ようこそ!真岡工業高校のホームページへ
  本校は、昭和38年4月に真岡農業高等学校に工業学科機械科が併設され、スタートを切りました。そして、昭和41年4月に真岡農業高等学校から分離独立し、栃木県立真岡工業高等学校となりました。その後、土木科、建築科、電子科が順次設置され、平成23年に現在の学科構成となりました。芳賀地区唯一の工業高校として、これまでに多くの卒業生を輩出し、社会の第一線で活躍する人材を育成すると共にその存在価値を高めて参りました。
  現代は、急速な情報化の発達やグローバル化の進展など、知識基盤社会を背景として、複雑、多様化し、人の生き方、価値観も様々です。インターネットやスマートフォンの発達で、ほしい情報が瞬時に得られ、個人で世界に情報を発信することも可能となりました。また、交通網の発達によって人や物の移動も容易になりました。これらの恩恵を受けて、新しいものがどんどん生み出され、私たちの生活にもこれまで以上のスピードで変化をもたらしています。このように私たちは、「変化の激しい時代」を生きています。今後益々変化が激しさを増す中、高校生たちはこれからの世の中を生き抜いていかなければなりません。この様な変化の激しい時代を生き抜くためには、いかなる状況でも臨機応変に対応できる力が求められます。そして、その力を身に付けるためには、根気強くがんばれなければなりません。
 そこで、本校では今年度より在学中の生徒努力目標として、「がんばれる自分をつくる」を設定しました。本校生には、学習はもとより、部活動や資格取得など、様々な機会を捉えて自分を鍛え、自ら困難に立ち向かい、それを乗り越えることで頑張れる自分をつくっていってほしいと考えています。学校では、本校生がこの生徒努力目標を達成できるよう様々な教育活動を通して支援して参ります。しかし、学校だけでは十分な効果が得られないこともあるため、本校に関わりのある事業所や関係諸機関などの方々の協力が必要不可欠であると考えています。これらのことを鑑み、地域と共にある学校づくりを目指し、地域との連携を深め、卒業後は地域の産業界はもとより、国内外の様々な場所で活躍することのできる「がんばれる自分」の素養を有する人材の育成に努めて参ります。どうぞ、今後とも多くの方々に本校への理解を深めていただくと共に、御協力を賜りますようお願いいたします。

                                       栃木県立真岡工業高等学校長 日下田 静夫


 

 

真心工房のご案内

 

お知らせ

学校案内パンフレット完成しました。こちらをご覧ください。
(女子向けパンフ監修:宇都宮メディア・アーツ専門学校ビジュアルデザイン科) 
 

女子向け↓

 

 一般向け↓            


 

真工高の四季