お知らせ

中学生の皆さんへ
大田原高校の1日の様子がわかります。
 

同窓会よりお知らせ

創立120周年記念
紫塚同窓会会員名簿完成のお知らせ

このたび、創立120周年を記念した紫塚同窓会会員名簿が完成しました。
お申し込みをいただいた同窓生には、業者より直接送付されます。
公告を掲載していただいた皆様、賛助金をお寄せいただいた方々、また、名簿をお申し込みいただいたすべての方々に感謝申し上げます。
 

カウンタ

ご訪問有り難うございます。928737
since  Jan./23/2014

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

献花台の設置について

那須雪崩事故の献花台は、本校に設置されています。

1.場 所 
     栃木県立大田原高等学校
  正面玄関内
2.時間
  (平日)9:00~16:30
3.その他
  ・お供えいただくのは供花のみ
   です。飲食物はお控えくださ
   い。
  ・お焼香は出来ません。
  ・平日は事務室で声をかけてください。
   ・休日は設置しておりません。
 

85キロ強歩フォトアルバム

これからの予定をこれでチェック!

文芸部活動記録

文芸部
2020/11/27

2年ぶり3回目の全国大会へ

| by 国語科
 1年 大金飛翔君 
 令和3年度全国高等学校総合文化祭参加へ!


 文芸部では毎年冬に、県大会にあたる「橡(とちのき)文芸賞」に応募しています。
 大金君は散文の部に「大空を仰いで」を出品し、最優秀賞を獲得、さらに、散文・詩・短歌・俳句の4部門中で1位となる「大賞」に輝きました。これにより、来年度和歌山県で開かれる、全国高等学校総合文化祭への出場権を得ることができました。
 我が文芸部としては平成30年度、令和元年度と出場していましたが、今回2年ぶり、3回目の全国大会参加となります。大金君の作品は、特攻隊員であった曾祖父をモデルに、多くの文献に当たり、取材を重ねた、足で書いた作品とも言えます。出品作品は12,000字、機会を設けて大高生の皆さんにも読んでいただけたら嬉しいです。
 
        まだ部活動に入っていない1年生のみなさん、
        文芸部に入って全国大会を目指しませんか?
14:13
2020/04/15

令和元年度活動報告

| by 国語科

 令和元年度、大田原高等学校文芸部は、昨年に引き続き「全国高等学校総合文化祭2019さが総文祭文芸部門短歌の部」に出場することができました。出場したのは3年生の阿美幸樹君です。7月28日~31日の日程で、猛暑の佐賀に到着するまでに、丸一日を要しました。新幹線をから飛行機で福岡空港へ降り立つと高速バスに乗り換えます。福岡・佐賀間の所要時間が最も長く、九州の広さを実感しました。伊万里焼の風鈴が、涼しげな音で私たちを迎えてくれました。

 現地では、全国の高校生との交流や、名護屋城や吉野ケ里遺跡を巡る文学散歩がありました。また、その際創った短歌作品の発表など、盛りだくさんの内容でした。今後もこのような大会に出場がかなうよう、作品創作に励んでいきます。

 さて、その文芸部ですが、先輩方が卒業した今、(令和2年4月現在)部員は2年生ただ1人です。少し寂しく感じています。部活動紹介もなく、新入生にアピールする場もありませんでしたが、創作活動に興味のある大高生の入部を待っています。冬に行われる「栃木県文芸部大会」に入賞して、全国大会への切符を手に入れましょう

 



全国大会参加作品
 

 曇天に走る窓見て息吐いて今の居場所はホームへ置き去る

 藍の空写せる車窓その下に彼のいた跡残されており



13:11

平成30年度の文芸部

 今年度の文芸部は3年生3名、2年生5名で活動しています、1年生、是非入部してください、 さて、この度、8月7日~11日に行われた全国高等学校総合文化祭2018信州総文祭文芸部門短歌の部に2年生の阿美幸樹君が出場して参りました。昨年度の県大会で準大賞を受賞し、今回の機会を得ました。長野県佐久市を会場とした3日間は、長野ゆかりの小林一茶、高浜虚子、島崎藤村等の記念館や童話作家いわさきちひろ、松谷みよこを擁する黒姫童話館を訪ねる文学散歩、全国の高校生とのワークショップ、歌人穂村弘氏の講演会など、盛りだくさんの内容で、刺激を受けてきました。その成果は9月の大高祭で発行する部誌「俺出夢(おれいずむ)」をはじめとする作品に反映されていくことでしょう。
 また、8月の23日には、関東高校生文芸大会茨城大会に2年生の伊藤博保君が出場します。こちらも関東1都6県の高校生との交流が楽しみです。今後も対外的にも認めていただけるような作品を手がけていけるよう、創作活動に励んでいきたいと思っています。


 

平成29年度の文芸部

 今年度の文芸部は、個性豊かな2年生4名、1年生4名で、活動しています。
 各自が書きたいテーマを持ち、小説を執筆して部誌を発行しています。今年度は去る5月に発 行することができ、生徒の皆さんに読んでいただきました。毎年大高祭に向けても部誌を作成し ていますので、是非ご覧になってください。
 関東地区高校生文芸大会では、昨年度が短歌、今年度は詩が課題となり、創作に取り組みまし た。8月18日(金)に行われた埼玉大会には2年生の髙塩聖君が出品し、多くの高校生の作品 に触れてきました。ワークショップでは、グループ6人がランダムに出した単語を軸に詩を作り 上げるという経験に、創作のヒントを得て来ました。
 今後は、来年度の高文連全国大会の予選となる、県の「橡(とちのき)文芸賞」に向けて、作 品を執筆していきます。まだ大きな賞には辿り着いていませんが、部員相互に切磋琢磨しながら 各自の筆力向上を目指していきたいと思います。
 

文芸部

楽しくやっています。