栃木県立さくら清修高等学校                                         

 
書道部 >> 記事詳細

2017/06/16

栃木県高等学校文化連盟書道部会「書道実技講習会」に参加してきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員79

 こんにちは、書道部です。平成29年度は新入部員10名を迎え、15名で活動しています。

 さて、去る69()10()、書道部12年生のうち代表7名は、12日で行われた栃木県高等学校文化連盟書道部会「書道実技講習会」に参加してきました。会場は、鹿沼市栃窪にあるニューサンピア栃木です。

 はや23年間続いている本講習会。顧問も高校3年次、第1回に参加。年々増え続ける各校からの参加希望者により、一時期は会場となる体育館が生徒たちで溢れかえるようでした。そこで近年では、熱中症発生予防も目的の一つとして参加人数の上限設定がなされるようになり、今年はこれまでで最少の上限7名。人数が制限されたことによって、各々のスペースも充分に確保されて各グループの担当教員から直接指導を受けるチャンスも増え、参加者にとって例年以上に充実した講習会となりました。
 

 生徒たちは、A班「篆隷」、B班「楷」、C班「行草」、D班「大字」、E班「仮名」、F班「漢字仮名交じり」、G班「篆刻」という7つの分野から自分の希望するものを一つ選ぶことができます。指導者は県下各校の書道教員です。自身の専門分野を中心に希望生徒数の偏りに配慮してバランスよく配置され、各々の技術や知識、書への思いや考えを、担当班の生徒たちへ惜しみなく伝えます。本校から参加した7名はE班を除く各班に分かれてよく錬成し、非常に充実した2日間をすごすことができました。
  

 

 今回の講習会に残念ながら参加できなかった部員たちへは、週明けの報告会をもって参加部員たちの経験をおみやげとして披露し、今後の活動への意欲を同じくしました。9月の桜花祭にて成果のご報告ができますよう、いっそう励んでまいります。 


18:08 | 投票する | 投票数(8)