栃木県立小山西高等学校
 
 本校教育目標
 (1)学校教育目標
 
  ① 生徒指標

    知性を磨き、徳行を磨き、体力を練る。

 

② 教育目標

       あらゆる教育活動を通して、学力・体力の向上と徳性の涵養に努め、共生の心を持って逞しく生き、社会に貢献できる人材を育成する。

    ア 真理を求め、正義を愛し、正しく判断する知性を養う。

    イ 情報化社会に対応できる知識・技能と見識を養う。

    ウ 国際社会に対応できる知的教養と見識を高める。

    エ 徳性を高め、豊かな感性・情操を養う。

    オ 一人一人を大切にし、さまざまな人々と共に生きる心を養う。

    カ 心身の健康維持・向上に努め、勉学と体力の強化に精励する。

 

③ 教育方針

   ア 個性を大切にする教育

○ 生徒の個性を伸張し、進路に応じた教育を行う。

   イ 創造性を豊かにする教育

  情報化・国際化に適切に対応できる生徒を養成するための教育を行う。

    ウ 自主性を育む教育

  集団生活を通して、主体的に行動できる生徒を育成する。

    エ 豊かな心を育む教育

  豊かな感情や情操を醸成する。

 

 (2)学校経営目標

① 目指す学校像

「知・徳・体」をより高い次元でバランスよく身につけさせる教育を実践し、生徒一人一人の人格の完成と進路の実現を目指し、地域に信頼される学校。

ア 大学進学を目標とする生徒の進路実現を図るため、きめ細やかな学習指導と進路指導を行う。

イ 生徒の規範意識を高め、共生の心を養い、ボランティア活動や地域との交流等を通して、心の教育を推進する。

ウ 生徒が充実した学校生活を送れるように、健康指導を重視し、学校行事および部活動を振興する。 

 

  目指す生徒像

ア 基礎的・基本的な知識・技能と、それらを活用して課題を解決する力を身に付けた生徒

イ 自他を尊重する精神と共生の心をもち、他者と協働して物事に取り組む生徒

ウ 目標に向かって自ら行動をおこし、かつ粘り強く努力を続けられる生徒

  育てたい資質・能力

  思考力:物事を論理的に考え、根拠にもとづき主体的に判断する力

イ 発信力:自分の意見や学んだことを的確に表現し他者に伝える力

 探究力:物事を見極め追究し、課題を解決する力

エ 寛容性:自他の違いを受け入れ、相手の立場に立って考える力

オ 協働力:他者と協力し、協働して物事を成し遂げる力

 カ 主体性:主体的・計画的に学習・行動する力

キ 向上心:目標に向かって挑戦し、自己をより高めようとする力

ク 継続力:途中であきらめず粘り強く取り組む力


 

 

緊急のお知らせ

特にありません