栃木県立真岡北陵高等学校 
今年度は創立112周年。伝統を生かし新たな歴史を刻みながら成長します。
    ~「I+1」 アイ プラス ワン   今の自分より更に前へ進もう 魂に汗をかく~  
       
                                                   
                      
 

お知らせ

農場シクラメン 金賞受賞


第3回和牛甲子園優良賞
 
 
 
 

制 服


 

校 訓


 

チラシ

 

こもれび坂

 
 

緊急連絡 があればこちらに表示します。

 

学校日誌

日誌 >> 記事詳細

2019/12/05

デコレーション実習を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品科学科
デコレーション実習を行いました。
食品科学科の3年生は12月3日に、1年生は12月4日に、2年生は12月5日にデコレーション実習を行いました。3年生は3度目ということもあり、手早くケーキを作っていました。
2年生では、ほかの学年ではみられなかったチョコレートクリームを利用した作品もみられ、学年による個性がみられました。


一方、1年生はというと、2学期後半は食品化学・食品製造の授業では脂質とその性質を利用した食品をテーマに学習をしており
、クリームが固まる
原理(*1)等もあわせて学習しました。
   
 1 生クリームは水中油滴型のエマルション(エマルジョン)です。
 エマルション(エマルジョン)は乳脂肪が水中で分離せず平均に浮遊しているような液体をあらわす用語です。
 乳脂肪は脂肪球膜といって、表面に極性を持つ(水と親和性の高い)膜で覆われた状態にあるため分離せずに浮遊していることができます。しかし、ホイッパーでかき混ぜられるとその膜が崩れ、内部の脂肪球どうしが凝集し、最終的には気泡を取り込んだ網目状に変化していくのです。乳脂肪により形成されているつながりですから、温度が高くなると固さを失うことになりますし(バターを想像してください)、ホイップする際には10℃以下の温度で泡立てるときめの細かい状態にできる。また、膜を壊しすぎれば脂肪球の大きなかたまりが形成されるので、空気を含みにくくなり、最終的には分離してしまう。
 こういった理論を知り、実際にやってみることで生徒のみなさんもよりよく理解できるのではないでしょうか。
 余談ですが、従来、エマルジョンと呼ばれていましたが、最近ではJIS規格ではエマルションと表記されているため、この記事では併記しています。
 このように、食品科学科の授業においても、農業という総合科学の1分野として、日々、学と業とを両の手に生徒の学びが展開されております。

 そして、最後には試食することも学習の一部なのです。

08:00

連絡先

郵便番号 321-4415
住  所 栃木県真岡市下籠谷396
電話番号 0285-82-3415
F A X   0285-83-4634 
 
 

生徒の活躍

アンサンブルコンテスト     

  東関東大会に出場!
【吹奏楽部】第51回栃木県大会

打楽器三重奏で「金賞」
茨城国体出場
【ライフル射撃部】

ビームライフル少年男子立射30発
 祝 準優勝 野沢 勇翔

ビームライフル少年男子立射60発
第6位 野沢 勇翔 163.2点

ビームピストル少年女子立射60発
第9位 黒川 真希 527点
令和元年度 関東大会出場
【農業クラブ】
 関東地区学校農業クラブ連盟大会
 8月23日(金) 神奈川県
【福祉科】
第3回関東地区高校生介護技術コンテスト
 8月24日(土)群馬県

 

北陵高校の生産物販売シンボルマーク

 

介護福祉科のイメージキャラクター

 
  いずみちゃん
 

 

  農業部会へのリンクはこちら
 

携帯からの閲覧

真岡北陵高校
同サイトのQRコードです

携帯で読み取り、
アクセスしてください

 

カウンタ

訪問者数222449