インフルエンザ等感染症

  治癒証明書はこちら
 

サイト内検索

カウンタ

725045

QRコード

携帯電話、スマートフォンからもアクセスできます。

QRコード

 

 

☆栃高教研工業部会webサイト

 

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や文章の無断転載は固くお断りします。
 

ログイン

情報技術科について

1 情報技術科の目指す人材像
 現在、コンピュータは、私たちの身の回りにあるテレビなどの家庭電化製品や、携帯電話、自動車、インターネットなど、様々な分野で使われています。今やコンピュータなしには社会が成り立ちません。
 情報技術科では、電気に関する知識を基礎として、電子技術、コンピュータのハードウェア、コンピュータ制御のためのプログラミング、通信システムなどを学び、情報化時代の基盤を技術的に支える仕事に携わる人材の育成を目指しています。

2 学習内容
 電気や電子の基礎的な知識・技術、コンピュータの仕組みや回路といったハードウェア技術、プログラムを主としたソフトウェア技術などについて、次のような科目を通して学習します。

(1)専門科目

 工業技術基礎 工業に関する基礎的技術を実験・実習によって体験し、工業の意義や役割について学習します。
 情報技術実習 実習を通して、プログラミング・制御・ネットワーク・マルチメディアなどの情報技術の応用について学習します。
 課題研究  各自が設定したテーマについて、3年次の1年間を通して研究します。 
 情報技術製図 製図の基礎と、CADを活用した機械要素や電子回路の図面の作成について学習します。 
 情報技術基礎  コンピュータの仕組みや回路、プログラムに関する基礎的な知識と技術について学習します。
 生産システム技術  ハードウェアの仕組みを理解するための電気・電子の基礎について学習します。
 プログラミング技術  コンピュータのプログラミングに関する基礎的な知識と技術について学習します。
 ハードウェア技術  ハードウェアに関する基礎的知識と技術、通信ネットワークの基礎について学習します。 

(2)主な選択科目

 ソフトウェア技術 ソフトウェアに関する基礎的知識と技術について学習します。
 コンピュータシステム技術
 文字・静止画像・動画像・音声の加工・編集技術について学習します。
 電子計測制御 
 計測技術、自動制御技術の基礎とコンピュータによる計測制御技術について学習します。


3 取得できる主な資格

 ITパスポート、基本情報技術者、工事担任者、パソコン利用技術検定、情報技術検定、
危険物取扱者乙種1~6類、全商ワープロ実務検定1~3級、初級CAD検定
 

情報技術科パンフレット

情報技術科案内パンフレットのダウンロードはこちら

* 具体的な「時間割」や「進路状況」はこちらへ情報技術科案内.pdf
 
PAGE TOP