保護者の皆様へ

今週691人目の訪問者

It visits

1091717times.

Online Users

オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人

ログイン

Access

[ 交通アクセス ] [ 検索 ]
栃木県佐野市出流原町643-5
TEL:0283-25-1313
 
高校生未来の職業人育成事業R01
2019/11/10

高校生未来の職業人育成事業(第3回)

| by 管理者
 高校生未来の職業人育成事業 2019
 活動テーマ「 地球温暖化防止について体験学習(小さな灯)

(活動内容)
 第3回 学校祭(松桜祭)での活動「2019.11.9(土)」
 
この事業を始めた当初から、今年度実施される3年に1度の学校祭での活動を視野に入れていたため、前回の活動後、生徒達とどのような活動をすることが良いか検討を重ねた。クールアースデー2019での小さな子どもたちが目を輝かせて電動工具を利用して竹あかりを作っていたことから、製作体験(竹あかり作り)を継続することを決めた。また、太陽光発電により受光・発電・蓄電・発光がどのように行われているかを、市販されている学習キットを使い、聴講と組み上げから理解を深めてもらうという2つの計画を立てた。
 学校祭で活動してみると、たくさんの子どもたちが参加してくれた。また物珍しかったのか、子どもたちの両親だけでなく年配の方もやってみたいと挑戦してくれた。
「松桜祭の様子」
①【製作体験】竹あかり作り(竹の加工)
 
図柄を1から考えてもらうことは大変なことという生徒達は考え、サンプル図面を数種類用意をした。また電動工具を使い竹に穴をあける行為は、小さい子にとってとても難しいと想定できたため、工具はこちらで押さえてトリガを引くことに専念してもらった。完成した物を見て、とても喜んでくれていた。
 
 
  

②【学習】太陽光パネルによる発電・蓄電
 太陽光パネルによる発電・蓄電について説明をしながら、自ら学習キットを組み上げていくことで発電と蓄電、発光の仕組みを理解してくれていた。最後に記念のプレートを取り付けて「竹あかり」を完成させた。
  
  
  
  
  できあがった竹あかり    記念プレート

22:46
2019/09/23

高校生未来の職業人育成事業(第2回)

| by 管理者
 高校生未来の職業人育成事業 2019
 活動テーマ「 地球温暖化防止について体験学習(小さな灯)

(活動内容)
 第2回 企業訪問・活動検討「2019.9.17(火)」
 第1回の報告に示した通り、私たちには太陽光
発電についての知識・技術が乏しい。そこで太陽光発電についての知識を得るために、一般住宅や企業への設置を行っている昭和電機株式会社を訪問し、太陽光発電に関する知識や利用の現状等について講話をいただいた。私たちが取り組みたい「節電に向けた活動(竹あかり作り)」について話をすると、一緒に検討してくれることになった。しかし私たちが思い描いている形での受光・発電・蓄電・発光が簡単ではないことが分かり、活動の再検討が必要であることとなった。次回の活動に向けて、しっかり検討していきたい。
「昭和電機株式会社 訪問の様子」
①昭和電機「エコ電化地域センター」訪問
  
②太陽光発電に関する講話および活動検討
  
11:38
2019/07/22

高校生未来の職業人育成事業採用(第1回)

| by 管理者
 高校生未来の職業人育成事業 2019
 活動テーマ「 地球温暖化防止について体験学習(小さな灯)

(活動背景)
 本校情報制御科は、一昨年前から、「さのクールアースデー」への出展協力をしている。このイベントは栃木県で一番暑い町(佐野市)で、ライトアップ施設や家庭の電気を消し節電を呼びかけ、節電意識や地球温暖化防止について体験学習をするものとなっている。複数の高校や大学、たくさんの企業が協力をしている。一昨年は、生徒たちが制作した電車を持参し、乗車体験をした。

(活動内容)
 第1回 クールアースデー2019体験学習&今後の展開検討「2019.7.15(月)」「2019.7.16(火)」
 生徒達が身に付けた知識・技術を活かし、協力をできないかと考えてきたところ、イベントが考えている節電に着目し、太陽光発電を利用した物が作れないかと考えた。検討した結果、節電と明かりが両立できる「竹あかり」を作りたいということになった。しかし太陽光発電についての知識・技術が乏しいため、今年度のクールアースデー2019へは、電池式LED電球を利用し竹あかりを作った。
 しかし
太陽光発電を利用することが諦められなかったため、今後どのように展開していくか生徒と教員とで検討会をした。検討した結果、昨年度同事業でお世話になった「昭和電機株式会社」に技術指導をしていただこうということになった。

「クールアースデー2017 活動の様子」
①チラシ
 
 
②クールアースデー2017(電車の試乗体験)
   
「クールアースデー2019 活動の様子」
①チラシ
 

②クールアースデー2019(竹あかり作り体験)(電車の試乗体験)
  
22:39
高校生未来の職業人育成事業H30
2019/03/06

赤見中学校にソーラー街灯を設置しました。

| by 職員39

 第6回 赤見中学校の生徒と協力して、赤見中にソーラー街灯を設置しました!
  

 2月下旬の午後、本校情報制御科の生徒と赤見中学校2年生と協力して、設置作業を行いました。ソーラー発電のため、できるだけ日光の当たるところで、部活動等の生徒たちに役に立つ場所を探し、候補地を選びました。 その後、本校生が中学生に、ダブルスコップの使い方やモルタルの作り方を教えながら協力して作業を進めました。 松原公園は、元々、旗川支流の河原で30cmも掘ると拳より大きな石が多く噴出して、作業は大変でした。ポール立ての穴堀に時間が前回より倍かかりました。それでも、生徒たちは頑張り、写真の様にソーラー街灯を設置することができました。
 


10:36
2019/02/18

街灯を赤見中学校に!

| by 職員39

 第5回 街灯を赤見中に設置します。
 本校近くの赤見中に、「ソーラー街灯設置はどうでしょうか。」と伺ったところ、校長先生が、ぜひとのことでした。赤見中の校庭にソーラー街灯を設置するために、現地赤見中に足を運び、須藤教頭先生立ち会いのもと、現地調査をしました。ソーラー発電のため、できるだけ日光の当たるところで、部活動等の生徒たちに役に立つ場所を選びたいと思います。許可をとり、2月中には設置したいと計画しています。
 
15:58
2018/12/14

バス停が明るくなりました!

| by 職員39

  第4回 ソーラー照明の調整と利用者の声
 1週間ほど、照明の様子を見ました。その結果、ソーラ-パネルを西向きを南西方向に変更し、発電効率を良くした。また、自動車が通過するたびに反応してしまうので、人感センサの角度調整と検知エリアの設定を人と自転車に反応するように変更した。以前より良くなったようだ。
 また、バス停を利用している生徒たちに感想を聞いたところ、「明るくなった。」「文字等が読みやすくなった。」等、うれしい感想が聞けました。製作して良かった!

 
      設置前のバス停   →    設置後のバス停 
この街灯の修理は、本校情報制御科が責任を持って迅速に対応しますので、何かありましたら、ご連絡ください。
 また、学校や公共施設で同じものを設置したいと希望があれば、あと一カ所、早急に設置したいと考えています。御相談ください。
14:00
2018/11/16

バス停にソーラー街灯を設置する!

| by 職員39

 第3回 バス停にソーラー街灯を設置工事
 11月6日に市役所から連絡があり、都市公園利用許可が下りたとの連絡がありました。機材や材料を注文し、11月15日(木)学校行事のマラソン大会後、作業することにしました。 
 写真の様に、穴掘りから始めたのですが、石やコンクリート片が多く、石を砕きながらの作業になってしまいました。予想以上に時間がかかり、苦労しました。同時、ソーラ-照明を組立てました。4.5mの柱は、1m埋める方向でダブルスコップで穴を掘り、500mm×500mmの排水枡で囲い、コンクリートを流し込み、柱を固定しました。夕方、テストしたところ、無事、点灯しました。昭和電機の永島さん、御指導ありがとうございました。

09:45
2018/11/02

市役所に公園利用許可書を申請しました。

| by 職員39
 第2回 11月1日(金)街灯設置を、佐野市役所に公園利用許可書を申請しました。
 市役所に、バス停に街灯を設置したいと相談したところ、佐野市へ都市公園利用許可書を申請すれば許可が下りるとのことでした。私たちは、どんなものが良いか考え、CADで街灯の構造と外観図を設計し、佐野市役所都市整備課に利用許可書を申請しました。許可が下りしだい製作したいと考えています。

09:29 | 連絡事項
2018/10/11

高校生未来の職業人育成事業

| by 職員39
 高校生未来の職業人育成事業
活動テーマ「ソーラ照明を使ってバス停を明るくしよう!」  


(活動内容)
 生徒から「佐野松桜高校前のバス停が暗くて困る」「照明を設置してはどうか」という提案があった。昭和電機株式会社に協力を頂き、高校生未来の職業人育成事業として取り組むことにした。
 
 第1回 平成30年9月20日(木)
  さーのって号の佐野松桜高校バス停に照明がなく暗いので、ソーラ照明をつけたいと考え、現地調査を行った。昭和電機株式会社の永島秀之さんに協力をしていただき、場所やどのような照明がいいか、考察してみた。また、模擬照明を立ててどのくらい明るくなるか実験を行った。実際利用している生徒に、聞いて計画を立てることとした。






16:39 | 報告事項

栃木県立佐野松桜高等学校
〒327-0102 栃木県佐野市出流原町643-5 TEL:0283-25-1313/FAX:0283-25-3143