校章栃木高校トップページ

 

お願い
校門前や周辺道路での駐停車は大変危険ですのでおやめください。
また、学校行事の際に、周辺商業施設への駐車はご遠慮願います。


 

 
2834501人目
1999年11月26日開設

栃木県立
栃木高等学校

 〒328-0016
 栃木県栃木市入舟町12-4
  TEL 0282-22-2595
  FAX 0282-22-2534

※ 画像等の無断転載・引用を禁止します

    校舎
 

オンライン状況

オンラインユーザー12人
ログインユーザー0人

お知らせ

図書館からの最新情報です
123
2019/09/06

季節のディスプレイ#4

| by 職員
司書室から本館3階廊下に向けて開かれたショーウィンドウが、

ハロウィーンの秋の装いに改まりました。

閲覧室には、おそろいのリクエストボードも。

どちらも佐藤梓子教員業務支援員さんの見事な作品です。

ぜひ直接実作をご覧ください。




11:33
2019/07/30

図書委員による蔵書点検

| by 職員
去る7/24(水)~26(金)本校図書館にて、1、2年生図書委員が蔵書点検を行いました。

写真はその際の模様です。暑いなかでも弱音を吐かずにがんばってくれました。




10:13
2019/07/29

栃木女子高との読書交流会

| by 職員
去る7月5日(金)、本校図書委員が栃木女子高校図書室を訪問し、

恒例の読書交流会が開催されました。



一冊の本を話題に、未知の異性と交わすメール文で進んでゆくメール体小説、

有川浩『レインツリーの国』について、活発な意見交換が行われました。


男女のやり取りを読みながら、知らず知らず、自分と同性の語り手に感情移入して

読んでしまっていたことが、読書会を通じて判明するなどなど…

今回の貴重な機会がなければ気づかなかった発見も多々ありました。

今後とも、このように実りあるお付き
合いが末永く続くことを願っております。

関係の皆様ありがとうございました。

10:25
2019/07/29

司書レクチャー

| by 職員
去る7/17(水)、秋元佑貴司書さんによる1、2年生希望者対象のレクチャー

「論文執筆者のための文献検索法と引用法」が図書室にて開催されました。

くわしくは「栃高トピックス」内の下記の記事をご覧ください。


http://www.tochigi-edu.ed.jp/tochigi/nc2/index.php?key=joxo0oi3c
09:50
2019/07/04

季節のディスプレイ #3

| by 職員
佐藤梓子さん作のリクエストボードが、夏らしい装いに一新されました。



リクエストは、用紙に記入してボードまでどうぞ。
夏季休業特別貸し出しに間に合うよう努力します。

15:43
2019/06/26

第1回読書会

| by 職員
6月19日(水)昼休み、本校図書室にて第1回読書会が開催されました。
沼尾先生お薦めの推理小説仕立ての短編、芥川龍之介「藪の中」を読みましたが、
関係者の証言を聞けば聞くほど、謎はますます深まり、
様々な仮説が提起され、密度の濃い話し合いになりました。



参加者の感想コメントより、いくつかご紹介します。
「この作品は、とても謎が多いと感じた。時間を作れれば、推理を続けたい。」(TH)
「みな自分の利益ばかり考え、他者を顧みない。現代にも通じる芥川の文才に
うならされた。」(ММ)

黒澤明監督の名作映画「羅生門」のベースは実は「藪の中」なのだということで、
小説の後に映画を見て比較するのも面白そうです。

14:42
2019/06/05

季節のディスプレイ  # 2

| by 職員
司書室から本館3階廊下に向けて開かれたショーウィンドウが、

涼しげな六月の装いに改まりました。

リクエストボード同様、佐藤梓子教員業務支援員さんの見事な作品です。




中央で傘をかざしているパンダは、

たしか新潮文庫のマスコットの「Yonda?」くん、でしたか。

写真ではいま一つ伝わらない手作りのオーラを

ぜひ図書館の実作でお確かめください。

15:01
2019/05/23

季節のディスプレイ

| by 職員
図書閲覧室のリクエストボードです。



季節感あふれる素敵なデザインに生まれ変わりました。
佐藤梓子教員業務支援員さんが作ってくださった作品です。                                                 
雨の日の図書館には、大切な一冊との出会いが待っているかも。
リクエストは、用紙に記入してボードまでどうぞ。
09:25
2019/01/18

ビブリオバトル2018栃木県大会連続入賞

| by 職員
平成30年12月9日(日)、栃木県庁で全国高校ビブリオバトル2018栃木県大会が開催され、
本校図書委員の大渕主真君(1-3)が出場しました。




予選・決勝ともにどの出場者もすばらしく、ハイレベルの戦いでしたが、
大渕君は1年生ながら、『永遠の0』を落ち着いた様子で理路整然と紹介し、
みごと入賞を果たしました。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/m06/houdou/biblio-battle2018_kekka.html



本校からは、前々回は和久井丈君(H30卒)が『きけわだつみのこえ―日本戦没学生の手記』
を推してみごと優勝、前回は各務光君(3-1)が『奴隷のしつけ方』を推して入賞を果たしています。


15:58
2018/07/17

栃木女子高校との読書交流会

| by 職員
去る7月6日(金)、栃木女子高校図書委員のみなさまを本校にお迎えし、
恒例の読書交流会が開催されました。

わたしたちが学ぶ栃木市にゆかりの
山本有三『路傍の石』について、活発な意見交換が行われました。



参加者の感想コメントより、いくつかご紹介します。

・吾一の心情が移り変わっていく部分や、周囲の人々とのつながりを通して、
 吾一が変わっていく様子がよくわかり、とてもおもしろい本でした。
 (栃女高2年)

・吾一の父について私は憤りを感じた。当時の時代背景なのかもしれないけれど、
 自分はこんな人にならぬよう立派な大人になりたい。 (栃高1年)

・厳しい環境に置かれながらもひたむきに努力する、真っすぐな気持ちを忘れない
 吾一を私も見習いたいと思った。 (栃女高2年)

・自分が読み取った方向とは別の目線から解釈している人がたくさんおり、
 そのような考え方もあるのかと楽しみながら話を聞くことができた。
 とても勉強になった。 (栃高1年)

・栃高の建物の立派さと「路傍の石」の中学校のモデルだということに驚きました。(栃女高2年)

・みなさんお優しいです。ちゃんと会話できて良かったです。 (栃女高2年)



今後とも、このように実りあるお付き
合いが末永く続くことを願っております。
関係の皆様ありがとうございました。

14:38
123