〒327-0847
栃木県佐野市天神町761番地1
電話 0283-23-0161
FAX 0283-21-1301

 

メニュー

H31 活動の記録過去の活動の記録一日体験学習H31年間行事予定校長メッセージ高等学校附属中学校部活動SGH保健室からいじめ防止基本方針メール一括配信システム証明書発行について旭城同窓会動画配信入試情報アクセス

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

日誌(台湾フィールドワーク)


2016/08/05

台湾フィールドワーク5日目(最終日)

| by 情報担当
本日は丸一日かけて移動日です。
帰佐予定時刻は21:30になります。

台湾アンケート調査の様子を、
Youtubeにアップロードしました。
低画質のヴァージョンですが、
「佐高SGH」で検索してみて下さい。
台湾新幹線で、台中から台北に移動します。
   

 台北松山空港に着きました。


 5日間同行して頂いたガイドさんとお別れです。
  
東京羽田空港に着きました。

最後に

<現地校生との合同フィールドワークin台湾から>

(1)台湾は多言語社会、複言語社会
  人々の母語が多様な多言語社会でした。そして、
多くの人が2つ3つの言語を操るのが当たり前の複言語社会でした。
「お父さんは日本語と英語しか使えないから」
というフレーズには衝撃を受けました。

台北では英語が通じました。
台北日本人学校の生徒も英語が上手です。
でも授業で使うだけで、日常生活で英語を使う機会がないのは台湾も日本と同じなのだそうです。


では日本と台湾はどこが違うのでしょうか?

今回のSGH台湾FWに協力頂いた、台北の国立政治大学の白田さんの話では、
「台湾人は英語が通じる相手と分かると、とにかく英語を使ってみよう!と話しかける。
日本人とみると、覚えたての日本語で私に話しかけて来る。言葉がへただとか、まったく気にしない。

台湾人は、本当に心が広くてオープンマインドで、

その積極性にはいつも感動しています。」

外国語が上達するはずですね。

(2)今回のフィールドワークを具体的提言につなげる

”水”に関する意識は、
日本と台湾とで大きく違うことが分かりました。
そして、水は大切といいながら、
”水”について考えることが今まで少なかったと知りました。

「知らざるを知らざるとなす、これ知るなり」(論語)
台湾で活躍され

台湾で活躍する佐高OBの地球科学者・飯塚義之先生から教わったこの言葉を思い出します。

さらに飯塚先生からは、
「我々は台湾政府の予算を使って研究している。
だから研究を通して社会に貢献しなければならない。」
「皆さんも文科省の国費を使ってここに来ている。
だから台湾フィールドワークが単に自分の成長につながればいい、ではいけない。」
「台湾フィールドワークの成果を社会に還元してほしい。頑張って。」
と温かい励ましを頂きました。

SGH研究班は、日本帰って調査結果をさらに分析し、
必要なら日本で追加調査を行い、
佐野や台湾のための具体的提言にまとめたいと思います。
今後の動きとしては、
学会に行って高校生が提言発表することを考えています。


SGH研究班の保護者の皆様にはお世話になりました。
生徒はたくさんのstudyに取り組む中で、
たくさんのstoryを積み重ねました

Every  SGH student has a story to tell.

話を聞いてやって下さい。

この台湾フィールドワークは、
様々な方のご協力があって初めて実現しました。
感謝申し上げます。(了)






       

09:25

SGH

スーパーグローバルハイスクールに選定されて4年目の活動に入りました
佐高SGH概念図.pdf
 

カウンタ

COUNTER1223397

特殊詐欺防止について

佐野警察署から、旭城同窓会名簿を利用したと思われる特殊詐欺事案が発生したとの連絡が入っています。
 手口が大変巧妙になっているようですので、卒業生の保護者の皆様、旭城同窓会同窓生の皆様におかれましては、特殊詐欺の電話には十分ご注意下さいますようお願いいたします。  被害防止に向けての留意点等は、こちらをご覧下さい。