未来創造大学

とちぎ子どもの未来創造大学みらいそうぞうだいがくについて

未来創造大学学長(栃木県教育委員会教育長)宇田貞夫

学長あいさつがくちょうあいさつ

とちぎ子どもの未来創造大学学長(栃木県教育委員会教育長)の宇田貞夫です。
とちぎ子どもの未来創造大学(とちぎ子ども大学)は、理系4コース、文系3コース、学び方1コースの全8コースで実施します。
とちぎ子ども大学では、その場所でしか見られないもの、体験できないことなど、「本物」に触れる学びや栃木県で活躍している専門家の先生方の授業を受けることができます。
学ぶことは、自分の成長へとつながります。自分の興味や関心のあることをさらに深めたり、今まであまり触れたことのない世界に挑戦したりすることによって、自分の新たな可能性が広げられるかもしれません。ぜひ、いろいろな講座を受けてみましょう。

とちぎ子どもの未来創造大学 学長宇田 貞夫

とちぎ子どもの未来創造大学では、どんなことができるの?

Q1誰でも学べるの?
栃木県に住んでいる、または栃木県の学校に通っている小学4年生~中学3年生(義務教育学校の相当学年)なら誰でも参加できます。いつからでも、好きな講座を好きなだけ選んで学べます。
Q2どんなことが学べるの?
例えば、「ロボットや自動車はどうやって動くのだろう?」「人間や動物の体の仕組みはどうなっているのだろう?」など、みなさんの身の回りにある不思議について、大学や企業、県の研究所などで活躍している専門家の先生たちから話を聞いて、知ることができます。
Q3参加費はあるの?
講座によって、材料費がかかるものもありますが、ほとんどが無料です。
Q4講座に参加するとどうなるの?
「単位」を取ることができます。「単位」とは、講座を受けた証明です。講座を1つ受けると 「1単位」となり、単位シールが1つもらえるので、「学びのパスポート」というノートに貼っていきます。シールがたくさん貼られているとたくさん単位が取れたということになります。「学びのパスポート」は、初めて受ける講座の受付でもらうことができます。
Q5単位をたくさんもらうとどうなるの?
その年度の単位を4つもらうと、「特別体験講座」に申し込むことができます。「特別体験講座」では、先端技術のある研究施設などに行き、普段はなかなか見ることができない施設の中を見学したり、先端技術を体験したりすることができます。また、4単位もらうごとに、ステップアップシールという特別なシールがもらえます。
Q6もっと詳しく知るには?
ホームページに新しい情報がのっています。わからない時は、メールでも質問できます。
「とちぎ子ども大学」で検索してみましょう。

保護者の皆様へほごしゃのみなさまへ

「とちぎ子どもの未来創造大学」では、子どもたちの学力向上の基礎づくりのために必要な「学ぶ意欲を高め主体的に学習に取り組む態度」を身につけることを目的としています。「とちぎこどものみらいそうぞうだいがく」では、こどもたちのがくりょくこうじょうのきそづくりのためにひつような「まなぶいよくをたかめしゅたいてきにがくしゅうにとりくむたいど」をみにつけることをもくてきとしています。

社会教育の観点から、県内の高等教育機関・民間企業等と連携したさまざまな学習機会を子どもたちに提供することで、学校における学習だけではなく、幅広い学びを体験することができます。

しゃかいきょういくのかんてんから、けんないのこうとうきょういくきかん・みんかんきぎょうなどとれんけいしたさまざまながくしゅうきかいをこどもたちにていきょうすることで、がっこうにおけるがくしゅうだけではなく、はばひろいまなびをたいけんすることができます。
実行委員会組織図じっこういいんかいそしきず
実行委員会組織図

とちぎ子どもの未来創造大学では、県内の高等教育機関・民間企業・県関係機関等の協力を得て実行委員会を組織し、講座の企画・運営をしています。

とちぎこどものみらいそうぞうだいがくでは、けんないのこうとうきょういくきかん・みんかんきぎょう・けんかんけいきかんなどのきょうりょくをえてじっこういいんかいをそしきしこうざのきかく、うんえいをしています。
〜平成28年度とちぎ子どもの未来創造大学アンケート結果から〜
Q1.何年生が一番多く受けているの?(n=2424
小学4年生が1番多く受けています。全体では小学生が92.9%、中学生が7.1%です。
  • アンケート結果1
Q2.平成28年度は何名受けているの?
スタートアップ講座、「本物」体験講座、各講座、特別体験学習、受講者交流学習をあわせて、のべ約3,300名が受けています。
Q3.学生のみんなは家の人にすすめられて受けているの?(n=2438)
各講座では、自分が興味をもって受けた人が1番多くなっています。
  • アンケート結果1
Q4.講座を受けた結果、今後どのようにしたいと思っているの?(n=2424 複数回答)
学ぶことが楽しくなって、他のことを学んでみたいという意欲が高まっています。また、将来について考えるきっかけにもなっています。4講座以上受けた学生は305名でした。
  • アンケート結果1
    ※上位4項目
Q5.講座を受けて良かったこと、受講後に頑張ってみようと思ったことは何ですか?
【良かったこと】
・家や学校で習うことができない貴重なことを学ぶことができた。
・一般の人が入れない施設に入れたり貴重な話を聞けたりした。
・今まで疑問に思っていた事が分かった。

【頑張ってみようと思ったこと(受講者交流学習での受講者の発表内容から抜粋)】
・苦手なことを頑張ろうと思った。
・学校の学習も子ども大学のときのように、たくさん手をあげて積極的にやってみようと思った。
・科学や最新の技術などのことについて、もっと知りたいと思った。
・知らないことをもっと調べて、そのことについてまとめたり、覚えやすいようにノートに書いたりしようと思った。
・講座で学んだことを友達に教えたいと思った。
TOP