栃木県立大田原女子高等学校トップページへ


 

校長挨拶

 ごあいさつ

 大田原女子高等学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 令和3年4月に本校に着任しました、校長の丸茂博です。
 本校は、明治44年に創設された大田原町立実科高等女学校以来、今年で110年を迎える伝統校です。伝統校には、特別な力があります。特に、本校の校訓である「学びつつ 品位を高め ともに働く」は、大女高に学んだ者にとっての心の拠り所であり、卒業後も人生の指針として、常に心の中に宿り続けています。 
 「学びつつ」は、高校生の本分が学業にあり、授業を中心に主体的な学びを実践する姿勢が大切であることを示しています。「品位を高め」は、品位ある言葉遣いや態度を身に付け、心を豊かにして内面から輝く女性となることが大切であることを示しています。「ともに働く」は、勤労精神や奉仕の姿勢の大切さとともに、学校行事や部活動などに積極的に取り組み、自主性と協調性、思いやりの心などを養うことの大切さを示しています。
 この校訓を柱に、「情操豊かで 知性が高く 社会に貢献できる女性を育成する」の教育目標のもと、私たち教職員は、生徒一人一人に丁寧に向き合い、個性を尊重しながら、個々の能力を伸ばすための教育活動に、日々一丸となって努力しているところです。
 生徒たちも、大女高生としての誇りと自信を胸に、人間としての成長と自己実現を目指し、主体的な学びを促す授業、部活動、生徒会が中心となって企画・運営する「なでしこ祭」などの学校行事、福祉活動、海外短期研修などに意欲的に取り組み、生き生きとした高校生活を送っています。
  これからも本校は、生徒・保護者・地域の方々から信頼され、期待される学校となるよう、更なる教育活動の充実に努めて参りますので、引き続き、皆様からのご理解・ご支援をお願いいたします。
 中学生のみなさん、このような本校において、人生で最も多感な3年間を過ごしてみませんか。本校の恵まれた教育環境の中で自らの可能性をとことん追求し、まだ気づいていない自分を発見してみませんか。
                                       校長 丸茂 博

 

大女の風景

お知らせ


絵文字:NEW本年度のなでしこ祭について追加しました!
 バナーをクリックしてお進みください
 

緊急連絡

緊急の連絡はありません。