栃木県立大田原女子高等学校トップページへ


 

なでしこ祭

なでしこ祭
 
 
 

ステージ発表

『和太鼓愛好会』

なでしこ祭で大太鼓、締太鼓、長胴太鼓の共演による「農民道全一太鼓」のステージ発表をしました。

第一楽章 敬天愛地

第二楽章 自然順応

第三楽章 萬物浄化

第四楽章 国本培養

第五楽章 生命創造

 

 

『書道部』

書道部は作品展示と書道パフォーマンスを行いました。

3年生のみのステージ発表となりましたが、学校祭の看板と書道パフォーマンスを行いました。

「なでしこ祭」の看板は今までの練習の時よりも、本番で一番バランスがとれ、とてもうまく書くことができました。

書道パフォーマンスでは、3年間の集大成ということもあり、準備や案決め、演出について、3年生それぞれが活発に意見を出し合い、前日まで調整をし、みんなが笑顔で最高の作品をつくり上げられました。

   「百」回泣いたら倍笑え  一緒に過ごした仲間と

   運命を照らす「花」のように咲き誇れ

「繚」らせろ青春の渦   明日はいい日になる

夢に向かって  一心不「乱」

 

『箏曲部』

なでしこ祭では、漫画「この音とまれ」より「龍星群」を演奏させていただきました。春の発表会等なくなってしまったので、今年初めての発表の場でした。例年とは違う状況で、密にならないよう工夫しながら練習に取り組んできました。本番ではその成果を出すことができました。

 

『吹奏学部』

私たち吹奏楽部は、栃木県代表として第44回全国高等学校総合文化祭に出場しました。新型コロナウィルスの影響でWeb開催となりましたが、ネット上で全国の高校生の演奏に触れる良い機会になりました。1031日まで、Webに演奏の動画がアップロードされておりますので、是非ご覧ください

先日、校内なでしこ祭が開催され、体育館でのステージ発表がありました。なでしこ祭も新型コロナウィルスの影響で規模が縮小されましたが、無事発表を行うことができました。本番では手拍子で会場が一体となり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

『合唱部』

コロナ禍の下ではございましたが、文化祭での発表の機会をいただき、22名での最初で最後のステージに臨みました。今回は3年生の思い出の曲である3曲を演奏し、一人一人の想いのこもった、とても楽しいステージになりました。

これまでたくさんの方々のご支援ご協力の下、とても充実した活動ができたこと、3年生一同この場をお借りしまして深く感謝申し上げます。3年生はこれにて引退となりますが、今後とも合唱部の応援をどうぞよろしくお願いいたします。これより1,2年生の新体制での活動となります。1月のヴォーカルアンサンブルコンテストに向けて、新入部員もまだまだ募集中です。興味のある方は、是非音楽室へ足をお運びください。お待ちしております。

 

 

 

『演劇部』

題名-「リモート会議は踊る」

今回演劇部は、新型コロナウイルス感染症対策として、“リモートで部活の会議をやったらどうなるか?”という設定で、実際にリモートを使いながら演劇をするということに、実験的に取り組みました。やはり、電波状況やタイムラグ等の問題があり、自分たちが思うようには上演できませんでしたが、途中に織り込んだ寸劇や漫才等の場面で、多くの生徒から温かい拍手をいただけたのは何よりの励みになりました。この厳しい状況の中、“どのように部活を安全に出来るか?”を模索しながら今後も活動していきたいと思います。

 

『語学部』

私たち語学部は英語を使った劇をやりました。劇の中では、告白の仕方や授業では勉強しないけど便利なフレーズを紹介しました。英語が苦手な人もこれを機に興味をもってもらえたらうれしいです!今年の文化祭は例年とは違いさまざまな制限がある中での発表でしたが、先生方の協力もあり、文化祭をとても盛り上げることができたと思います。さらに、3年生に楽しんでもらいたいという気持ちが大成功につながったと思います!

 

『フォークソング部』

フォークソング部は9曲で構成されたヒット曲メドレーとofficial髭男dismの「宿命」を披露しました。3年生の集大成となる最後の発表を楽しく、明るく終えることができました。

 

『被服部』

私たち被服部は、ファッションショーを行いました。今年度は、「私たちの世界とその裏側の世界の人々が集う祭日」をテーマに表現しました。学校再開後、部員全員で毎日、朝早く、そして放課後も一生懸命、ドレス作りに取り組みました。コロナ感染予防のため、いつもの歓声は盛大な拍手に変わり、ショーは校内発表を締めくくるフィナーレとなりました。部員も募集していますので、興味のある人はどんどん来て下さい。初心者、大歓迎です!!

 

 

展示

『科学部』

今年のなでしこ祭は、校内発表のみで時間も短縮という、規模を縮小しての開催となりました。限られた見学時間の中で、よりインパクトのある展示法はないか、部員同士意見を出し合いながら色々考えました。出した結論がタイムラプス動画です。毎年飼育しているカイコですが、エサを食べたり、繭を作ったり、脱皮をしたりする様子をタイムラプス撮影をして動画を作成しました。その他にも、種子が発芽する様子や、パンにカビが生える様子など、様々なものをタイムラプス撮影し、上映しました。普段なかなか見ることのできない生命の神秘を感じられたのではないでしょうか。今後もこの手法を用いて、様々なものを撮影していきたいです。

 

 

『イラストアニメ部』

今年度は、カラーボードの展示と部誌の配布を行いました。カラーボードを多くの友人たちが見て声をかけてくれて嬉しかったです。部誌も講評で、さらなる創作活動の励みになりました。

 

『茶道部』

例年お茶会を催していますが、今年度は、お茶会で使う御園棚を展示しました。御園棚は椅子に座ってお点前をする立礼式の棚の1つです。裏千家14代淡々斎が考案されました。

 

『ユネスコ部』

 今年度は、昨年度に引き続きSDGsに関わる展示を行いました。SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable DevelopmentGoals)」の略称で、国連サミットで採択された、2016年から2030年の15年間で達成するために掲げられた17の目標です。貧困や飢餓、健康、教育など、開発途上国に関わりが深い問題もあれば、エネルギーや経済成長など、先進国である私たちにも深く関わる問題もあります。さらに、気候変動など世界を包括するような目標まで多岐にわたります。このような問題を身近なものとして捉え、私たちが取り組んでいけることを考えるのと同時に、今年は作成したSDGsカレンダーを、各クラスおよび校長室、職員室、事務室に配布し、SDGsを広く知ってもらうことにも力を入れました。これを機に、私たち自身が世界のため、日本のため、そして地球のためにできることを考えてみませんか?

 

『美術部』

今年度は、デッサンやなでしこ祭に向けて制作した作品の展示を行いました。コメントを記入するノートに感想を書いてくれる友達も多く、嬉しい気持ちになりました。3年生はこれで引退ですが、最後に発表の場を設けていただけて良かったです。ありがとうございました。

 

『文芸部』

 文芸部は部誌「撫子」を発行、配布しました。昨年度末は、長期休校の影響で新入生オリエンテーションに合わせての部誌「こかげ」の発行ができず、悔しい思いでした。しかし、校内発表ではありますが、なでしこ祭が無事に開催され、作品展示の機会を頂けたことに胸がいっぱいです。また、今回発表した部誌が、全て大女高生の手に届きましたことは私たちの誇りです。ありがとうございました。

 最後に、文芸部は現在2年生2名で活動しています。

 毎週水曜日、2舎3階の文芸部室で放課後1時間ほど活動しています。どなたでも大歓迎です。ぜひ、見学だけでも来てくださるとうれしいです。

 

『華道部』

令和28月28日(金)、本校にて、なでしこ祭校内発表が行われました。

華道部からは3年生3名、2年生1名、1年生2名、合計6名の参加になりました。

2学期早々、華道部員皆で花屋に出向き、なでしこ祭に展示する花材一つ一つを部員自ら時間をかけて選定しました。その甲斐あって、校内発表当日は個性あふれる作品を展示することができました。準備時間の都合上、今年度は個人展示のみの実施となりましたが、別の機会があれば、昨年同様の合作展示も実施してみたいです。

 

『書道部』

1、2年生は「~臨書に触れる~」をテーマに作品展示をしました。

各々の個性溢れる作品となりました。きみも筆と友達になろう!!

 




 

大女の風景

お知らせ


絵文字:NEW本年度のなでしこ祭について追加しました!
 バナーをクリックしてお進みください
 

緊急連絡

緊急の連絡はありません。