お知らせ

     大山記念館の見学
 新型コロナウイルス感染症対策のため、当分の間、全ての見学を中止とさせて頂きます。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。


 生徒・保護者のみなさまへ
 インフルエンザ等に罹患したときは、出校停止になります。感染が疑われるときは、必ず通院して検査を受けてください。出校する際は、治癒証明書を提出してもらうことになります。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

カウンタ

あなたは702809人目です

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

生物工学科


○学科の目標
 施設園芸および植物バイオテクノロジーに関する知識と技術を習得させる 
 園芸及び関連する産業の技術者として必要な能力と態度を育てる
          
○主な内容
 施設園芸では、野菜ではキュウリやトマト・メロンなど、草花ではシクラメンや花壇苗(パンジーやベゴニアなど)、果樹ではナシやリンゴなどを栽培し、実習を通して、栽培技術や専門知識を学びます。
 教科「植物バイオテクノロジー」では、野菜・草花などの培養や、DNAの抽出方法などを勉強します。また、キノコの培養も学習します。学校設定科目として、「ガーデニング」や「フラワーデザイン」などがあり、コンテナガーデンやフラワーアレンジメントも学習することができます。
          
○主な進路
進学(宇都宮大学、酪農学園大学、東京農業大学、栃木県農業大学校、群馬中央農業グリーン専門学校など)・就職・農業自営など、希望に応じて様々な進路が選択できます。
また、危険物取扱者・ガス溶接技能講習・移動式クレーン講習・玉掛け技能講習・大型特殊免許(農耕車)・ワープロ検定・文章能力検定・毒劇物取扱者・ボイラー技能講習など様々な資格が取得できます。

実験の様子(バイオテクノロジー)

実習風景(左から果樹、野菜、草花)