栃木県立真岡女子高等学校栃木県真岡市台町2815
 

JRC部

こんにちは! JRC(ジュニアレッドクロス)部です。
活動時間は平日週1回程度ですが、校外活動などに頻繁に出かけていきます。
部の目標はボランティア精神を高めながら、自分を成長させることです。
部の雰囲気は明るく仲好しです。
部長としては部員をまとめることと常に先を見据えることに努力しています。
皆で精いっぱい一生懸命頑張っています。
学校生活では学べない、いろいろな経験ができます。救急法の資格を取ったり、海外派遣で海外に行ったりすることもできますので、ボランティア活動に興味のある人は、奮って入部してください。
 
 
JRC部日誌
2017/06/07

日赤災害時高齢者生活支援講習を実施しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理職

6月6日(火)、本校会議室において「日赤災害時高齢者生活支援講習会」を実施しました。講師として、日赤より2名の指導員の方をお招きし、避難所支援及びハンドケア&リラクゼーションの講習を行いました。新聞紙で簡易スリッパを作ったり、ホットタオルの使用法なども学びました。21名の部員が参加しましたが、あっという間の2時間の講習でした。
 
09:26 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/03/28

石巻災害復興住宅での足湯&ハンドケアの活動のふりかえりを行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

今回の活動をとおして、感じたこと、見えてきたニーズや気づきを共有し、新たな課題の発見と、自分たちに何ができるかの確認をしました。

先日の活動を一緒に行った東北大学地域復興プロジェクト“HARU”メンバーの法学部1年小林奎太さん(大田原高校出身)が、栃木に帰省中で助言者として参加くださったので、中身の濃いふりかえりを行うことが出来ました。

小林さん、遠いところありがとうございました。

 
10:25 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/03/28

被災地訪問を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

◇午前:東北大学地域復興プロジェクト“HARU”の皆さんと交流会

 

大学生の話をうかがう中で、支援を継続することや目に見えないニーズに気づくことの大切さを知りました。

 

◇午後:石巻市「門脇西復興住宅」で足湯&ハンドケア

 

東北大学の“HARU”のメンバーが用意した足湯と、真女高JRC部員によるハンドケアで、参加いただいた住民の方たちと交流しました。

 

実際に行かなければわからないことがたくさんあります。この日の出会いを大切に繋げて、自分たちにできることを考えていきたいと思います。

 
 
10:22 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/02/01

ボランティアスピリットアワード全国表彰式&フォーラム

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

平成28年12月22日(木)~24日(土)、「PRUDENTIAL SPIRITOF COMMUNITY ボランティアスピリットアワード」で、全国40組に贈られる「ブロック賞」をいただいたことを受け、東京の「都市センターホテル」と「東京国際フォーラム」を会場に開催された「全国表彰式&フォーラム」に参加してきました。

全国から集まった受賞者の活動は、みな素晴らしいもので、企画力や行動力に圧倒されましたが、この3日間のフォーラムの中で、真女高JRCならではの活動をもっと地域の中で開拓し深化し発信できそうな、ヒントや手応えを感じることができました。
 


09:37 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2016/12/07

「図書館プロジェクト」を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

12月3日()障害のある方々が働く「そらまめ食堂」・真岡市立図書館と共同で「図書館プロジェクト」を行いました。

「真岡市に暮らすみんなに障害者への理解を深めてもらおう!」との趣旨で行われた行事で、地域の方とのふれあい活動をしてきました。
 
 

JRC部で作成したパンフレットです。
 

08:32 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)