授業公開

1.日時:令和元年10月25日(金)
     第5・6時限の授業(全学年)

2.日程:13:00~14:25(受付)
      保護者受付:昇降口
      学校関係者受付:正面玄関
     13:25~15:15   授業公開

授業公開時間割.pdf

 

カウンタ

ご訪問有り難うございます。695049
since  Jan./23/2014

献花台の設置について

那須雪崩事故の献花台は、本校に設置されています。

1.場 所 
     栃木県立大田原高等学校
  正面玄関内
2.時間
  (平日)9:00~16:30
3.その他
  ・お供えいただくのは供花のみ
   です。飲食物はお控えくださ
   い。
  ・お焼香は出来ません。
  ・平日は事務室で声をかけてください。
   ・休日は設置しておりません。
 

85キロ強歩フォトアルバム

これからの予定をこれでチェック!

ご注意

近年、「名簿を作成していますか。」というお問い合わせの電話をよく受けますが、学校・紫塚同窓会とも、現在、名簿作成は行っておりませんのでお知らせいたします。なお、次回の同窓会名簿の作成は、2020年になります。
 

お知らせ

ごあいさつ

校長 三森謙次

 大田原高校のホームページにようこそおいでくださいました。本校は明治35年に創立され、117年の歴史を刻んできた男子高校です。校訓「質素堅実」のもと、文武両道の実践を通して未来を力強く切り拓き社会の発展に貢献できる逞しいリーダーを育成することを目指しています。そのため、具体的には以下のような視点に立って教育活動を行っております。

1 「命」を大切に、「心の鏡」を磨こう。

本校は入学生のほとんどが大学受験を考えている高校ですから、日々の活動の中心は学習です。従って進路や受験を考えることはとても大切ですが、その前に人としての正しい判断や正しい行いを自然に実践できることは、それ以上に大切であると考えています。皆さんは心の中に、自分の行動を見つめるもう一人の自分の存在に気付いていますか?それを「自我」と言ったり「心の鏡」と言ったりします。高校時代は、正義感や勤労観、奉仕の精神、感謝の心、克己心、友情など倫理的に価値あるものを自分の中に獲得しながら自我を確立する時期です。私たち大高の教職員はそうした時代のまっただ中にある君たちに接しているということを自覚しながら、時には厳しく、愛情をもって日々指導することを心がけています。
さて、勉強より大切な心の教育ですが、それよりも大事なことがあります。それは命を大切にすることです。
一昨年3月に私たちは大切な7名の生徒と1名の教員の命を雪崩事故で失いました。この事故を教訓に、私たちは登下校を含めた教育活動の中で決して生徒や職員が命を失うことのないよう、安全対策と安全教育に力を入れていくことを誓いました。

2 高校時代は大きな岐路を迎える時期ととらえ、将来を展望する視点を生徒に養います。

高校時代は、卒業するまでの三年間に将来進む方向や職業を選択し、その方向や職業に向かう「進路」を実現させるために大学を選択します。
この選択は人生の中でも重大な選択ですから、学年に応じた指導計画の中で、大学卒業後の人生も見据えた人生の設計図を描けるようキャリア教育に力を入れています。個別面談をきめ細かく行うほか、国内外で活躍している先輩をキャリアモデルとして活用しながら、様々なプログラムを用意しています。

3 将来に備えることは大事ですが、青春時代の今を濃く熱く生きることも大切にします。

将来に備える学習はとても大切ですが、高校の三年間は生徒一人ひとりにとって一度きりの特別な時間です。この多感な高校時代に、勉強だけでなく部活動や学校行事に打ち込むことで、机の上の勉強だけでは学べない、友情・協調性・粘り強さ・リーダーシップなど、たくさんの得難いものを得ることができます。私たち大高の教職員は生徒達の「今」も「将来」と同様に大切であると考えています。
また、克己心を養う伝統行事に85キロ強歩と寒稽古があります。自分の中の弱さに向き合い、それを克服するという貴重な経験を得られる本校ならではの行事です。

4 思考力や表現力を高める指導を通して、真の学力を養います。

本校では、希望進路の実現を目指すことを中心に据えながら、「主体的・対話的で深い学び」に繋がる授業を展開し、生徒の自主性や思考力・表現力を育てています。主体的な学びの姿勢は生徒の生涯にわたる学びを支え、真の学力の獲得に繋がると考えます。

5 生徒の知的好奇心や学習意欲を喚起する機会を数多く設けます。

生徒の興味・関心こそが学びに向かう最大の原動力であると考え、生徒の知的好奇心を刺激する様々な機会を生徒に提供しています。大学の出前授業や企業訪問、講演会、海外短期研修などの機会を通して、生徒の知的向上心に火を点ける企画をふんだんに用意しています。

 今後とも、教職員一同、「安全な教育活動の実践」を胸に刻み、生徒一人一人の個性を大切にし、生徒の能力を引き出し高める教育の実現に努力してまいりますので、本校の教育活動にご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。