受検生の皆さんへ

〇簡易開示の実施について
 3月12日(木)から4月13日(月)までの間で行います。
 土、日、祝日を除く9時から12時及び13時から15時30分です。
 簡易開示の請求を行うことができるのは受検生本人に限ります。
 開示には『受検票』の提示が必要です。
 

〇合格通知書の交付および制服・実習服の採寸について
 普通科は3月11日(水)13時から14時まで
 専門学科は3月12日(木)10時から11時まで
 体育館隣の校庭側の校舎で行います。
 「合格通知書」と「合格者への連絡資料」を手渡します。『受検票』・『上履き』・『筆記用具(ボールペン)』を持参ください。
 車で来校される方は、校庭の南東側にある門を利用してください。駐車場は校庭になります。なお、車の渋滞が予想されますので出入りには十分気をつけてください。
 制服・実習服の採寸場所は交付の際にご案内いたします。なお、採寸には1時間程度かかります。住所と電話番号を記入いただきますので確認しておいてください。
 

〇新入生オリエンテーションについて

 3月25日(水)9時から行う予定ですので、8時55分までに来校してください。学用品等の準備はこの説明を受けた後にしてください。また、今後の状況によっては中止の場合もありますので、本校ホームページで確認してください。
 
 来校する際は、新型コロナウィルス感染拡大防止のためのマスク着用等可能な対策にご協力ください。また、感染が疑われる場合は申し訳ありませんが来校を控えていただき、本校までご連絡ください。
 
 
 今後、新型コロナウィルス感染拡大防止等のため、予定を急に変更する場合が考えられます。また、その他連絡が必要になる場合もあります。本校ホームページに随時掲載いたしますので、確認をお願いいたします。なお、ご不明な点については、本校までお問い合わせください。

 

PTA会員の皆様へ

   PTA春季支部会の一部変更のお知らせ


  日頃よりPTAの活動に御協力を賜り誠にありがとうございます。
  「新型コロナウイルス感染症」の影響により、次の5支部の春季支部会の会場が那須拓陽高校に変更となりでましたので、お知らせいたします。
 塩    谷 3/25(水)  19:00
 野崎・佐久山 3/20(金)  18:30
 大   田   原   3/26(木)  19:00
 若    草 3/23(月)  19:00
 金    田 3/20(金)  18:30
※ 日時の変更はありません。
(詳細はこちらをご覧ください → 春季支部会変更案内。)
※支部会に出席する際は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためマスクの着用にご協力願います。また、発熱や体調不良の場合は支部会の出席をご遠慮願います。
※支部会の中止や会場の変更等、急な変更については本校のメールやホームページでお知らせいたしますので実施直前に必ずご確認ください。
※御不明な点がありましたら、本校PTA事務局または各支部長まで御連絡ください。(PTA事務局 那須拓陽高等学校 0287- 36-1225)

 

お知らせ

     大山記念館の見学
 新型コロナウイルス感染症対策のため、当分の間、全ての見学を中止とさせて頂きます。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。


 生徒・保護者のみなさまへ
 インフルエンザ等に罹患したときは、出校停止になります。感染が疑われるときは、必ず通院して検査を受けてください。出校する際は、治癒証明書を提出してもらうことになります。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

カウンタ

あなたは622206人目です

IMAGINE

農業科のできごと


2019/03/01

【農業科】 食品化学科の活動

Tweet ThisSend to Facebook | by user

1月25日(金)

日本絵手紙協会公認講師の鈴木啓子先生をお招きし、食品化学科3年生が『絵手紙講習会』を実施しました。
絵手紙の始まりや道具の説明を受け、心を込めて書けば「ヘタでいい、ヘタがいい」と励まされながら作品を完成させることができました。作品は各家庭に届けられます。
普段口にしない感謝の思いを絵手紙に込めることができ、充実した時間となりました。


 


1月28日(月)

IFC製菓専門学校の柿沼亨先生をお招きし、食品化学科1年生を対象に洋菓子製造についての講義と製造実習を行いました。
はじめに、チョコレートの原料や種類についての講義、生チョコレート作成の模範実演をしていただき、その後、各班に分かれ製造実習をしました。製造実習が初めての生徒もいましたが、協力して手作りの生チョコレートを完成させることができました。




2月25日(月)

那須塩原バター普及研究会の萩原敏夫先生をお招きし、食品化学科2年生を対象に乳加工の講習会が行われました。

はじめにバターの種類や作り方についての講義があり、その後、本校の乃木農場で搾乳された生乳から作ったサワークリームを使い発酵バター製造を行いました。また、原料の生クリームを分離したときにできた脱脂乳を使った酸乳飲料つくりも行いました。
試食の際には、市販のフレッシュバターと発酵バターを比較した嗜好調査も行いました。

実習を通して、製造原理を確認でき、使用機器の構造や作用、原料の変化なども体験することができました。バター実習の他に、副産物である脱脂乳やバターミルクを用いた製造実習も実施できたことによって、県北の酪農地帯において、その乳や乳製品の加工への興味関心が高まる内容となりました。





 

 

 


12:44 | 投票する | 投票数(16)