ようこそ小山高校HPへ

 
栃木県立小山高等学校
~小山高校は2018年に創立100周年を迎えます~

〒323-0028 栃木県小山市若木町2-8-51  TEL 0285-22-0236
 数理科学科ロゴ
数理科学科ロゴマーク
クリックすると校歌が流れます → 小山高校校歌.mp3
 

学校風景

お知らせ

◎ 大会報告                                     部活動紹介へ
                                       
   各部活の大会結果は以下の通りです
 

日誌

大会報告等
12345
2017/06/21

剣道部大会報告

| by:部活動

大会結果

大会名:第64回全国高等学校剣道大会県予選会

日 時:平成29年6月19日(月)~20日(火)

会 場:県南体育館

結 果:【男子団体】 ベスト8

    2回戦 対 小山高専  5対0 勝ち

    3回戦 対 栃木湘南  4対0 勝ち

    4回戦 対 大田原   2対2 代表戦負け

   

    【女子団体】 第3位

    2回戦 対 茂木    4対0 勝ち

    3回戦 対 さくら清修 5対0 勝ち

    4回戦 対 宇短附   4対0 勝ち

    準決勝 対 文星女子  2対1 負け


  男女とも昨年度優勝校という伝統の重みと戦いながら死力を尽く   
 して夢に挑戦しましたが、インターハイの切符を手にすることはで 
 きませんでした。勝つことの難しさを改めて思い知らされた大会と
 なりました。選手の3年生は福岡・玉竜旗まで継続して稽古に励み
 ますが、その他の3年生はここで区切りをつけて引退となります。
 今回の負けを謙虚に受け止めて、玉竜旗での活躍と来年のリベンジ
 を誓って、力強く一歩一歩進んでまいります。
 応援していただいた先生方、OB・OGの皆様、関係の皆様にこの
 場をお借りいたしまして心より御礼を申し上げます。

19:05
2017/06/12

剣道部大会報告

| by:部活動

大会結果

大会名:第64回関東高等学校剣道大会

日 時:平成29年6月9日~11日

会 場:ひたちなか市総合運動公園体育館

結 果:【男子団体】

     予選リーグ 対 岩瀬日大(茨 城) 0対1 負け

           対 立教新座(埼 玉) 1対2 負け

      【女子団体】

            予選リーグ  対 甲府南 (山 梨) 4対0 勝ち

           対 上 水 (東 京) 1対1 引き分け

            決勝トーナメント

      1回戦  対 安 房   (千 葉) 0対3 負け

       

      【女子個人】

    生沼 央佳  2回戦敗退

 
 たくさんの応援をありがとうございました。
 来週のインターハイ予選は必ず勝ちます。


10:13
2017/05/23

剣道部大会結果報告

| by:部活動

大会結果

大会名:平成29年度栃木県高等学校総合体育大会

 兼 第64回関東高等学校剣道大会県予選会


大会日時:平成29年5月15日~16日


結果:【男子団体】準優勝(関東大会出場)

   
   2回戦 対 那須清峰  5対0 勝ち

   3回戦 対 宇都宮工業 3対1 勝ち

   4回戦 対 真岡    4対0 勝ち

   準決勝 対 白鴎足利  2対1 勝ち

   決勝  対 佐野日大  1対2 負け

                     

   
   【女子団体】3位(関東大会出場)

   
   2回戦 対 合同チーム 5対0 勝ち

   3回戦 対 小山城南  5対0 勝ち

   4回戦 対 宇短附   3対1 勝ち

   準決勝 対 矢板中央  1対1 代表戦負け

   3位決定戦 対 作新学院  1対0 勝ち

 

   【女子個人】

   生沼 央佳(3-3)優勝(関東大会出場)





  
10:15
2017/03/06

剣道部大会報告

| by:部活動

大会名:第37回関東近県高校選抜剣道大会

大会日時:平成29年3月5日

結果:【男子団体】優勝

              2回戦 対 杉並学院(東京) 4対1 勝ち

              3回戦 対 日大東北(福島) 3対1 勝ち

      4回戦 対 学館浦安(千葉) 1対1 代表戦勝ち

              準決勝 対 水戸葵陵(茨城) 2対2 代表戦勝ち

              決勝  対 佐野日大(栃木) 2対1 勝ち
 
   《選手》
    先鋒:菊地雄平(1-2)
    次鋒:齋藤勇樹(2-2)
    中堅:篠原成輝(1-3)
    副将:篠原宗眞(2-4)
    大将:髙野快平(2-2)
    控え:鴨田順平(2-2)、松尾海陸(2-3)
 

   

     【女子団体】3回戦敗退

      2回戦 対 茗渓学園(茨城) 1対0 勝ち
      3回戦 対 五泉(新潟)   1対2 負け

   《選手》
    先鋒:髙山彩光(2-5)
    次鋒:林 珠希(1-3)
    中堅:針谷育世(2-4)
    副将:石島朋果(2-3)
    大将:生沼央佳(2-3)
    控え:富川佐和子(2-3)、野生賀子(1-5)





14:38
2017/01/26

男子バスケットボール部 新人大会報告

| by:部活動

大 会 名:平成28年度 第72回栃木県高等学校バスケットボール新人大会 
     兼 関東新人バスケットボール大会県予選会

大会日時:平成29年1月 14・15・21・22日
結  果: 1回戦  対  足利南  108-29 勝ち
      2回戦  対  鹿沼    75-31 勝ち
      3回戦  対  宇都宮南 103-35 勝ち
      4回戦  対  白鴎足利  69-70 負け
     5-8位決定戦 対 小山城南  50-64 負け
     7-8位決定戦 対 宇都宮北  77-38 勝ち

 最終結果 第7位 

 多くの小山高校バスケットボール部OBの方々、保護者の皆様、会場まで足をお運びいただき温かいご声援ありがとうございました。選手たちは終了のブザーまで縦横無尽に走りましたが、4回戦は1点の大切さを突きつけられる結果となってしまいました。4回戦での1点の重みを強く噛み締めて、春の大会に向けて、強いディフェンス、速いオフェンス確立のため強化に励みます。
 今後とも応援よろしくお願いいたします。            顧問 大森
09:27
2017/01/17

剣道部大会報告

| by:部活動

大会結果

大会名:平成28年度栃木県高等学校剣道新人大会

兼第26回全国高等学校剣道選抜大会県予選会

大会日時:平成29年1月14日

結果:【男子団体】準優勝

   2回戦 対 栃木    3対0 勝ち

   3回戦 対 宇短附   3対0 勝ち

   4回戦 対 宇都宮   3対0 勝ち

   準決勝 対 文星芸大  2対2 勝ち(本数勝ち)

   決勝  対 佐野日大  1対1 負け(本数負け)

   

   【女子団体】第3位

     2回戦 対 小山城南   5対0 勝ち

     3回戦 対 宇短附    5対0 勝ち

     準決勝 対 作新学院   1対2 負け




14:35
2016/12/16

文芸部 大会報告

| by:部活動
栃木県高等学校文化連盟 文芸部会主催
平成28年度 第6回橡(とちのき)文芸賞

県内の文芸部員が参加するコンクールとしては最大のものです。
散文部門、詩部門、短歌部門、俳句部門の4つの部門があります。

【結果報告】
短歌部門 優秀賞(第2位) 2年3組 松本明日香
俳句部門 優秀賞(第2位) 2年1組 寺井あかね
詩部門  佳作       1年4組 香月亮太朗



08:30
2016/12/07

ウエイトリフティング部 大会報告

| by:部活動

大会名:平成28年度栃木県高等学校ウエイトリフティング競技新人大会

 

日 時:平成28年11月19日【小山南高校トレーニング場】

 

結 果:

【男子】

    62㎏級  小川直登  1

    105kg級 篠原有輝  1

【女子】

     48kg級 富山日嘉瑠 1

     スナッチ・ジャーク・トータルの3部門で県高校新記録樹立!!

 

  上記3名は、1月14・15日さいたま市記念総合体育館で行われる

   関東選抜大会に出場決定

 


14:17
2016/10/26

ウェイトリフティング部 大会報告

| by:広報

大会名:第71回国民体育大会ウエイトリフティング競技大会

 

日 時:平成28年10月3・4・5日【江差中央体育館】

 

結 果:

【男子】

    77㎏級 関 風輝  スナッチ7

               ジャーク4

               トータル5


09:11
2016/09/20

第69回秋季高校野球2回戦(対作新9月19日清原)

| by:部活動
第69回秋季高校野球栃木大会2回戦(9月19日 清原球場)
 作新学院|014 112 22|13
 小山高校|000 105 00|6 8回コールド敗退
 小山 宮崎・大友・上野・湯沢-川原 二塁打日向野

  
  
 
  1日順延の19日に清原球場にて、シード校の作新学院高校と対戦しました。3週間前の交流戦決勝と両校同じ布陣での一線でしたが、またしても作新学院の壁を越えることはできませんでした。雨の日が続き、なかなか練習環境も厳しい状況でしたが、雨天時の人工芝対策の練習、左投手対策など、また昨年の『ラグビー日本代表9・19奇跡の南アフリカ戦』のダイジェスト映像などを視聴し、メンタル面の調整など気持ちを高めていきました。
  ちょうど9.19は、奇跡の南アフリカ戦から1年、三塁側スタンドの『WE ARE SAKUSHIN』の大合唱に負けない、我々『ONE TEAM』 『OYAMA WAY』を合い言葉に試合に臨んでいきました。
  しかし、初回のピンチは凌いだものの、ミスからの失点にはじまり、4回までに6点差と開いてしまいました。このときベンチで確認したのは、『13年前の夏の決勝戦、同じ清原球場で 序盤0-6の展開から、先輩たちは逆転して、甲子園に出場した。そのときの監督も今日は来ているぞ!』ということ。しかしながら、ヒット数はほぼ互角ながら、記録に残らない守備のミス、四死球と長打の差で試合が決まってしまいました。最終的に突き放されてしまいました。
  
  交流戦から厳しい組み合わせの中、日本一になったばかりの作新学院、2年前の春選抜4強の佐野日大と3試合、すべて県内屈指のサウスポーと対戦できたことや、1年生が3名 登板できたことなどもいい経験となりました。
  来月は、1年生大会も始まります。今回出場機会のなかたリザーブの1年生の“もがき”も期待しています。 

〈今後の予定〉
24日(土) 対栃木工(小山高G)
25日(日) 対さくら清修(小山高G)
10月2日(日)対栃木工(栃工G)※2年生は定期テスト前のため、1年生大会の練習試合
09:14
12345

最新ニュース

QRコード

携帯電話・スマートフォン
からもアクセスできます
 

天気予報

 

小山高校周辺の地図