お知らせ



~ 中学生の皆さんへ ~
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の一日体験学習は残念ながら「中止」とさせていただきます。
 つきましては、本校の学習内容や実習設備等を直接見学していただくことができないため、本校の教育活動等に関する【紹介ページ】を作成しました。
 是非ともご覧いただき、進路選択の一助としてご活用ください。



1学期末・2学期始めの主な行事予定


7月13日(月)~16日(木) ・・・ 第1学期期末試験
  30日(金)             ・・・ 成績職員会議【午後放課】
8月 4日(火)             ・・・
 大掃除
   5日(水)        ・・・ 第1学期終業式
                    真岡鐵道駅舎一斉清掃活動
  12日(水)~14日(金) ・・・ 【閉庁日】
9月 1日(火)        ・・・ 第2学期始業式【午後放課】
                    頭髪服装指導
   2日(水)        ・・・ 夏休み課題テスト(1,2年)
                    進路対策模試(3年)
 
 

新着情報

 
飛沫防止パーテーションの寄贈(中村中、真岡東小、田野中...建設科07/31 12:30
生産機械科1年「板金・溶接作業」2週目生産機械科07/31 12:29
オンライン学習 Part2電子科07/31 09:39
オンライン学習電子科07/29 18:00
生産機械科2年「制御実習」 2週目生産機械科07/28 17:01
バレーボール部 練習試合バレーボール部07/27 11:02
生産機械科2年「制御実習」 1週目生産機械科07/21 18:40
飛沫防止パーテーション寄贈 (真岡西小、茂木中)建設科07/21 12:31
生産機械科3年「自動制御実習」3週目生産機械科07/20 18:25
バレーボール部活動報告バレーボール部07/20 11:38
剣道部 通常練習剣道部07/20 09:41
保健だより 7月健康安全07/17 16:00
生産機械科1年「板金・溶接作業」1週目生産機械科07/17 12:07
建設科1年 工業技術基礎建設科07/17 09:23
生産機械科1年「旋盤作業実習」3週目生産機械科07/10 12:11
ネットワークシステムの増設工事電子科07/09 16:48
野球部 2020交流戦 対戦校決定野球部07/09 14:45
飛沫防止パーテーションの寄贈 大内中建設科07/09 12:15
生産機械科2年「溶接実習」3週目生産機械科07/07 17:34
進路指導部 3年進路ガイダンス進路指導部07/07 15:17
生産機械科3年「自動制御実習」2週目生産機械科07/06 18:02
野球部 練習試合再開野球部07/06 17:02
建設2年建設科 『測量実習』建設科07/06 16:03
生産機械科1年「旋盤作業実習」2週目生産機械科07/03 12:29
文芸部活動報告文芸部07/03 08:55

お知らせ

    ↓↓↓「カテゴリ選択」から閲覧したいカテゴリを選択できます↓↓↓
 カテゴリー選択をすると、特定の区分の記事だけをまとめて見ることができます。例えば、機械科の活動だけの記事を見たい場合や学校行事だけの記事を見たい場合などです。カテゴリーは13に分かれています。是非、ご活用ください。
 
真岡工業高校NEWS
12345
2020/07/31new

飛沫防止パーテーションの寄贈(中村中、真岡東小、田野中、真岡小)

Tweet ThisSend to Facebook | by 建設科
飛沫防止のパーテーションを寄贈してきました!
 建設科の生徒が、各学校から要望に応じたサイズの飛沫防止パーテーションを製作し、小学校や中学校に飛沫防止パーテーションを寄贈してきました。各学校の校長先生をはじめ、多くの先生方に喜ばれ、生徒達も嬉しそうでした。
 7月22日 中村中学校   5個 建設科1年 糸賀さん
 7月27日 真岡東小学校  3個 建設科3年 吉澤君、同科2年 武田君
       田野中学校   7個 建設科3年 峰岸君、同科1年 竹野井君
 7月29日 真岡小学校  24個 建設科3年 奥野君、川城君、藤田君、峰岸君

    寄贈の様子  中村中学校

    寄贈の様子  真岡東小学校

     寄贈の様子  田野中学校

     寄贈の様子  真岡小学校
12:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 建設科の活動
2020/07/31new

生産機械科1年「板金・溶接作業」2週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科


生産機械科工業技術基礎紹介

本日7/31(金)は生産機械科1年生で工業技術基礎が行われました。今回は「板金・溶接作業」実習の2週目の様子をご紹介します。

 前回はペン立てを作るため材料(鉄板)に罫書きを行い、帯ノコ盤を用いて切断を行い・ボール盤を用いてイニシャルの孔開けまでを行いました。2週目となる今回は、粗加工した部品のヤスリ仕上げとイニシャルの仕上げを行っていきます。切断した直後の部品は図面よりも大きく、バリも残っており非常に危険なため金ヤスリを用いて削っていきます。

   前回製作した部品


   金ヤスリで角を削る様子

部品の角が丸く仕上がったところで、ノミと金槌を使い前回孔開けした部分を加工(孔と孔のつなぎ目を切断)していきます。万力に部品を固定し、ノミの角度を試行錯誤しながら上手に加工する様子を見ることができました。最終的にイニシャルの内側をヤスリで綺麗に仕上げて部品が完成となります。


ノミで孔と孔のつなぎ目を切断する様子


イニシャルの内側を仕上げる様子


   完成した部品

完成した部品はバリがなく滑らかな形状をしています。曲線が入る難しいイニシャルも頑張って削ったため綺麗に仕上がりました。

次回は8/3(月)に生産機械科3年生の実習を紹介いたします。
12:29 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/31new

オンライン学習 Part2

Tweet ThisSend to Facebook | by 電子科

  「オンライン学習へ挑戦Part

  ~ ITCを活用した遠隔による学習                          

   今回は、生徒の自宅と学校のリモート授業を想定して、電子科3年生によるリモート授業を
教室と電子科実習棟間でのリモート授業に挑戦しました。結果は全員が参加で成功です。
   さらには、就職試験に向けたWEB面接等も想定し、実施の検討を考えています。

   なお、生徒のスマートフォンについては、通信制限やバッテリの消耗等の問題もありましたが、
電子科3年生の皆さんにご協力を頂きありがとうございました。
                  
               設定の準備の様子             ホスト側に参加してくる様子        双方向会話の様子
09:39 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 電子科の活動
2020/07/29new

オンライン学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 電子科

オンライン学習へ挑戦

ITCを活用した双方向による学習                          

  新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生徒たちの学びの保障が重視されるところ、今後の見通しも
いまだ予測のつかないところが現状ではないでしょうか。さらに、感染拡大や自然災害等により登校でき
なくなることも視野に入れ、今回、電子科3年生によるICTを活用した授業に挑戦してみました。

オンライン学習については、プロジェクター、タブレット、ソフトウェアとして「ZOOM Cloud Meeting」、
そして生徒は、スマートフォンを使用し、実施しました。今回は、基本的な内容から導入しましたが、次回は
さらに一歩進んだ内容で取り組みたいと思います。

                  
            zoomインストール              ZOOM設定           リモートよる参加者一覧
18:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 電子科の活動
2020/07/28new

生産機械科2年「制御実習」 2週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科

生産機械科実習紹介
 本日7/28(火)は生産機械科2年生で実習が行われました。今回は前回の続きとして「制御実習」を紹介します。
 今回は以下の3つの回路について学習しました。
 ①自己保持回路:1度ボタン押下することで出力をし続ける回路
 ②タイマ回路:設定した時間によって出力や入力を行う回路
 ③カウンタ回路:設定した入力の回数によって出力を行う回路

 まずは下図のボードの説明によって①「自己保持回路」について学習しました。
 自己保持回路とは内部補助リレーと呼ばれるリレーを用いることによって入力された信号を保持し、長い時間出力することができる回路です。
 この回路を使用することで、1度のボタン押下でLEDを点灯し続けさせることができます。

 
   自己保持回路の説明

 次に②「タイマ回路」について学習しました。
 こちらも制御装置内部に搭載されているタイマを使用することで出力や入力の時間を設定することができます。
 この回路を使用することで、ボタン押下の〇秒間後にLEDを点灯させることができます。


  タイマ回路の説明

 最後に「カウンタ回路」について学習しました。
 入力回数を設定し、設定回数だけ入力を行うことにより、出力する回路です。
 この回路を使用することで、〇回ボタンを押下するとLEDを点灯させることができます。


  カウンタ回路の説明①


  カウンタ回路の説明②

 今回は「制御実習」2週目ということでシーケンス回路において特によく使用される3つの回路について学習しました。
 いよいよ次回は3週目、まとめの実習となります。


  回路を入力する作業の様子

 次回は7/31(金)に生産機械科1年生の工業技術基礎について紹介します。
17:01 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/21new

生産機械科2年「制御実習」 1週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科実習紹介
 本日7/21(火)は生産機械科2年生で実習が行われました。今回から、3週間に渡って「制御実習」を紹介します。
 制御実習では下図のようなプログラミングコンソールを用いて制御装置のLEDを制御(シーケンス制御:順次制御)します。

 
   プログラミングコンソール

シーケンス制御は基本的に下図のボードに記したように
①制御分析:タイムチャート(時間ごとの装置の動作を図にしたもの)を用いて”何を” ”どのように”制御を行うか分析します。
②配線:I/O割付表(入力装置と出力装置に番号を割り当てたもの)を用いて制御装置と入出力装置を配線します。
③ラダープログラムの作成:電気や信号の流れをわかりやすく図にするために、ラダープログラムというプログラムを作成します。
④ニモニックに変換:ラダープログラムをプログラミングコンソールに入力する際、ニモニックという言語に変換します。
⑤PLCへ転送:最後にPLCという装置に転送して、動作を確認します。
このような手順で制御を行います。


  制御の手順について

本日は1週目ということで基本的な3つの回路を作り、LEDを点灯させました。

①AND回路(論理積回路):ボタン1とボタン2を同時に押すことでLEDが点灯します。
②OR回路(論理和回路):ボタン1とボタン2のどちらか一方を押すとLEDが点灯します。
③NOT回路(否定回路):ボタン1を押すとあらかじめ点灯しているLEDを消灯します。


  制御したLEDの動作確認


 今回は生産機械科2年生の「制御実習」について紹介しました。次回は7/28(火)に生産機械科2年生の実習について紹介します。
18:40 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/21new

飛沫防止パーテーション寄贈 (真岡西小、茂木中)

Tweet ThisSend to Facebook | by 建設科
飛沫防止のパーテーションを寄贈してきました!

 建設科建設研究部で製作した、飛沫防止パーテーションを7月13日に真岡西小学校に6個寄贈し、ことばの教室などに設置してきました。

 設置の様子 真岡西小学校 ことばの教室

 7月17日には、茂木中学校に卒業生の建設科3年 平賀君、建設科2年 澤村君、西宮君がパーテーションを5個寄贈してきました。
生徒達も母校に貢献できて良い経験になりました。

     寄贈の様子 茂木中学校

12:31 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 建設科の活動
2020/07/20new

生産機械科3年「自動制御実習」3週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科実習紹介

 本日7/20(月)は生産機械科3年生で実習が行われました。今回は「自動制御実習」3週目の様子をご紹介します。

 今回は、前回実習で行ったサイクル動作(工程回路)という「決められた順序で動作を行うための回路」の復習から入りました。
 
 その後、
 「非常停止」非常停止ボタンが押されたら作動が停止する回路
 「スタート条件(AND回路)」決まった位置でリミットスイッチが押されていないとスタートボタンを押しても作動しない回路
 「動作中のランプ点灯」そのままの意味で、回路が動作している間は表示ランプが点灯している回路

 以上3つを新たに勉強し、先週の復習で作成したラダープログラムに順に追加していきました。

 
ラダープログラム
 最終的にできあがったラダープログラム


「自動制御実習」4週目は8/3(月)にて掲載予定です。

次回は7/21(火)生産機械科2年生の実習をご紹介いたします。
18:25 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/20new

剣道部 通常練習

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部

剣道部 稽古を再開

剣道部は6月の学校再開から、「新型コロナウイルス感染症防止対策」の一環として、対人の稽古や生徒同士が接触する練習は禁止しておりました。
約1ヶ月間はラントレーニングや、ラダートレーニングなどの基礎体力作りを行いましたが、7月からは、連盟から提示されたガイドラインに沿った形での稽古を再開しました。





手ぬぐいやマスクを着用して行う稽古は、熱中症のリスクもありますが、時間を短くしたり、こまめに休憩を取るなどして対策を講じていきます。
09:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | その他の教育活動
2020/07/17new

生産機械科1年「板金・溶接作業」1週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科

生産機械科工業技術基礎紹介

本日7/17(金)は生産機械科1年生で工業技術基礎が行われました。今回は「板金・溶接作業」実習の1週目の様子をご紹介します。

 「板金・溶接作業」実習の1週目ではペン立てを作るため材料(鉄板)に罫書きを行い、帯ノコ盤を用いて切断していきます。鉄板のような硬い物を加工する際、力みすぎてケガをしやすいので注意をしながら慎重に作業を行っていきます。また、回転を伴う工作機械では巻き込み事故などにも注意が必要なため、軍手などの巻き込まれやすいものは着用しないようにします。


  使用する材料(鉄板)


  材料の罫書きを行う様子


 ハイトゲージでケガキを行う様子


  帯ノコ盤で鉄板を切断する様子


  粗加工が終わった材料

初めて使う工作機械に苦戦しながらも、金属を自分の手で上手に加工していく生徒の様子を見ることができました。

材料の粗加工(大まかな加工)ができあがったところで、生徒一人一人のイニシャルを入れるため、センタポンチで材料に印をつけ、ボール盤を用いて孔開け加工をしていきます。イニシャルに沿って孔開けできたところで1週目の作業が終了となります。イニシャルはそれぞれ違うので自分専用のペン立てが出来上がります。完成がとても楽しみです。


  センタポンチで印をつける様子


  ボール盤で孔開けする様子

2週目(7/31)では粗加工を行った材料の削りと、イニシャル部分の加工を行っていきます。

次回は7/20(月)生産機械科3年生の実習をご紹介いたします。
12:07 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 生産機械科の活動
12345

同窓会総会中止のお知らせ

令和2年度 真岡工高同窓会定期総会中止について

令和2年6月6日(土)に予定しておりました定期総会は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止といたします。

※ 毎年6月の第1土曜日を同窓会定期総会としています。
 

真心工房のご案内


 

お知らせ

学校案内パンフレット完成しました。こちらをご覧ください。
(女子向けパンフ監修:宇都宮メディア・アーツ専門学校ビジュアルデザイン科) 
 

女子生徒向け↓
 

一般向け↓ 
学校案内1
 
学校案内2
 
 

真工高の四季