Web一日体験学習
 

インフルエンザ等感染症

  治癒証明書はこちら
 

サイト内検索

カウンタ

777653

QRコード

携帯電話、スマートフォンからもアクセスできます。

QRコード

 

 

☆栃高教研工業部会webサイト

 

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や文章の無断転載は固くお断りします。
 

ログイン

学  習
機械要素の設計や各種加工・溶接・制御など基礎的な知識と技術について学びます
 
 在学中に取得可能な資格
〇2級ボイラー技士 〇ガス溶接技能講習修了証 〇製図検定 
〇危険物取扱者   〇2・3級技能士     〇品質管理検定
 
卒業後努力によってとれる資格
〇ガス溶接作業主任者 〇1級技能士 〇1級ボイラー技士


専門科目
〇工業技術基礎 〇課題研究   〇機械実習 〇機械製図
〇情報技術基礎 〇工業数理基礎 〇機械工作 〇機械設計
 
選択科目
〇原動機 生産システム技術 〇工業管理技術


専門性を生かした進路
就職では、主に製造現場における機械や設備の操作、保守・保全や、製品・部品の加工、組立、調整等の仕事に従事します。

また、設計・開発での試作や実験、品質や生産工程の管理業務にも従事します。

進学では、機械工学科や機械・生産システム工学科等の大学や生産技術科・機械技術科・自動車整備科等の専門学校などに進学しています。
 
主な就職先(過去3年間)
川田工業(株) キヤノンメディカルシステムズ(株) (株)栃木ニコン 
日産自動車(株) (株)ブリヂストン
 
主な進学先(過去3年間)
大学・短期大学
 宇都宮大学 日本工業大学

専門学校・その他
 県央産業技術専門校 日産自動車大学校
 関東職業能力開発大学校

 
 
機械科 >> 記事詳細

2020/07/28

機械科 Webオープンスクール!

| by 管理職
★機械科 Webオープンスクール 其の1★

 身近な社会産業において主要な役割を担っている機械工業。那須清峰高校機械科では、機械に関する基礎基本を学ぶことができます。幅広い知識・技術の習得はもちろんのこと、実践学習である実習や製図を通して『ものづくり』を学び、企業が求める即戦力になるようサポートをしていきます。

 このページでは、

『那須清峰高校の機械科ってどんな勉強するの?』

『設備は?』

『どんな資格を取得できるの?』

『卒業後の進路は?』

など、機械科の在校生や卒業生、先生方のインタビューを交えながら、機械科の魅力について紹介をしていきたいと思ってます。

 

 まず第1回目の今回は…『どんな勉強をしているの?をテーマに機械科を観てみましょう!

 

 工業高校では国語や数学といった一般教科の他に、工業学科の勉強があります。その中でも実作業を通して技術を身に付けていくのが『実習』です。今回はこの実習にスポットを当てていきたいと思います。実習では、安全に作業するための教育、機械の操作方法、加工方法を学ぶことができます。特に工作機械を使って金属を加工する機械加工と溶接は、3年間を通して実習する機会があります。技術をしっかり伸ばし、技能士などの資格を取得することもできます。

 


① 旋盤作業

  

        ②ガス溶接作業              ③アーク溶接作業

 

 写真は旋盤作業・ガス溶接作業・アーク溶接作業の様子です。

 このように機械科では実習を通して『ものづくり』を勉強することができます。

 1枚目の写真は旋盤作業です。丸棒の鋼材を旋盤という工作機械を用いて、段付加工やねじ切り加工、テーパ加工等の加工方法を習得し、作品を製作していきます。

 2枚目の写真はガス溶接作業です。ガス溶接は酸素とアセチレンガスを混合させたガスに点火した約3000℃の炎を用いて加工を行います。

 3枚目の写真はアーク溶接作業です。電気のエネルギーを熱のエネルギーに変えて溶接する方法っです。このエネルギーがとても強いので、まぶしい光と共に5000℃以上の熱を発生させて加工を行います。

 

 まだまだほんの一部しか紹介できていないので、定期的に更新していきたいと思います。
 
 次回は『どんな資格を取得することができるの?』をテーマにお伝えしていきます。

機械科広報担当



11:21
PAGE TOP