栃木県立那須清峰高等学校
 〒329-2712 栃木県那須塩原市下永田6丁目4番地
     (学校案内図はこちらです)
  TEL:0287-36-1155 、 FAX:0287-37-2458
 
    e-mail:nasuseiho<a>tochigi-edu.ed.jp
                 ( 迷惑メール対策のため@を<a>にしています)
那須清峰高校のホームページへようこそ!
 

 本校は、機械科、電子機械科、建設工学科、電気科、情報技術科、商業科の6学科、
6学級の工業と商業を学ぶ専門高校です。卒業生は1万2千人を超え、地域産業界はもとより各方面で活躍しております。
 教育目標の『SpecialistとしてのSpirit・Sense・Mannerを有する技術者の養成』を目指し、生徒が技術者としての心構えと逞しい実践力をもち、併せて豊かな人間性をもつよう教職員一同努めております。
 ごゆっくり御覧いただき、本校についての理解を深めていただければ幸いです。(校長)
 

サイト内検索

カウンタ

641381

QRコード

携帯電話、スマートフォンからもアクセスできます。

QRコード

 

 

☆栃高教研工業部会webサイト

 

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や文章の無断転載は固くお断りします。
 

ログイン

校長メッセージ

                 ご あ い さ つ                                                   
                                      校長  葭葉  功    

 本校は、昭和36年4月に県北唯一の工業高校として電気科と機械科の2学科で開校しました。その後、昭和39年に土木科、平成元年に情報技術科が設立され、平成9年には、電子機械科と商業科を加え、校名も「栃木県立那須清峰高等学校」となりました。現在は、機械科、電子機械科、建設工学科、電気科、情報技術科、商業科の6学科・6学級の工業と商業を学ぶ総合選択制専門高校として、産業界へ多くの人材を輩出し、この学舎で学んだ卒業生一万二千余名は、地域産業界はもとより全国各方面において活躍しております。
 教育目標の『スペシャリストとしての、スピリット、センス、マナーを有する技術者の養成』を目指し、生徒が技術者としての心構えとたくましい実践力をもち、併せて豊かな人間性をもつよう教職員一同努めております。
 近年、我が国の教育を取り巻く状況は、少子高齢化の進展や地域社会・家族の変容、産業構造の変化による雇用環境の変容、グローバル化の進展、さらにはAI技術の飛躍的な進展、2045年には人工知能が人を凌駕する「シンギュラリティ」が起こると言われています。その様な混沌とした社会情勢の中、文部科学省の新学習指導要領の改定が行われました。その背景にあるのは、子供達に情報化やグローバル化など急激な社会変化の中でも、未来の創り手となるために必要な資質・能力を確実に備えることのできる学校教育を実現すること。さらには、改定の方向性である新しい時代に必要となる資質・能力の育成を図るために、「何ができるようになるか」「何を学ぶのか」「どのように学ぶのか」を考えながら教育課程を編成し、「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」を通して、これからの知識基盤社会をたくましく生き抜く子供達を育てていかなければなりません。
 その様な中、本校では高校生として求められる基礎・基本の学習をベースに、生徒の個に応じた教育活動や各学科の専門的な知識・技術を醸成する指導を心掛け、各学科においては、地域との連携を密に図りながら、積極的に高度な資格取得に挑戦するなど、様々な特色ある取組を行なっています。学科で学んだ専門技術・技能を競うものづくり大会においては、平成30年度は木材加工部門で関東大会、測量部門で全国大会に出場するなど、専門性を高める努力の跡が伺えました。
 さらに今年度も、国際福祉医療大学との高大連携や那須塩原市への地域連携事業にも積極的に取り組み、特に、那須塩原市の各種イベントへの参加や介護施設への車椅子修理等地域貢献も積極的を行い、その活動は高い評価を受けているところです。 
 また、進路状況については、早期から就職・進学ともに、継続した進路指導が行われ、就職希望生徒一人当たりの有効求人倍率は、11.2倍(栃木県高校平均2.14倍)と極めて高い倍率を記録し、地域産業界からの期待の高さが伺えます。
 本校では、充実した教育活動とともに、課外活動にも力を入れており、生徒会活動や部活動も活発で、PTAや同窓会等の強力な支援体制のもと、生徒の日頃からの鍛錬の成果として、各種の競技で県上位の成績をおさめております。昨年度は県高校総体において、陸上競技、スキー部が上位入賞し、関東大会、インターハイ、国体に出場しました。また、文化部では、メカ部が長野県で開催された全国総合文化祭マイコンカーラリー全国大会に出場する等、工業系学科の特性を生かした部活動も盛んです。
 今年度、時代は年号が変わる過渡期に差し掛かりますが、本校においても、来年度、学科改編により新たな学校に生まれ変わります。これまでに培われてきた本校の伝統と校風を引き継ぎ、本校に学ぶ生徒の可能性を信じ、最大限に引き出すために、全職員が一丸となって誠心誠意、教育活動に力を尽くす所存です。今後とも本校の教育活動に一層のご理解とご支援を頂きますようお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
PAGE TOP