食品科学科3年生 総合実習>
 情報器機担当の先生より学校に導入していただいたタブレットPCの使用方法について 説明をいただきました。
 今後は座学での授業以外にも実験や実習に活用することで、学習の幅を広げていきたいと思います。
 
  使用上の注意についての説明

 
 ディスプレイを使用しての操作確認

10:45
2021/06/01

食品科学科3年「総合実習」

| by 食品科学科
3年生の総合実習では、食品製造、微生物利用、食品化学の3部門に分かれて実習・実験を行っています。

今日の食品製造実習では、味噌の原料となる麹(こうじ)の仕込みをしました。120kgのお米を蒸して、ほぐして種菌とよく混ぜて、製麹機に入れます。二日間温度管理をして麹ができあがります。できた麹は、蒸した大豆や塩と混ぜて樽に詰め、半年~1年発酵させて味噌にします。







食品化学実験では、お酢やジュース、ヨーグルトなどの食品に含まれる有機酸の量を調べる実験を行いました。
酸とアルカリを混ぜると中性になることを利用した中和滴定法という方法を使いました。
試料を希釈したり、滴定をしたり、実験器具の取扱は細かい作業が多いのですが、集中して取り組むことができました。







16:27
2021/05/13

食品科学科2年生「総合実習」

| by 食品科学科
 総合実習で「いちごジャム」の生産実習を行いました。

  本日の作業は
     ①ジャム製造
     ②ラベル貼り です。


  
  ジャムの煮詰め

  
  目視による異物確認

  
  ラベル貼り

  
  完成したいちごジャム

  一人一人が高い意識を持って異物の確認やラベルの貼り付けを行ってくれました。

16:51
2021/05/12

ジャムの製造

| by 食品科学科
3年生の生徒が先日下処理をしたイチゴを用いて、ジャムを製造しました。

 冷凍して保存していたイチゴを2重釜というボイラーからの蒸気で加熱する装置で煮詰めます。ジャムの製造は短時間で製品を作ることが品質の向上につながります。
 砂糖を3回に分けて加え、クエン酸により酸度を調整し、ジャムとなっていることを確認、瓶詰めにうつりました。
 
 ジャム瓶の中に柄杓でジャムを入れ、瓶の縁をきれいにして、キャップを閉め、その状態で煮沸し殺菌を行い完成したジャムがこちらです。

 20kgのいちごから約90本のジャムを製造することができました。
 今回製造したジャムは、学校のお使い物として購入していただく他に、校内での販売を予定しています。

09:33
123