栃木県立小山西高等学校
 

1学年より

1学年 >> 記事詳細

2020/09/28

1学年 薬物乱用防止教室

| by 職員02-39

9月28日(月)6限目に薬物乱用防止教室が実施されました。


 

<講師> 薬剤師  小平 知生 先生    <演題> 「薬物乱用と依存と中毒」

薬物の種類やその害、依存症になった時の恐ろしい症状などについて、実験や映像を交えて講話を頂きました。

 
 

特に「薬物で傷ついた脳は治らない・・」という言葉や、シンナーが体内を破壊する様子をわかりやすく示したウーロン茶の実験は衝撃的でした。
そして薬物を使用したときの幻覚は普通の物があり得ない大きさに見えてしまうという様子を、1000倍の大きさのストローの模型で説明してくださいました。
また、タバコやアルコールの害についても肺や肝臓のショッキングな写真には恐ろしさを感じました。

この講話から、安易な行動から犯罪に巻き込まれたり命の危険にさらされることが身近なところで起こる可能性のあることを認識し、高い危機管理意識を持って行動しましょう。



15:52

緊急のお知らせ

小西(おにし)だよりに掲載します