お知らせ



~ 中学生の皆さんへ ~
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の一日体験学習は残念ながら「中止」とさせていただきます。
 つきましては、本校の学習内容や実習設備等を直接見学していただくことができないため、本校の教育活動等に関する【紹介ページ】を作成しました。
 是非ともご覧いただき、進路選択の一助としてご活用ください。
 

新着情報

 
生産機械科3年 実習紹介生産機械科11/30 16:22
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/27 18:57
生産機械科1年「旋盤作業実習」6週目生産機械科11/27 12:04
栃木県職業能力開発促進大会 表彰式建設科11/25 09:29
ものづくりマイスターによる講習会建設科11/24 18:31
飛沫防止パーテーション設置 久下田中建設科11/24 18:19
飛沫防止パーテーションの寄贈建設科11/24 17:58
生産機械科2年 制御実習 6週目生産機械科11/24 17:29
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/20 18:01
生産機械科1年「旋盤作業実習」5週目生産機械科11/20 12:00
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/19 18:01
進路指導部 進路学習会11/19進路指導部11/19 17:04
機械系3年 キャリア形成支援事業機械科11/18 17:04
二輪車安全運転講習会生産機械科11/18 13:12
生産機械科2年 制御実習 5週目生産機械科11/17 19:14
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/17 18:59
進路指導部 進路学習会11/17進路指導部11/17 16:13
建設科2年 現場見学会建設科11/17 15:57
生産機械科3年 実習紹介生産機械科11/16 19:00
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/16 18:05
真岡市文化祭--文芸部活動報告文芸部11/16 09:26
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/13 18:11
進路学習会 11/19(木)(株)フルヤ金属進路指導部11/13 14:06
進路学習会 11/17(火)県央産技校進路指導部11/13 13:46
生産機械科1年「旋盤作業実習」4週目生産機械科11/13 12:02
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/12 17:05
進路指導部 進路状況進路指導部11/11 09:10
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/10 18:08
生産機械科2年 「制御実習」 4週目生産機械科11/10 17:04
生産機械科3年 材料計測実習 2週目生産機械科11/09 17:09
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/09 16:53
ソフトテニス部 県新人大会(個人戦・団体戦)ソフトテニス部11/09 10:26
品質管理検定合格発表生産機械科11/09 09:27
令和2年度 体育祭生徒会11/09 08:38
生産機械科 飛沫防止マウスシールド寄贈生産機械科11/06 18:00
生産機械科1年「電気」実習6週目生産機械科11/06 13:32
11月8日は「いい歯の日」健康安全11/06 09:00
芳賀地方芸術祭--文芸部活動報告文芸部11/05 17:30
答え合わせ--文芸部活動報告文芸部11/05 17:00
保健だより 11月健康安全11/04 16:00
ソフトテニス部 練習試合(栃工・茂木)ソフトテニス部11/04 10:00

お知らせ

    ↓↓↓「カテゴリ選択」から閲覧したいカテゴリを選択できます↓↓↓
 カテゴリー選択をすると、特定の区分の記事だけをまとめて見ることができます。例えば、機械科の活動だけの記事を見たい場合や学校行事だけの記事を見たい場合などです。カテゴリーは13に分かれています。是非、ご活用ください。
 
真岡工業高校NEWS >> 記事詳細

2020/10/20

生産機械科2年 「溶接実習」5週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科

 生産機械科2年 実習紹介!

 本日、10月20日(火)は生産機械科2年において実習が行われました。今回は「溶接実習」5週目についてご紹介いたします。
 先週はアーク溶接の基礎知識や作業手順について学びました。今週はいよいよ溶接を行います。

 まずは、安全に作業を行うために、エプロン・手袋・靴カバーを装着します。


 アーク溶接用の装備


 次に、タッピングやブラッシングと呼ばれるアークを発生させるための作業を練習しました。作業台に鉄板を乗せ、電流が流れている溶接棒で叩いてスパーク(火花)を発生させます。

 タッピングを練習する様子

 鉄板と溶接棒の距離を一定に保ちながらアークを発生させます。この距離が近くても遠くてもアークが安定しません。

 
  アークを発生させる様子

 溶接後の鉄板にはスラグ(溶接部を空気から保護する膜)が固まっているので、ハンマで割り、ブラシで表面を整えます。
 

 スラグを割る様子
 
 スラグを取り除くと、下図のようになります。アーク溶接の溶接部はガス溶接と比較して、幅が広く、深いのが特徴です。

 
  アーク溶接によって接合した部分
 
 アーク溶接は5000℃を越える高温で接合するため、厚めの材料であっても接合することができます。
 
 次回は10月23日(金)生産機械科1年 工業技術基礎についてご紹介いたします。
16:54 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 生産機械科の活動

自転車競技部について

自転車競技部の令和3年度入学生からの部員の募集停止について

 諸般の事情により、自転車競技部の令和3年度入学生からの部員の募集を停止します。なお、現在所属している部員については、今後も活動を継続いたします。引き続き応援してくださるようお願いいたします。
 

真心工房のご案内


 

お知らせ

学校案内パンフレット完成しました。こちらをご覧ください。
(女子向けパンフ監修:宇都宮メディア・アーツ専門学校ビジュアルデザイン科) 
 

女子生徒向け↓
 

一般向け↓ 
学校案内1
 
学校案内2
 
 

真工高の四季