栃木県立茂木高等学校トップページへ
栃木県立茂木高等学校トップページへ


 

本校の概要

栃木県立茂木高等学校の概要


2019年度

1 学校概要                                                                  
〈沿革等〉
  ○大正11年に町立茂木実業補習学校として創立され、今年度98年目を迎える歴史と伝統ある高校。
  ○2万3千6百名を超える卒業生が、海外や県内外の様々な分野で活躍しています。
  ○地元公共団体や後援会、同窓会等の手厚い支援を受けながら、地域に根ざした高校として様々な教育活動を行っています。
〈職員・生徒状況等〉
  ○職員58名(講師、事務職員を含む)
  ○クラス編成等 各学年4クラス、全学年12クラス 男234、女232 合計466名
  ○生徒の多くが芳賀地区内から通学(約7割の生徒が、通学に真岡鐵道を利用)

2 教育目標等
〈校訓〉 「強く・寛く・聡く」
〈教育目標〉
  ○学問の尊重  ○情操と徳性の涵養  ○自主性の涵養  ○社会性の涵養 ○健康の増進
〈目指す学校像~生徒の多様な進学希望に対応する進学型総合学科として〉
  ○進学型総合学科として幅広い選択科目を設定し、生徒の学習意欲を高め、生徒の多様な進学希望に対応し進路実現を図る学校
  ○総合学科としてキャリア教育を充実させ、望ましい職業観や勤労観を身に付け、社会人としての確かな資質をはぐくむ学校
  ○部活動や生徒会活動、ボランティア活動などに積極的に参加することを支援し、一人一人の可能性を高める学校

〈募集する生徒像〉
  本校を強く志望する生徒で本校の教育目標・目指す学校像を理解し、次の(1)から(3)までの全てに該当する生徒
 (1)基本的な生活習慣や学習習慣を身に付け、学習に意欲的に取り組み、進路実現を目指し努力をする生徒
 (2)部活動、生徒会活動、ボランティア活動などに積極的に取り組み、自己の可能性を高める努力をする生徒
 (3)総合学科としての本校の良さを理解し、将来に対して明確な目的意識を持ち、積極的な高校生活を送ろうと努力をする生徒

3 教育課程等
  ○週あたり34単位(教科33、LHR1)、45分授業(月・火・木・金 7時限、水 6時限)を実施
  ○本校は、進学型の総合学科で、総合学科の特徴を活かし、生徒の希望する多様な系列に応じたきめ細やかな教育課程を工夫してい
    ます。
  ○学力はもとより、豊かな心や健やかな体の育成を図りつつ、生徒の進路実現に柔軟に対応でき得る教育課程を実施しています。

4 進路状況
 ○生徒の多くは大学等に進学               (過去3年間の進路状況:合格者数)

 
5 部活動状況
  ○多くの生徒が、積極的に部活動に取り組んでいます。
   ・部活動加入率78.0% 運動部53.4% 文化部24.6%
  ○優れた実績(過去3年間) 
   ・多くの部が地道に活動を重ね、県大会等で上位に入賞するなど、成果を上げています。
   ・関東大会出場・・・陸上競技部、柔道部、卓球部、男子ソフトテニス部、弓道部、音楽部(吹奏楽)
   ・全国大会出場・・・弓道部、音楽部(吹奏楽)、美術部(全国総文祭5年連続出場)

6 本校の特色ある教育活動等
○教育目標等を踏まえ、生徒一人一人を大切に、個に応じたきめ細やかな指導を行い、地域から信頼され評価される、特色ある学校
  づくりにチームで取り組んでいます。
  また、生徒一人一人が、本校で学ぶことに自信と誇りを持ち、有意義で実りある高校生活を送れるよう、そして、より高い進路実
  現につながるよう、教職員が一丸となって取組んでいます。

  (1)個を生かし大切にする、きめ細やかな指導
    ・授業を充実し、生徒一人一人の自己有用感を育む様々な教育活動。
    ・選抜クラスの設置(2,3年各1クラス)。
    ・希望進路に応じた多様な選択科目の設定と習熟度別授業、少人数授業の実施。
    ・新入生初期学習指導(Motegi Style)の実施や「茂木手帖」の活用等による学習習慣の定着。
    ・平日午後7時までの学修室解放、土曜学校開放・特別講座(希望者対象)、長期休業中課外授業。
    ・担任や教科担任による、こまめなで丁寧な面接指導の実施。
    ・昨年度から、県教委「学校組織力アッププラン」の「教科指導体制」研究(国語)の指定を受け、組織的、効果的に生徒の学力
       向上に努めていきます。

  (2)多様で充実したキャリア教育
    <系統的・組織的な進路指導>
    ・キャリア形成を意識した、生徒が主体的に将来の進路を選択できる進路指導。
    ・「産業社会と人間」や「総合的な学習の時間」等を活用し、地域資源を活用した多様で体系的なプログラム「ゆずも学」の実践
        を通した、キャリア教育の実施。
    ・各種進路関連講演会(各学年)、サイエンスキャンプ(1年)、大学講義(1年)、大学等見学会(2年)、インターンシップ(2年希望者)、
       大学入試説明会(3年)、オープンキャンパス参加(各学年)等様々な体験的行事の実施。
    <地域人材の育成に向けた取り組み>
    ・本校は、平成30年3月に茂木町と「包括連携協定」を締結し、地域と連携した様々な教育活動に取り組んでいます。
    ・平成29年度には、県教委より「高校生学力向上総合支援事業 スタディ・フロンティア推進事業「コア・スクールプラン」の
       実施校として、3年間の指定を受けました。さらに、今年度は、「インターンシップ推進事業」および「キャリア形成支援事
       業」の実施校としても県教委から指定を受け、地域や外部の関係機関と連携したさまざまな体験や活動、タブレット端末を活用
       した研究やプレゼンテーションなど、多彩なプログラムの実践を通し、生徒の課題解決能力、論理的思考力、コミュニケーショ
       ン力等の育成を図り、生徒のキャリア形成の推進にも力を注いでいきます。
    ・キャリア教育に係る本校の様々な取り組みは、その顕著な成果等が国からも大いに評価され、平成29年度にキャリア教育優良学
        校として文部科学大臣表彰を受けました。
    ・また、今年度は、地域と連携したこれまでのキャリア教育等の実績も踏まえ、文部科学省の新規事業「地域との連携による高等
       学校教育改革推進事業(地域魅力化型)」の推進校(アソシエイト)として、国から指定を受けました。

  (3)充実した特別活動、学校行事等
    ・本校は、部活動や生徒会活動以外に、地域を中心とした各種ボランティア活動なども盛んに行われています。また、年間を通
        し、学校行事も多彩で充実しています。

  (4)充実した施設・設備等
 ・普通教室のほか、少人数学習用のゼミ室や総合学習室、約200名収容可能なプレゼンテーション教室など、使用人数や用途に応
       じた多彩な施設や設備等が充実しています。
 ・全普通教室と総合学習室、特別教室等には固定式のプロジェクターが設置されており、ICT機器等を積極的かつ効果的に活用
       した授業を実践しています。
 ・自学自習の場として、早朝や放課後(19:00まで利用可能)等には、冷暖房完備で36の個別ブースを備えた「学修室」を利用する
       ことができます。
   

 

更新履歴