支援部からのお知らせ

学校支援より

お知らせ
12345
2019/09/12

令和元年度第3回聴覚障害児の理解・指導に関する研修会を行いました。

| by 支援部

 8月20日(火)

第3回 聴覚障害児の理解・指導に関する研修会を行いました。ソノヴァ・ジャパン株式会社の石川正英様を講師に迎え、「補聴援助システムについて~補聴援助システム(ロジャー)の仕組みや使用方法について~」というテーマで講話をいただきました。

 県内の難聴学級の担任の先生やコーディネーターの先生、通級による指導対象児童生徒の担任の先生と本校職員を含め約40名が参加し、研修会を行いました。

 講話の中ではきこえの仕組みや難聴について、補聴器の基礎的な知識についてお話しいただいた後、ロジャーシステムの仕組みや有効性について御紹介いただきました。後半は参加者一人一人が試聴体験を行いました。話し手から距離があっても声がダイレクトに届くことや、話し合いの場では送信器を中心に置くことで、全方向からの声を拾って届けてくれることなどを実際に体験しました。参加された先生方からは「難聴や、補聴器の基礎的な内容について学ぶことができた、補聴器の最新の情報を知ることができた、補聴援助システムの仕組みや効果が分かり勉強になった、実際に体験して聴くことができ貴重な体験になった」などの感想が寄せられました。

    


14:06
12345

通級による指導より

お知らせ
12345
2019/09/12

R元年度 担任連絡会を行いました。

| by 通級指導教室
7月30日(火)  担任連絡会を行いました。

 通級による指導対象児童生徒の在籍校の担任の先生方11名が参加されました。

まず聾学校の担当者が、耳の構造や難聴について、難聴児の学校生活での配慮事項などについて説明をしました。その後、質疑応答を行いました。

後半は難聴児のきこえ方をシュミレーションした音声や音楽を聴いていただいたり、補聴器の試聴体験を行ったりしました。参加された先生方からは、「難聴児のきこえを体験でき、思っていたよりも小さく、こもって聞こえるということが分かった。」「私たちの配慮できる点は配慮してあげなければと感じた。」「補聴器は雑音があるとそれも拾ってしまい、補聴器があればすべてきれいに聴こえるわけではないということが分かった。」などの感想があげられました。

 最後に、希望された5名の先生方と、個別に情報交換を行いました。児童生徒の今後の在籍校での学習・生活や聾学校での通級による指導に生かしていけるような有意義な連絡会となりました。

       
 


13:31
12345
特別支援連絡協議会について
12
2018/09/10

特別支援連携協議会

| by 管理者

6月7日(木)  特別支援連携協議会

 

 県内の聴覚障害に関わる諸機関の関係者にお集まりいただき、特別支援連携協議会を実施しました。小中学校関係者10名、教育委員会3名の参加がありました。

 今年度は、全体会(聾学校概要説明、学校支援・通級による指導概要説明)に続き、小学部から高等部までの授業を参観していただきました。その後は、分科会として①研修会、②通級関係の担任連絡会Ⅰを実施しました。①研修会では、小中高等部の概要説明の中で、それぞれの教育内容や授業について、主な行事について等の話があり、参加者からは「自立活動についての内容が参考になった。」という感想をいただきました。


09:53
12

学校情報

栃木県立聾学校
〒320-0072
栃木県宇都宮市
若草2丁目3番48号
TEL 028-622-3910
FAX 028-624-6887

メール(迷惑メール防止のため一部画像)
rogakkotochigi-edu.ed.jp

本校ホームページに記載された内容に関する著作権は本校に所属します。
許可なく無断転載・リンク・二次利用等は禁止します。

 

第56回 全聾陸上栃木大会